Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

未分類 

【旅する腕時計 Vol.8】栃木

本日の旅する腕時計は栃木です。
確か私は学生時代に学校行事で行ったのが最後でした。東照宮も当時は「へー」くらいの感想しか出なかったもので、おいそれと時間が取れなくなった社会人になって惜しいことをしたと思いますね…orz
そして栃木県の名所は調べれば調べるほどスケールが大きい。気になる名所の一部をご紹介しますね。

百花繚乱、あしかがフラワーパーク。
乱世を治めた天下人家康公の眠る極彩色の美しい日光東照宮。
石造りの地下世界、大谷資料館。
世界の名所をミニマムに楽しむ、東武ワールドスクウェア。
かつては参拝の僧侶や大名しか入れなかったという、名湯の鬼怒川温泉。
四季の自然が美しい中禅寺湖とその水が織り成す大瀑布 華厳の滝。
惑うを楽しむ、とりっくあーとぴあ日光。

東照宮はパワースポットとしても度々テレビで取り上げられているのを見かけます。
初めて参拝した学生時代は今ほど寺社に興味があったわけではないので、眠り猫と三猿の有名どころだけ見て終わってしまった気が(^^;;)
細やかな意匠と建築物は国宝と重文に指定されているものも多いので、ぜひたっぷりと時間をとっての参拝をおすすめします。

あしかがフラワーパーク、こちらは現在JRのポスターにて掲出されていることもありご存知の方もいらっしゃるかと思います。定番の紫色以外にも、薄紅色や白といった珍しい花色を楽しめる藤の天蓋が出迎えてくれます。私は白い藤というのが気になりますね~。
藤以外にもつつじやしゃくなげなど、数多くの花々を楽しめますよ!

大谷石とは大谷町一帯で採掘される石材で、耐火性を有し柔らかく加工がしやすいという特徴があります。大谷石資料館は現在では操業を終えた採石場を一般公開している施設です。プロモーションなど様々な撮影にも使われる神秘的な石造りの空間は、日々の喧騒を束の間忘れさせてくれるに違いありません。

そして栃木のグルメといえばこちらです。

旬の甘さを楽しむいちご狩り。
庶民の旨さが魅力な宇都宮名物、餃子と焼きそば。
黄色と緑のレトロなパッケージが可愛いレモン牛乳。
高林堂の宮のかりまん。

レモン牛乳は飲料以外にもアイスなどにもなってるみたいですね!
このレモンイメージしたお菓子もたくさんあるようなので、色々食べ比べしてみたいです。
アイスはお土産にできないので、ぜひ現地でいただきたいところ。

芋フライは蒸かしたジャガイモを串に刺してパン粉をつけてあげたものです。地元のソースを使うのが特徴ともきき、小腹が減ったときに最高においしいというのはもう分かります。揚げたてを食べ歩きしたい…。

揚げ物続きですが、高林堂さんの宮のかりまん、これすっごく美味しかったです!
私は仕事帰りにデパートで見かけて何気なく手に取ったのですが、さくっとした歯ざわりと黒糖の甘さ、揚げ油のコクが絶妙でした。
アブラと炭水化物は背徳の旨さだよな…と一人得心し、饅頭を揚げることを思いついた賢人を讃えています。
揚げ饅頭というとみかどやさんが人生初の揚げ饅頭でしたがあちらはさっぱりとした軽い風味。餡もさらっとしたこしあんなので、2つ3つは余裕です。
(この流れ、通りもんでもやった気がする)

そして落語の『まんじゅうこわい』、あれは現代にも通じる怖さがありますね。
何が怖いって美味しいから次から次に食べて、その後のカロリーが怖いって話です。
はー怖いコワイ!


腕時計は大谷石モチーフです。
少し緑がかった色調だったので、少ないインデックスをはあえて目立つようにオレンジにしてみました。ロゴは採掘場の石段をイメージしています。