Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

日々のできごと 

母の日ですね

明後日の13日(日)は母の日ですね。皆さんは何を贈るか決まりましたか??
いろんな家族と家庭があると思いますが《母の日》や《父の日》など、全国的にメジャーなイベントなら、日頃言えない感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスです。
家事に育児に仕事にと一生懸命なお母さんへの贈り物、ワタクシの独断と偏見で考察してみました。

【花やグリーン】
テッパンですね! もらって嬉しい母の日ギフトでも世代問わずランクインしています。
もらったときのインパクトが一番ありますし、飾った際にも部屋がぱっと明るくなるのが良いですね~。
切花は根元を斜めに切るの(水の吸い上げを良くするため)と、こまめな水替えが長持ちのコツですが、花瓶の水に添加する専用の活性剤もあります。1袋くらいですと花屋さんでつけてくれますが、花の種類やブーケのボリュームによってはもらった分だけだと足りない場合も。せっかくのお花、長く楽しんでもらえるように花瓶と活性剤も一緒にしてみてはいかがでしょう。

ちょっと変わったものだと、プリザーブドフラワーやエアプランツというのもおすすめです。プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施した枯れない花のこと。
長く飾れるように可愛いケースにおさまっているものが多くサイズやデザインも様々なので、贈る方の好みに合ったものを贈りたいですね。

エアプランツは空気中から水分を取り込む植物です。お手入れが比較的容易なので長く楽しめるのが特徴。またガラス瓶の中で自然を再現するテラリウムにもおすすめですよ。

【洋服・服飾雑貨】
服の趣味や好きなブランドがマッチすると効果絶大です。
雑貨類ですとレインウェア(折畳み傘やレインブーツ)・スカーフやストール・パスケース・手鏡・ハンカチ・バッグハンガー・ポーチ・メイクブラシなどの普段使いできるアイテムは、いくつあっても嬉しいもの。
個人的には折畳み傘すごくおすすめです。バッグに入れておいたり、会社にストックしておいたりと何本あっても困らないコンパクトさがポイントです。梅雨時の急な雨はもちろん紫外線の強くなるこれからの時期の必須アイテムですね。

【ギフト券・カタログギフト】
迷った時の最終手段といったところでしょうか。
カタログギフトは価格に融通が利き、もらった側は豊富なアイテムを自由に選べるところが良いですね。
ただ母の日という身内に対してのイベントなので、少し畏まった印象になってしまうかもしれません。

【食事・食事券】
食事って至上最高のコミュニケーションツールだと思うんですよ。
母お手製のメニューももちろんですが、この日は少しだけお母さんを休んでもらうのはいかがでしょう。献立考えるのって意外と大変で(自分比)、これを毎日こなしてくれる方ほんと偉大だと思います…!
ホテルのビュッフェやディナー、有名店などのメニューは普段とは少し違った特別さを演出するのに最適。1年に1度、大切な人と美味しいものを食べて語らう時間はきっと忘れられない一時となりますよ。

【スウィーツ・お取り寄せ・アルコール】
美味しいものや好物を贈られて喜ばない人はいません。甘いもの好きならスウィーツは間違いないですし、お取り寄せならちょっと珍しいものも気軽に贈れますよね。
お酒類ならぜひ肴もご一緒に。

【鑑賞系】
劇やエンターテイメントなど「自分だけでは行かない」というものを敢えてプレゼントするというのも粋です。

【旅行・宿泊券・温泉券】
こちらも日常を抜け出すのに最適。日頃の喧騒をしばし忘れるような癒しをどうぞ。

【コスメ・美容雑貨・美容家電】
普段使いのアイテムも嬉しいし、自分では買わないアイテムっていうのもやはり嬉しい…。カラーアイテムは好みや合う合わないが分かれるので、一緒にお買い物するのがおすすめです。

モノか思い出かの好みは人それぞれですが、個人的には体験型のもの(観劇や食事)>消費系(花や食品)>物品系(雑貨類など)の順に気持ちの満足度が高いと思います。
何かを贈られるのは嬉しいですが、それ以前に自分を思って選んでくれたという気持ちが一番かな~と。ただ、慮るだけでは目に見えないからどれだけ感謝しているとか大切に思っているかは伝わりづらい。ですがそれ以上に価格の如何よりも、相手の好みにあったものに一言メッセージを添えて贈るのというが一番のギフトになると思います。

皆さまの母の日も素敵な1日になりますように!