Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

退職祝いで男性に渡すおすすめの記念品

感謝の気持ちを込めて

長年勤めていた会社を定年退職で辞める男性がいたとします。

その方に退職祝いとして、何か記念品を部署で渡そうと思うこともあるでしょう。

その場合ポイントとして、以下の2点に注意すると良いでしょう。

まずは今までお世話になったことに対する感謝の気持ちの伝わるようなアイテムを探すことです。

そしてもう一つのポイントは、これからその人は第二の人生を歩むことになります。

第二の人生が充実した楽しい日々になるような記念品を渡すことです。

この2つのポイントをしっかり押さえていれば、きっと相手も喜んでくれるはずです。

具体的には、オリジナルボトルやメモリアルグラス、腕時計などがおすすめです。

■親が喜ぶ還暦の記念品を選ぶコツ


退職する男性社員におすすめの記念品

退職男性におすすめの記念品として、上で紹介した2つのポイントを押さえたものとしていくつか候補が考えられます。

感謝の気持ちを伝えるのであれば、ダイレクトなのは花束ではないでしょうか?

また第二の人生をより充実したものにしてほしいと望むのであれば、時計を渡してみるのも良いでしょう。

これからの時間を刻む時計ですから、第二の人生をより意識できるはずです。

8b7e1def025d238ee3bd22697656ecaf_s


男性社員の退職祝いに渡すおすすめ記念品

ブリザードフラワー

定年を迎えた男性に対して、花束を渡す光景は結構見られます。

しかし花の場合、しばらくすると枯れてしまってはかなさも一方で感じてしまいます。

そこで長時間新鮮な状態で鑑賞できるプリザーブドフラワーを渡してみるのはいかがでしょうか?

花束の場合、持って帰るときにかさばるのもネックです。

しかしインテリアフレームに入ったプリザーブドフラワーであれば、コンパクトサイズのため、持ち帰りもしやすいです。

オリジナルボトル

記念品には定年後の新たな日々への出発を祝うという意味合いもあります。

この新しい人生の始まりの記念として、世界に1本しかないオリジナルボトルをプレゼントしてみるのも良いでしょう。

お酒を酌み交わしながら今までの思い出を話してみるとか、一人で飲んでいるときにはこれからの人生に思いをはせてみるなど、素敵な時間を演出するにはもってこいです。

お酒を飲み終わっても、インテリアアイテムとして活用することも可能です。

1度で2度おいしいギフトになるはずです。

フォトフレーム

これまでお世話になった職場の上司や先輩を定年になって送り出すときに、記念のフォトフレームを渡すケースも多いです。

これまでの感謝の気持ちとこれからの人生へのエールを込めたメッセージを入れれば、会社での充実した日々をいつでも思い出すことが可能です。

会社の仲間と集合写真を撮って、フォトフレームの中に入れればこれまで頑張ってきたことを糧にして、第二の人生を歩みだすことも可能ではありませんか?

オーダーメイドでありながら、価格は比較的安いところも魅力です。

定年祝いのプレゼントとして定番の商品の一つです。

メモリアルグラス

「これから先の素敵な人生を歩めるように」といった意味合いも含めてギフトを渡す形になります。

その意味では乾杯用のメモリアルグラスをプレゼントとして渡すのも魅力的です。

お酒を飲むときなど、これから先の素敵な時間を共に過ごしてくれる相棒としても実用性が高いです。

定年祝いのパーティなどを実施するときにも活躍してくれるはずです。

そのグラスを手に取るたびに、会社での日々が思い起こされるでしょう。

シンプルグラスからバカラまで、いろいろなタイプのメモリアルグラスがあります。

自分たちの予算に合わせてプレゼントできますし、結婚している方であれば、ペアグラスをチョイスして夫婦へのプレゼントにするケースも見られます。

腕時計

腕時計を定年の記念として渡すパターンもしばしばみられます。

いままで過ごした時間とこれから過ごすことになる時間を刻み続ける時計は、人生のターニングポイントを迎えた人にとって、より大きな意味合いがあります。

腕時計であれば、普段から使える実用性の高いアイテムでしょうし、肌身離さず身に着けてくれるかもしれないので、贈る方からしても贈り甲斐があるはずです。

長年勤めた社名や店名、定年になる記念の日付などを刻印すれば、世界に一つしかないプレゼントが完成します。

腕時計以外でも、デスクの上に気軽におけるようなコンパクトサイズ、存在感を出すために大きな掛け時計などいろいろな選択肢があります。

定年する方にピッタリの時計を探してみるのも良いでしょう。

■記念品に素敵なオリジナルの腕時計を贈ろう


健康を意識したアイテムも人気

定年の方となると、60代の後半を迎えて、そろそろ健康に関しても気になる年代に差し掛かっているはずです。

そこで健康関係のアイテムを記念の品物として進呈するのも喜ばれるかもしれません。

たとえば温度計などであれば、冷暖房のかけ過ぎなどに注意しやすくなって、風邪の引きにくい体を維持できます。


お世話になった感謝の気持ちを

定年になる人に記念の品物を進呈するときには、感謝の気持ちが伝わるようなものが良いでしょう。

部署で出す場合には、いろいろと同僚と話し合って、ベストの品物を見つけることです。