Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

記念品でもらって嬉しいものはターゲットを考えて選ぶ

記念品としてもらって嬉しいものとは

会社の周年記念や創業記念、また勤続記念に退職記念など、ビジネスにおいては記念品を作って会社関係者や取引先などに配る機会はよくあるものです。

そこで品物を製作しようとするとき、いざどのようなものを選べばよいかは本当に迷ってしまうことでしょう。どうせ製作するなら、贈ったときに嬉しいものを選びたいところです。

しかし、実際にもらって嬉しいものの基準とは万人が全く同じではないわけです。とはいえ、多くの方にお贈りするものですから、できる限り喜んでいただけるものに越したことはないはずです。

しかも、ビジネスで付き合いのある方々を対象にすることから、力が抜けすぎてもいけませんし、堅くなっても柔軟性に欠けると思われてしまいます。

できるだけ多くの方に喜んでいただけるような品物選びとは、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。


ターゲットをある程度絞ることが大切

すべての方に喜ばれる贈り物を選ぶことは非常に困難です。しかし、できるだけ多くの方が嬉しいと思ってくれる品物は選び方次第で見つかるのです。

そのような品物を選ぶには、贈るべき対象のターゲットをある程度絞っておくことがポイントでしょう。

大きく分けて属性が似ている方なら、品物に対する感覚も近いと考えることができます。

これから用意する品物はどのような方に贈るのか、ビジネスのシーンで考えたときにもどの年齢や階層の方に贈るのか、さらに自社のみの配布なのか外部にも配るものなのかなどを考慮する必要があると言えます。


ターゲットから外れたものはもらって困ることも

どのようなシーンで用意する品物にしても、贈る方の属性を考慮して選ぶことで、少しでも好みの傾向や日常で使ってもらえる生活スタイルに合わせることができると考えられます。

逆に、その属性から外れたものを選んでしまうと、その方の好みや生活スタイルなどに全く組み込まれないものとなってしまうことも多く、せっかくの品物でも扱いに困られてしまうというケースも少なくないのです。

記念に贈るものは、できることなら思い出に残るものにしたいものです。そのように印象を残すには、日ごろからそばに置いてもらえることを考えるべきなのです

例えば、男性に女性用の傘などを贈っても使いようがありませんし、お酒を飲まない方にワインボトルを贈っても処理に困ってしまうのみです。

それは極端な例とも言えますが、こうした属性を配慮することで、もらっても嬉しいどころか逆に困ってしまうといった事態をなるべく避けることができるわけです。


530f7ac31bc7d3feb2574fa08b1f3366_s

記念に贈る品物選びで注意したいこと

特にビジネスにおいて記念に贈るギフトにおいては、贈る対象をある程度絞ることが大きなポイントとなります。

そのポイントや品物の選び方について、詳しく見ていきます。

ただ作るだけではいけない

贈られた方に少しでも喜ばれるためには、ただ品物を作ればよいわけではありません。

記念といえば社名と記念の旨の名入れを行えばOKといった意識では、喜ばれないだけではなく製作する方のセンスも問われてしまうでしょう。

名入れが行われている大定番の品物は、定番になっているだけあって汎用性は高いとも考えられます。

しかし、お贈りする方の属性について配慮して、さらに今後使ってもらえるかどうか、そばに置いてもらえるかどうかまでを考えているかどうかは、もらう側からするとわかってしまうものなのです。

「とりあえず名入れしたものを贈っておけばよい」という認識を捨て、真摯に取り組むことが第一歩となります。

贈られる方の属性だけでなくシーンごとの配慮も

年齢や性別、階級など、それぞれの方の属性はある程度異なるものであると同時に、その属性の方に適した品物というのは存在します。

極端な例では男性には男性用のものを、ビジネスマンなら仕事で使えるようなものを、といったように属性ごとに喜んでもらえるもの、よく使ってもらえるものを選ぶことは大切なのです。

普段の生活で使えるものでもよいですし、インテリアとして使えるものでもよいでしょう。

いずれにしろお贈りする方がいつも使ってくれるか、部屋にいつも置いてくれるかまでを想像するのが、品物を選ぶポイントの1つです

また、会社で用意する品物であれば、例えば創業記念や周年記念のように多数の方にお配りするものと、勤続記念や退職記念のようにその対象の方に贈るものなど、シーンごとに品物を考えることも必要でしょう。

それぞれのシーンに共通して用いることができる汎用性の高い品物も存在しますが、せっかくの記念の品物ですから、いろいろな会社でよくもらうものではなく、その会社の記念のものという印象が残ればよりよいはずです。

それぞれの属性・シーンで喜ばれるもの

では、贈られる方の属性やシーンでどのようなものを選ぶと喜ばれるかを見ていきます。

年齢

これは感覚的に比較的わかりやすいのですが、20代の若い方と50代・60代の年配の方では趣味嗜好に違いがあるものです。

もし日常的に使うものを選ぶとしたら、若い方にあまりデザインの渋いものを贈ってもしっくりきませんし、年配の方に派手なものを贈っても困られてしまいます。

ビジネスのシーンでは記念の品物として万年筆や手帳など仕事にも活用できるものが多く選ばれますが、デザインや色合いに関してはあまり偏りすぎずにシンプルで多くの方に愛されるものがおすすめです。

性別

これもわかりやすい属性ですが、男性と女性では好みもかなり分かれますし、普段から使えるものを選ぶとしたらなおのこと配慮するべき点です。

特定の方に贈るものであれば、男性用のものと女性用のものという前提はあるに越したことはないでしょう。

例えば筆記用具や革製品などビジネスに使えるものなら、男性にはシックなデザインで多機能なもの、女性にはエレガントなデザインでスマートなものといったような選び分けも1つの方法です。

その他、男性ならネクタイ・女性ならスカーフといったように、品物そのものを選び分けるのもおすすめです。

社外の方に贈るとき

会社の創業記念や周年記念などの場合、取引先など外部の方にもお贈りすることがあるでしょう。このような場合は属性を問わず配ることも多いですから、品物を特定するのが難しい機会でもあります。

そこで1つの指針として、会社のイメージをアップさせられるようなものを考えると品物を絞ることができます

なおかつ、毎日使うようなものであればさらに会社のイメージを強く持ってもらえます。

多く選ばれるものの1つとして時計が挙げられますが、置時計や壁時計、また腕時計など種類はさまざまにあるとしても、毎日見るものですからそこに社名が入っていると、単純に社名の印象を強く残すことができます


もらう方のことを想像して選ぶことが大事

どのような品物を選ぶにしても、やはりそれを受け取るのがどのような方なのかを考えることが一番のポイントになります。

品物の種類には幅広いものが考えられますが、大事に使ってもらえるもの、また長くそばに置いてもらえるものという視点があれば、喜ばれる品物にたどり着くことができるでしょう。