Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

お祝いの記念品選びに困っていませんか?

心のこもった贈り物ですが…

結婚記念や受験合格記念、卒業記念に入学記念、入社記念に退社記念などなど、世の中の記念と呼ばれる記念を挙げたらきりがありませんが、そのどれもが大切なイベント日になっているはずです。

そんな日には心をこめて贈り物をしたいと思うのが人情ですが、贈ることになる物、記念品によっては貰い手が少し戸惑ってしまうこともありますので注意が必要です。

例えば誰にでも訪れる卒業記念にとても高価な物を贈られたとしたら、貰い手はそれはそれで気が引けてしまうものです。

とはいえ、チープさが伝わるような物を贈ったとしたら、それも何だか嫌な気分になってしまうものです。

なので、贈り物には非常にセンスが問われることになります。

どのような記念品を贈れば良いのでしょうか。


記念品に求められるモノとは?

皆様は記念品に何をもらえればよろこびますか。

高級な物をもらえれば良い、実用性があって日常生活でも活用できるような物が良い、もらえるならば何でも良い、別に必要としないなどなど、意見は様々だと思いますし、また人によってもらって嬉しいと感じる物が違うからこそ迷うものですよね。

記念品には全てに共通して言えることがあります。それは、全ての記念品が、時間が経ち、ふとその品物を見た時に「あんなことがあったな」と過去を思えるということです。

過去を懐かしむ、いわばアルバムのようなものですので、いつまでも残せるような物を記念品にするべきと言えるでしょう。

これができるのならば何でも構いません。

例えばボールペンでも良いですし、時計でも、花の苗などでも良いでしょう。

とにかく未来へとつながる品物を用意するのが記念品選びの極意なのです。


中でもお勧めは時計!

何でも心が込められていれば貰う側は嬉しいものですが、中でもお勧めなのは時計です。

時計は普段から何気なく使用しているものですので、特に気にすることもなく部屋に置いておくことが可能でし、腕時計ならばかなり便利に活用できます。

未来へとつながる物であり、そしてなんといっても残しておきやすいものですのでお勧めなのです。

最近ではデジタル化も進んでいて、壁掛け時計のように荷物になる程大きな物でもありませんし、腕時計ならならばスペースも取りませんので、贈り物に適しています。

大きなお祝いの行事ならば、ぜひ時計を選んでみてはいかがでしょうか。

b6818f4ef1a5d45ddc89067d3a46e4a3_s

少人数への贈り物

記念品は何も学校を卒業したお祝いや入学するお祝いだけに贈る物だけではありません。

例えば大切な人にプレゼントする必要がある、結婚祝いや入社祝い、退職祝いや寿退社のお祝いなどの場合には2、3人に贈ることになります。

贈る相手が少人数の場合には、その分予算も組みやすくなりますので、記念品の幅も広がります。

オリジナルの物

オリジナリティのある贈り物は、贈る人の個性が発揮されることになりますので、もらう側としても思い出に残りやすくなります。

自分で材料入手から始めて、製作していくのも良いですが、それだとスキルも時間も必要になりますのでなかなか難しいです。

そこでお勧めなのが、代行してオリジナルの製品を作ってくれるサービスです。

贈り物にメッセージを入れてもらえたり、デザインを自分で決められたりと、自由度の幅は非常に広いですので、ぜひ活用してみてください

相手のことも考慮する

記念品を贈る相手の年齢や趣味などの相手のことも考慮すると、より良いでしょう。

二十歳以上の方に贈るならば、その人が好きなお酒を用意してみるのも良いですし、写真を撮るのが趣味の人に対してはフォトフレームを記念品として贈るのもアリですよね。

腕時計ならば、万人に喜ばれやすいでしょう。

もらう側のことも考慮してあげられれば満点です。

値段はテクニックでカバーするのもアリ

たとえ安い物だったとしても余程のことが無い限りは受取ってもらえない、という事態にはならないはずですが、あまりに安い物だった場合には少し格好がつかないというものです。

そこでお勧めなのは手紙を一緒に贈るなど、テクニックによってカバーするという方法です。小さい子が両親のプレゼントに肩たたき券を贈るのと同じようなものです。

これは決して適当にプレゼントをしているというわけではなく、財力が無かったとしてもお祝いの思いを伝えるために編み出した、子供ならではのテクニックなのです。

これと同様に、たとえチープな贈り物になってしまう可能性があったとしても、そこはオリジナルのテクニックでカバーしてあげれば問題はありません。


キーワードは思い出です

記念品選びの最も重要なことは、将来その記念品を見た時に当時の思い出に触れられるかどうかという点です。

長く使用できるような物ならば、5年後や10年後にその品物を見た時に過去を思い出すことができますのでお勧めです。

贈り物に割ける予算はいくらでも構いませんが、できれば余りに安い物は避けておくのが無難です。

それでも不安な場合には、メッセージを添えるなどのテクニックでカバーしてみるのもお勧めです。