Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

高級な記念品を用いて思い出に残るものを作る

高級記念品を作る機会とは

何らかの記念品を作る機会にはいろいろあるものです。

その中で特に高級なものを選ぶ機会もあるでしょう。

こうしたときには、不特定多数の方に多く配るものではなく、記念すべき日や機会に該当した方特定で贈るものというのが1つの基準となります。

記念としてプレミア感のある高級な品物をもらえば、いつまでも大切にしておこうと考えますし、また実用性のあるものなら数年先、数十年先まで使い続けられるわけです。

こうして長く手元に置いて使ったり飾ったりすることで、その記念の思い出をいつでも思い出せますし、何年経ってもその時に気持ちを馳せることもできるでしょう。

ずっと大切にしてもらえる高級な記念品にはどのようなものを選ぶのがよいでしょうか。


会社にも社員にも特別記念

特にビジネスのシーンでは、高級品を記念品として贈ることはよく見られるシーンです。

その名目にもいろいろあり、特に社員個人を対象にすることが多いものです。

その社員の永年勤続や退職、業績表彰などは随時ある機会ですし、それだけではなく会社としての節目である創業記念や周年記念もその都度記念するのが一般的です。

その他にもその企業団体などで設けている記念日や表彰などといった節目があることでしょう。

これらは、品物を贈られる社員はもちろんのこと、節目を迎えた会社としてもそれぞれの功績をたたえる特別な記念として設けられます。

今まで会社が一丸となって向かった業績への結果が会社の継続年数につながり、またそれをもたらしたのは頑張って業績を上げるために奔走した社員です

個人への記念や表彰にはその頑張りをたたえ、またそれによって継続してこられたことへの感謝を表すといった意味で記念品を用意すれば、その社員のみならず最終的には社員全員と会社の絆を深めることにもつながります。

記念品に高級で品質のよいものを用意するのは、こういった意味合いも込められているのです。


特別感のあるものならずっと持ちたくなる

品物に使われている素材の質が高かったり、また細工などにこだわっていたり、また精密な機構で作られていたりなど、高級品が高級であるためには理由があります。

そういった品物は、こうした理由から長く愛され続けるものとなるのです。

高級品を記念品として贈ることは、その瞬間に特別感があるだけではなく、ずっと手元に置いておけるためにより品物としての価値を見出すことができるわけです。

特別感のある品物なら、何十年も続けて持ちたいという気持ちになり、より大切にしてもらえることにつながります。

せっかくの記念品ですから、できるだけ長く持てる品物を贈りたいものです。


471161ea5715b3d30b89d80d9968eda1_s

長く愛される高級品を贈るには

贈られてから長く愛用できる高級品を記念の品物とすることを考えたとき、その種類は意外とたくさんあって選ぶのに迷ってしまいがちです。

どういったシーンでどの品物がよく選ばれているのかを知れば、今後の参考になるでしょう。

高級品にもいろいろある

高級品と一口に言ってもその種類にはさまざまあります。

また、ただ高いだけでは贈り物としての役割を果たさないため、記念の品を作るシーンによってどのような品物が適しているかを考える必要があるでしょう。

単純に予算の面から品物を決めようとするときも、ギフトショップのサイトならさまざまなものを幅広くそろえているため、希望に合ったものを見つけやすくなります。

もし品物の目星がついていないときでも、こうしたサイトを参照すれば、これはと思うものに出会えるはずです。

実用性の高いものか飾っておけるもの

記念品として選ぶ高級品とは、大きく2つに分けることができます。

日常的に使うことができる実用性の高い品物か、もしくは記念のものとして飾ることができる品物です。

これからの仕事や人生の後押しになるような記念なら前者、功績をはっきりとわかる形で残しておきたいなら後者、といったように分けることもできるでしょう。

品物を選ぶとき、この2つのタイプのいずれを選ぶべきかという点から絞り込むとよいでしょう。

そのタイプそれぞれに、素敵な品物を探し出すことができるでしょう。

よく選ばれる高級記念品

一口に高級記念品と言ってもいろいろありますが、その中でもよく選ばれている品物を下記に挙げていきます。

革小物

上質な革素材を利用したさまざまな品物は、いろいろな用途で活躍してくれるものです。

代表的なものではパスケースや財布、手帳カバーにトートバッグなどが汎用性が高いと言えます。

日常生活に使えるだけではなく、ビジネスの場面でも活躍しそうな革製品は、長く付き合える相棒として持ってもらえるでしょう。

筆記具・印鑑

筆記具の中でも、高級なボールペンや半永久的に使える万年筆なども記念品として人気の高い品物です。

その筆記機能はもちろんのこと、美しいフォルムや細工が施されたものならさらに特別感がアップします。

印鑑はこれから先実印や認印などを使用する機会に幅広く活用できますから、あって困るものではありません。

素材も牛角や象牙など、美しさと実用性を兼ね備えたものを選べば一生のパートナーともなりうるはずです。

貴金属

この場合の貴金属とは、ネックレスやリングのようなものというよりは、バッジやメダル、または金などを施したトロフィーカップや楯といったものを考えるのがよいでしょう。

こうしたものは実用性を追求するものではなく、飾っておいてその功績や思い出をそこにとどめておけるものです。

重厚感がありながらも美しい輝きを放つ品物は、いつまでも眺めたい気持ちにさせてくれます。

いつでも目にできるところに置いておけばその記念をずっと心にとどめておくことができますし。

また時計などが組み込まれたタイプなら日常生活の役にも立ちます。


いつまでも残せる上質なものを

価値のある記念品を贈るときは、それぞれの方にとって特別な機会となるはずです。

そのため、贈られる方はもちろんのこと、贈る方も双方が満足できるような贈り物にしたいものです。

そして、その思い出をいつになってもとどめておけるように、いつまでも手元に残しておきたいと思える高級で上質な品物が意味を持ってくるのです。