Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

デザイン 

【フルカラー印刷】紫陽花のグラデーションを腕時計へ

あちらこちらでツツジが満開ですね。ツツジといえば鮮やかなフューシャピンクや、斑点の入った淡いピンクがお馴染みですが、個人的には透明感のあるギョクガラスのような真っ白いものが好きです。

width="auto"
まさに躑躅色。

width="auto"

半野生化といえなくもない咲きっぷり。この株は夜毎スポットライトを独り占めしているようです。
ちょうど街灯の真下にあるものだから、暗い路地の脇できれいな白さが異様に際立って毎晩通るたびにゾッとする。

width="auto"
アップで。

場所によってはそろそろ終わりが近いようですが、もうしばらくすると紫陽花が色づき始めると思うので、それも通勤の楽しみです(笑)。

紫陽花の何が素敵かというと、やはりあのグラデーションになった色合いでしょうか。梅雨時はどうも苦手なのですが(洗濯物がぱりっと乾かないし、傘で手がふさがるのがどうも…)、紫陽花が咲いていればちょっと気持が晴れます(笑)。露地のものはまだ蕾ですが、花屋だともう鉢植えの紫陽花が並んでますよね。あと変わった品種のものが多いのも魅力ですね~。

そんなわけで紫陽花のグラデーションをイメージした、インクジェット印刷による時計です。


【水色】
一番紫陽花らしい色かと。


【ワインレッド】
あまり見ないけど青や紫が多い中だと目を惹く。


【青紫】
こちらも定番カラー。


【オフホワイト】
あまり多くは見かけません。少し緑がかってるのが好きです。

緑色の紫陽花(アナベル)というのも品種としてあるのですが、中には葉化病というのに感染してしまうものもあるそうです。
花(正確にはガクの部分)が、葉っぱのようになってしまう症状らしいです。
これは放っておくと枯れてしまうとのことなので、見つけ次第の抜去と焼却(他の植物への感染対策)などの対策が必要だそう。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/cf7/cnt/f450009/p581347.html
(神奈川県ホームページ)

GWもまだですが、季節を先取りした腕時計をお届けしました(・∀・)