Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

記念品を格安の予算で作るパターンとは

安い予算で作ることができる記念品

いろいろなシーンで記念品を作る機会がありますが、会社の費用からその予算を捻出するわけですから、できるだけ安く済ませたいものです。

記念品として用いる品物の中には、単価がもともと安いものもありますし、場合によってちょっと高価なものでも格安で作ることができる場合もあります。

記念品をどのように使うかによって選ぶ品物は変わってきますが、いずれもできるだけ安く済ませられる方法があります。

格安の記念品を作るパターンとはどのようなものでしょうか。


もともと単価が安いか特価で製作できるか

格安と一口に言っても、品物の単価自体が安いのか、少し高価なものが特価などで安くなっているかの違いはあるでしょう。

どのような品物を選ぶかによって、格安の意味合いも変わってくるということです。

記念品をどう使うかによって、たくさん作るのか限られた量を作るのかという選択に迫られます。

そうなると、たくさん作るならより単価の安いもの、限定量のみを作るならちょっといいものを安く作る方がよいことになります。


ギフトショップサイトでは激安・特価のものも

各種記念品製作に関しては、ギフトショップのインターネットサイトで注文をすることができます。

そのようなサイトの中には激安と謳っているところもありますし、サイトの中の一部の品物に特価が設定されているときもあります。

こうしたサイトを利用すれば、予算内で思ったよりも多くの品物を作ることができたり、また決まった数のものを作るにしても大幅に予算を抑えられたりします。

それぞれの品物を専門に取り扱っているショップよりは、幅広く多くの種類の品物をそろえているショップ方が価格を抑えられるという一面もあるでしょう。

こうしたサイトをうまく利用して格安に記念品を作るのがおすすめです。


484e5f4d81cd438a4316a1751ac6cf74_s

格安記念品を利用するシーンと品物

格安で記念品を作ろうとする際、どのようなシーンで使うものか、またどれくらいの予算でいくら作るかということは選ぶ際の基準になります。

それぞれのパターンや品物の種類を挙げていきます。

シーンごとに用いるものは違う

記念品と言ってもその用途は幅広く、配り方や贈り方の違いで品物の選び方はかなり異なってきます。

例えば、各種キャンペーンやイベントで使用する販促品としての意味合いを持つものなら、不特定多数の方にとにかくたくさん配る「ばらまき」と言われる配り方があります。

※ばらまきについてはこちらの記事を御覧ください。

また、会合や式典、表彰などといった際に特定の人数分のみ用意する場合には、品物自体にそれなりの価値があるものを配る形が一般的です。

このような2つのケースを比べてみると、品物1個の単価は全く違ったものになります。

ばらまきの場合の単価は数十円からできるものが多いですし、後者の場合でも、本来数千円から1万円くらいの単価のものであったとしても、特価割引で2千円前後まで値段が下がっていることもあります。

高級な品物も格安になっていることが

前述したように、ときに高級な品物を製作する際でもギフトショップのサイトによってかなりの割引をしている場合があります。

その割引率の高いものでは、本来の価格から10分の1程度まで値段が下がっていることもあり、かなりお得になることがうかがえます。

こうした特価の設定がなされているものを利用すれば、特別な機会での記念品でも高級感を漂うものでありながら、その予算をかなり格安に抑えることが実現します。

格安記念品の用途パターンと品物

販促品や記念品を製作する際に、用途によって選ぶ品物は変わってきます。

ばらまきに使用する場合

各種キャンペーンやイベントなどの際に行う販促品のばらまきは、参加した方や近隣の方など不特定多数の方にたくさん配るものです。

こうした使い方をする場合は、とにかくたくさん作って少しでも多くの方に配ることができた方がいいわけです。

ばらまき販促品の目的とは、とにかく幅広くたくさんの方に配って企業や団体の名前を知ってもらい、その方が近い将来自社を利用してもらえるようにすることです。

こうした目的でばらまく販促品は、できるだけその単価が安く、たくさん作ってもそう高額にならないものを選びたいところです。

よく見られる例では、ウエットティッシュやキーホルダー、キーホルダーや花の種などその種類は多種多様です。

会合や式典などの参加者に配る

会社での会合や式典などの機会に、参加者限定で記念品を配ることもあります。

こうした場合は、無料でもらうと嬉しいといったように、その品物にある程度の価値を見いだせるものの方がよいでしょう。

特に買えないほど高額ではないものの、自分ではなかなか購入しないといったものは、記念品などとしてもらえると嬉しいものです。

置時計や懐中電灯などはまさにそういった品物の例に入り、実用性も高いものですからいろいろと使ってもらえそうです。

またビジネスのシーンではUSBメモリなどもあって困るものではなく、記念品を製作する側としても注目の品物です。

値が張る高級品

会社の創立記念や周年記念、また各種表彰などの際に社内外の方に贈る記念品は、より高級でプレミア感が出るものとしたいものです。

本来購入するとなると万単位の単価がつく品物でも、記念品製作ではいくつかの数を作ることで格安にできるケースがあります。

例えば印鑑や万年筆のように、長い年月にかけて使用するものはその品質や加工にもこだわりたいものであり、記念品としてもらえると特別な気持ちが得られます。

こうしたものを格安で作れば、もらう方も嬉しいですし予算的にも大助かりになるというわけです。


格安でかしこく記念品製作を

さまざまな用途に利用する記念品や販促品ですが、ギフトショップの中には格安でばらまき販促品を製作できるところもあり、高級品の製作を格安で請け負ってくれるところもあります。

こうしたショップをかしこく利用して、よりお得に記念品を製作しましょう。

その努力はいずれ顧客獲得や社員のモチベーションアップにつながります。