Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

記念品製作業者の失敗しない選び方

記念品製作業者は多数ある

企業の周年記念やイベントなどにおいて、記念品を製作することがあります。その場合、記念品やノベルティなどを製作する専門業者に依頼して、作ることになります。記念品やノベルティを製作する業者は多数あります。扱っている製品や単価、最低のロット数、納期などそれぞれ異なります。例えば単価だけで選ぶと、品質が悪かったり、納期が遅れたりすることも。自分たちが希望する記念品を作るには、どういった業者に依頼するのがよいのでしょうか?


専門業者の得意分野を知る

記念品を製作する業者がいろいろあります。高級時計などを専門に取り扱っている業者もあれば、消しゴムや鉛筆、付箋など文房具類や小物などを扱っている業者、和物など日本製の製品を扱っている業者などさまざまです。中にはオールマイティにさまざまなものを取り扱っている業者もあります。失敗しないためには、得意分野が何かを見極めることが大事です。実績のないものを依頼しても品質が低くなるだけです。希望する製品を得意としている業者に依頼するようにしましょう。


アフターケアもしっかりしている業者を

作りたい記念品を取り扱っている業者が多数ある場合は、単価や納期などが重要になってきます。最低限のロット数も気になるところ。それらを含めて見積もりを出してもらい、決めるといいでしょう。大事なのは、アフターケアがしっかりしているかどうかです。最初の予定よりも発注する数が急に増えた時に対応できるかどうか、などアフターケアについてどれくらい対応できるのか、といったことについても確認しましょう。


記念品製作業者選びを失敗しないために

記念品を作るには品質がよく、安く、短期間で納品してもらえる業者に依頼したいものです。失敗しないためには依頼する業者をしっかりと選ぶことが大切。選び方のポイントを紹介しましょう。

記念品を製作する業者のタイプ

記念品やノベルティを製作する業者にはさまざまなタイプがあります。どのタイプの業者に依頼すればいいのかを見極めることが大切です。理想の製品を作ってくれる業者を見つけましょう。

専門的な製品を取り扱う業者

腕時計や置時計などの高級品は専門的に製作している業者が多いです。盾やトロフィーなども専門業者が多いです。他にも学校や企業向け、個人向けなどといった特徴がある場合も。記念品を何にするか決まっている場合、特に時計やクリスタル製品など高級品になる場合は、専門業者に依頼した方がよいでしょう。知識や技術も信頼できますし、クオリティーも高いです。

さまざまなアイテムを取り扱っている業者

品揃えが豊富、ということをメリットにしている業者も数多くあります。文房具用品やマグカップなどの背生活用品、フォトフレームなどのインテリア用品などあらゆるものを取り扱っています。何を作るかなど決まっていない場合は、アイテムの中からどんなものがいかを検討することができるので、相談することができるのがメリット。このような業者の数は多いので、単価も安い場合が多いです。

どこまでオリジナリティが出せるか?

オーダーメイドで作るのであれば、それに対応できる業者を選ぶことになるので、オリジナリティに関しては問題ありませんが、既存のものから選ぶとなると、品物によっては企業のロゴしか入らない、という場合もあります。ロゴはどのように入れることができるのか、デザインは変更できるのか、メッセージなどは入れることができるのか、などによってオリジナリティがどれくらい出せるかが変わってきます。記念品ですから、できるだけオリジナルなものを作りたい、という場合は、どれくらい加工や変更が可能なのか、という点を確認しましょう。

アフターフォローはどれくらい対応してくれるのか?

単価が安くても、納期に何か月もかかっていては困ることも。単価や納期、追加料金が発生しないか、送料、などについてもしっかり確認することが大事です。実績を見ることも大事。その点においてはサンプルを持ってきてくれるか、ということも選ぶ際のポイントです。さらに、こちらの要望に関してどれくらい対応してくれるか、対応が遅くないか、などといったことも注意しましょう。また、納品後、急にもっと必要になった場合どのような対応をしてくれるのか、納品後に製品に破損などがあった場合は、どのような対応をしてくれるのか、といったアフターフォローの面においてもどういった内容なのかを確認することが必要です。


依頼する製品に合った製作をしてくれる業者を選ぶ

製作する記念品が決まっていて、さらにそれが高価なもので品質を重要視するものであれば、専門的な製作をしてくれる業者を選びましょう。内容が決まっていない、多くの業者で取り扱っているものを作るのであれば、信頼できる業者選びが必要です。その際には、単価や納期のほか、オリジナリティがどれくらい出せるのか、アフターフォローはどれくらい、どのような対応をしてくれるのか、などといった点も確認して、失敗しない業者選びをしましょう。