Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

未分類 

【旅する腕時計 Vol.5】福島・佐賀

東北の最後にご紹介するのは福島です。
面積は北海道 岩手に次ぐ全国第三位の広さを誇ります。関東圏からもアクセスが近いのが良いですね!
名所といえば難病を癒す霊泉と名高いやわらぎの湯や、日本にいながらハワイを満喫できるスパリゾートハワイアンズ、地下水の名作あぶくま洞、千歳を越えてなお美しい三春滝桜、日毎に色を変える五色沼、千恵子抄にも詠まれた「ほんとの空」を冠する安達太良山、可憐な白が愛らしい水芭蕉で有名な尾瀬、ゆらゆらと首を振る仕種が憎めない赤べこ、丸ごと1本の葱で蕎麦を食す大内宿…と有名どころ書き出すだけでこのボリュームですよ。
景勝地では磐梯山、猪苗代湖、浄土平、飯盛山、会津若松城と武家屋敷も有名です。

どこもすばらしいですが、少しずつ暑くなってくるこれからのシーズンには天然のクーラーともいえるあぶくま洞をぜひおすすめします。一歩足を踏み入れればひやりとするのですが、この独特の感覚は洞窟ならではですよ。
気の遠くなるほどの歳月をかけて作られた鍾乳石は、まさに探検する芸術! 
洞窟内の場所によって鍾乳石の形状は異なり、ひとつとして同じものはありません。
気ままに気長に作られてゆく鍾乳石の洞窟を辿っていけば、誰しも童心にかえることでしょう。内部はライトアップもされているので、神秘的な美しさを堪能できます。

そしてご存知、銘菓といえば三万石のままどおるにエキソンパイ。
ままどおるは優しい黄色のパッケージにいただいた方の心も和みます。ちなみにチョコ味もあります。ほろっと崩れる洋風の餡が優しいお菓子ですね。エキソンパイもパイ生地のバターと中の小豆餡が絶妙です。1個にボリュームがあり、紅茶に緑茶 牛乳などなど、どんな飲み物とも合います。和と洋のハイブリッドとして老若男女どの世代にも愛されるお菓子。
ちなみにままどおるはきっちり密封冷凍保存いけました!
買いだめもOKかと思います。
ただあんまり長く置いておくと霜がおりてしまうのでご注意ください(霜おりちゃうと冷凍庫のにおいもついて美味しさ半減…)。凍ったままだとぎゅっと詰まったアイスみたいで美味しいですよ~。

それと忘れてはいけない柏屋の薄皮饅頭に一人分の贅沢ができるチーズケーキ檸檬(れも)、初夏に嬉しい甘さの桃などなど、お土産や贈答にもばっちりの美食がそろいます。
薄皮饅頭は小ぶりであっさりしているのでぺろっと食べられます。ゆえに冷凍保存をしたことはありません。すぐに食べ終わってしまい毎回名残惜しいです。。。


腕時計はあぶくま洞の写真を中央に配置し、冒険をイメージさせるメカニカルなインデックスで表現しました。
洞窟探検をお手元で楽しめます。

親戚がいるので身近だった福島県。小さい頃は泊まりにいって、そこの家庭では朝食に温泉卵が必ず出されていました。温泉あるから温泉卵が出てきているとばかり思い、福島=温泉(湯治のおやつに温泉卵、お土産に饅頭という図式が)のイメージが強かったものの今回調べてみると名所がたくさんで。
相馬野馬追(こちらは国指定重要無形民俗文化財)などの神事もありますし、改めてお邪魔したくなりました! 

九州の北西部に位置する佐賀。芸人はなわ氏の「佐賀県」でも一世を風靡(?)しましたね。
歌詞の中にもあった県のキャッチコピーは「佐賀を探そう」。ふむ…それでは探しましょう佐賀の名所と旨いもの!

ぱっと思いついたのは、苺のブランドさがほのかと呼子の朝市。特に呼子といえばイカも有名ですよね。なんでもイカの一夜干しを作るべく、現地では「いかぐるぐる」と呼ばれる回転する機器にイカがびっしりとかけられ振り回されているそうです。
写真を見ましたが、現物見たら絶対楽しくなるやつだと思う。だって遠心力でイカが回ってるんですよ? それも何枚も。
むしろこの機器の現物を拝みに佐賀に行きたいです(七味マヨで一夜干し食べたい)。

また佐賀は唐津・伊万里・有田という陶磁器の名産地でもありますね。
各地では展示即売会もあり、普段使いにも向いたデザインも多いためこちらは若年層にも人気があるそうですよ!
お気に入りの器なら、食べるがもっと豊かになると思います。
ワタクシお茶碗を随分前に割ってしまったままなので、素敵なあの子(茶碗)と出会いたい。

そして温泉では美肌の湯としても名高い嬉野温泉や、国指定重要文化財を有する武雄温泉など疲れた人々を癒す湯処としても有名。特に武雄温泉では東京駅と干支にまつわる逸話などもありますので、気になる方はぜひ調べてみてください。答えのない遊び心とはいいものです。

おすすめスポットは弥生時代の遺跡、吉野ヶ里遺跡です。
教科書などでも有名な甕棺に埋葬された首のない人骨を見学したことを思い出しました。
広い園内で弥生時代という古代の日本に思いを馳せてみてはいかがでしょう。
青森県の三内丸山遺跡もそうですが、古代の遺跡はなんともロマンがあって好きです。


腕時計は磁器をイメージした文字盤とインデックスに、金属転写印刷で大胆にイカをあしらいました。
何を況やもちろん鮮度バツグンのイカ刺! です。