Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

デザイン 

【単色印刷】キカガクは時刻を知らせるか

皆さんはデザイン定規というものをご存知でしょうか。
歯車のような円形のパーツに穴が開いていて、そこに鉛筆やペンを入れて沿わせると幾何学模様がかけるというアレです。

登録商標だとスピログラフという名称で販売されているみたいですね。
簡素なデザイン定規であれば100円ショップなどでも購入できるようです。

自分も小さい頃よく描いたことを思い出しました。
でも途中でペンが滑っては、せっかくの模様が変にはみ出たり曲がったりしてがっかりしましたねぇ(不器用)。

で! 昨夜に魔方陣を描けるアプリなるもの見つけたんですよ。
気になりませんか…魔方陣? 何を呼び出すんだというツッコミは受け付けません。
童心を忘れないオトナに、わたしはなりたい。

このアプリ何かというと端末の画面を自由になぞるだけで、一瞬で魔法陣(幾何学模様)が描けるすぐれものなんです!
それもMPなる設定で、描ける魔法陣の精密さまで設定できるという…(笑)
MPは3が最小でこれだとちょっといびつで間隔が広い仕上がり。

これは見習いさんの習作ですね。

でも一応、魔法陣ぽくはなる。

最大MP24だと少しの動きでも精密な魔法陣が描けます。

上級魔法っぽい。

指先の動きだけで綺麗な模様になるので、ついつい描いては消しを繰り返してしまいます。

そんなわけで本日の腕時計はキカガクデザインです。
時間ってインデックスがなくとも針の位置だけで概ね分かるし、なんなら正確な時刻はスマホで見るのが一番だと思…ッこのようにデザインを楽しむというのもありだと思います。幾何学模様を邪魔しないようにインデックスは敢えて入れていません。生成した画像をイラレでライブトレースして素材にしています。


【グリーン】
文字盤と同色系ですが、模様部分の色を淡くして8月の誕生石ペリドットのイメージです。


【ネイビー×オレンジ】
ネイビーはどの色とも併せやすいです。ヒマワリのような模様になったので明るいオレンジで印刷。


【ホワイト×アイスブルー】
模様が花のエーデルワイスっぽいので清楚なイメージの色で。


【ダークブラウン×ショッキングピンク】
濃い茶色もどの色とも相性が良くて好きです。模様はコスモスっぽくなったのでショッキングピンクにしました。
イメージはいつか行った銀座のアンリシャルパンティエ。書庫のような内装がすごく素敵です。ケーキもおいしいです。


【パープル】
同色系でまとめましたが、最初のグリーンよりもベースの色が淡いです。紫なのは今年の流行色というのと、個人の趣味で。


【ブラック×レッド】
曼荼羅や彼岸花っぽくできたので強い色でまとめました。


【ホワイト×金属転写ゴールド】
円形で見れば教会のステンドグラス、部分的には独鈷のような模様になったので金属転写印刷のゴールドを選択。


【マットグレー×金属転写シルバー】
ダイヤモンドのような模様になりました。ダイヤといえばあの高級な石ですが、同義では黒炭も同じですのでベースはマットなグレーに。
宝石のカットのようなイメージですので、お互いが映えるようシルバーの金属転写印刷を選択しています。

このアプリで一番面白かったのは評価欄のユーザーコメントですね。皆さんノリが良い(笑)
興味のある方はGoogle Playかapple App Storenにて「魔法陣」と検索してみてください^^

今回使用したアプリ:魔法陣が作れる!Mahougen(Pistatium)