Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

各種イベントにも大いに活用できるオリジナル記念品

各種イベントでPRになる記念品

商品やサービスのアピール、また各種活動の一環として、大小問わずイベントが随時全国各地で開催されています。

こうしたイベントでは、記念品として参加者の多くに配布するグッズや、また物販などで販売できるグッズ、さらにスタッフの証としておそろいで作るグッズなどさまざまな使い方があります。

その用途によって選ぶ品物も変わってきますし、ロゴや名入れなどをどのようにするか、またデザインやカラーについてなど、考えることはいろいろです。

イベントを開催するということは、PR活動の一環であることがほとんどですから、その機会に会社やお店、活動団体やその内容などを大々的にアピールしない手はないでしょう。

主催する側、設営する側、そして参加する側どの立場の方にも喜んでもらえるようなオリジナルグッズを製作すれば、多方面にアピールできる大きなチャンスとなります。

こうしたオリジナルグッズの製作方法や種類はどのようなものでしょうか。


アピールとイメージアップ

大なり小なり何らかのイベントを開催するときは、主催する会社やお店、また各種団体の存在や事業内容、活動内容といったものを今まで知らなかった多くの方にアピールすることが大きな目的の1つとなります。

こうした場でオリジナルグッズを利用することは大きな意義があり、イベントの主旨をさらに広く実現できることにつながるのです。

主旨としてアピールしたい内容も、グッズを通してなら浸透しやすくなりますし、またその事業や活動などの内容にとどまらず、より親しみやすい印象を持ってもらってイメージアップを図るためにもグッズは大活躍します

販促としてのアピール、また記念品として思い出に残すことも、オリジナルグッズで実現するわけです。


イベントグッズは実用性のあるものを

こうしたイベントでグッズを参加者に配布するにしろ、物販で販売するにしろ、またスタッフのユニフォームとして活用するにしろ、実用性があるものが適しています。

販促品として不特定多数に無料で配布するなら、その品物にイベント名や企業名を入れることでアピールしますから、もらって帰ってから使ってもらえるものに越したことはありません。

特に無料のものは、もらったはいいものの必要ないと感じればすぐに処分できてしまいますから、少しでも手元に置いてもらえるなら実用的なものの方がよいわけです。

物販においてはなおのこと、日常的に使いたいと思えるものでないと購入にまで至りません。

また、スタッフグッズとするなら身に着けてアピールできるものでなければ意味がなくなってしまいます。

これらのパターンにおいて、実用性と一口に言ってもその種類は違ってきます

それぞれに適した品物があるということです。


39e7b16e9c8a02d7e516f3f3225ba951_s

イベントグッズの選び方

各種イベントで用いるオリジナルグッズは、その用途によって適したものがいろいろあります。

よりイベントのアピール効果をアップさせる品物とはどのようなものでしょうか。

無料で配布するばらまき

ばらまきとは

オリジナルグッズの中で、特に販促の目的で不特定多数の方に無料で配布するものをばらまきと言います。

街中でよく配られるティッシュや試供品、また会社やお店などでもらえるロゴが入った文房具などはこれに分類されます。

イベントでばらまきの販促品を作るなら、そのイベントのイメージや場所、季節柄などを考慮して品物を選ぶのがおすすめです。

物販なら記念に残るものを

イベントにおいて、グッズの物販を行えばさらに大きくアピールできるだけではなく、その売り上げがイベント開催費、ひいては収益につながってきます。

物販で販売するグッズとしては、実用的であることに加えて記念品として残しておけるものがよいでしょう

とはいえ、あまり大きなものでは持ち帰りに困ってしまいますので、適度にコンパクトなものにすること、また「買いたい」と思ってもらえるようにデザインにもこだわってみると、製作している過程も楽しくなります。

さらに、イベントのスタッフが身に着けているものと同じものを販売することで一体感も生まれ、そのイベントをみんなで楽しんでいるという雰囲気を作ることにもつながります。

どのような品物があるか

それぞれの用途によって適しているもの、またよく選ばれているものには下記のようなものがあります。

ばらまき系

不特定多数の方にばらまく形の販促品でも、ただ安くてたくさん作れればよいものでもありません。

参加者の層としてビジネスマンが多そうなら文房具、主婦層が多いなら台所などの便利グッズやトートバッグなど、若者が多いならスマホグッズなどといったものがよく選ばれています。

また、屋外でイベントを行うとき、夏ならうちわやハンドタオル、冬ならカイロといったものならすぐに使えて便利です。

物販にするなら

物販で販売するグッズに関しては、キーホルダーやリストバンドなどの小さいものから、Tシャツやタオルなどであれば持って帰るのもあまり苦になりません。

また、ばらまき系よりも少し高級感があって日常的に使える雑貨、またちょっとしたワンポイントとしてバッグなどにつけてもおしゃれな雑貨なども物販としては人気が出るでしょう。

タンブラーや時計は持ち帰ってすぐに使えますし、オリジナルの缶バッジなどを作ってもかわいいかもしれません。

元気が出そうなスタッフグッズ

イベントスタッフの証として身に着けるものであれば、物販の品物にもできそうなTシャツやタオル、またキャップなどもチーム感が出ておすすめです。

寒い時期ならパーカーやスタジャンといったように、防寒もできるウェアにロゴが入っていれば、アピールにもなる上に寒さもしのげて一石二鳥です。


イベントの特性を活用してアピールを

多くの方にお越しいただくイベントは、さまざまなものをアピールできるチャンスです。

何となく立ち寄ってみた方がそのイベントを機に会社や商品、また活動などを知ることとなり、これから先のお得意様になるかもしれないのです。

こうした不特定多数の方が多く集まるイベントの特性を大いに生かすオリジナルグッズの活用をして、どんどんアピールしていきましょう。