Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

記念品に小物を選ぶならシーンごとに

記念品の小物にもいろいろ

記念品を用いる機会にはたくさんあります。
イベントで多くの方に配布するものからお店や会社の顧客に渡すもの、また会社の記念日や社員の表彰などの記念にするものなど、それぞれのシーンに合った品物があるのです。

こうした機会に、普段から使える小物を選ぶとかさばることもなく利用してもらえることにつながります。
逆に、あまり使えないものを贈ってしまうと、もらったはいいけれどそのまま使われずに眠ってしまうことにもなるでしょう。

せっかく記念品を作るのですから、日常的に使える実用性の高いものを選びたいところです。
実際に実用性の高い小物を記念品にするには、どのように選べばよいでしょうか。


用途によって選び分ける

小物を記念品とする場合、その用途によってどのようなものを選ぶか変わってくるでしょう。
小物の種類そのものはもちろんですが、品物を用意する予算の面でもかなり質が変わってくるはずです。

また、多くのものを安くたくさん作るか、世界に1つだけの品物に金額をかけるかといった選択肢もあります。
記念の品物の趣旨によって、作る数量もかける金額も違うわけです。
そして、こうした幅広い用途や種類、予算など、それぞれに対応できる品物は非常に多く、さまざまなパターンに合った品物を選ぶことができます。


 

ギフトショップやサイトには取扱いがたくさん

こうした品物を作るとき、ギフトショップに依頼することになりますが、インターネットでもサイトがたくさんあり、品物や金額、その他仕様の確認もできるようになっています。
こうしたショップのサイトでそれぞれの用途に合った品物を、カタログを見るようにじっくり吟味すれば、間違いのないものを選べるでしょう。

また、予算から選ぶときも価格帯を絞って検索できるサイトは非常に便利です。
考えている予算ならどのようなものを作ることができるかという調べ方も可能となるのです。
たくさんの種類を取り扱っているギフトショップのサイトではいろいろと迷ってしまいがちですが、人気ランキングなども用意されていて、選ぶ際の参考にできます。


小物記念品の選び方

記念品小物

種類も予算もいろいろに用意されている記念の品物は、用途に合わせたものをきっと探し出すことができるでしょう。
その選び方やシーンごとに適した品物などを解説します。

いろいろなシーンが考えられる
記念品を用意するシーンには、いろいろなものが考えられます。
例えば、イベントを開催するときに不特定多数の参加者や関係者に配布するもの、また成約記念や購入記念など会社やお店の顧客に贈るもの、さらに会社の創立記念や周年記念などのアニバーサリーなどその用途はさまざまです。

これらのシーンで用意する記念品に小物を選ぶ際にも、渡す対象や渡し方によって質や量はケースバイケースとなります。
また、それぞれのシーンでその品物にどういった意味合いを持たせるのかといった点でも選び方は変わるのです。
さらに、多くの方が集まるときには持ち帰りやすくかさばらないものやすぐに使えるものならそのまま処分されてしまうような憂き目に遭いにくくなります。
特定の方にギフトとして渡すならプレミア感があって大切にしてもらえそうなものやいざというときに役に立つグッズなどがよいでしょう。
その品物の性質のどこに重点を置くのかという点も選び方のポイントの1つです。

単価もピンからキリまで
記念の品物を作るとき、その品物の単価にも非常に広い幅があります。
もちろん、同じ予算があるならたくさん作って多くの方に渡すか、その予算を限られた数の品物に絞って単価の高い品物にするかという選択肢で大きく道は分かれます。

チープなグッズをたくさん作ることもできますし、高級ブランドの品をたった1つオリジナルで作ることも可能なのがギフトショップの品ぞろえです。

シーンごとに適したもの
それぞれの記念のシーンで用いる品物は、小物に限定しただけでもたくさんあります。
シーンごとに適した小物とは以下のようなものです。

イベントなどでばらまく

とにかくたくさんの人に集まってほしいイベントなどでは、その参加者や関係者すべてに行きわたるように数量を多く、また気軽に受け取ってもらえるような品物にするのがよいでしょう。
こうしたばらまき系の小物グッズは実にバラエティに富んでおり、雑貨やキッチングッズ、タオルに花の種といったものまであります。

これらに共通するのはいずれも、大ロットでたくさん作って無料でできるだけ多くの方に配れるもの、イベント参加の際でもかさばらずに持ち帰りやすいもの、また季節によってうちわやカイロといったようにその場で使えるものなどといった点です。

顧客に贈るもの

その会社の事業内容やどのようなお店なのかによって、顧客の方に贈る記念品にもいろいろあるでしょう。
こうしたものにも種類は非常にたくさんあり、文房具セットや食器、防災セットに時計など、買えばそこそこの金額になりそうなちょっといいもののランクで探すのも大変なほどです。

ビジネスシーンならUSBメモリなどパソコンやデスク周りの小物、またカップルの顧客にはペアグラスなどといったように、ピンポイントに絞ると選びやすくなります。

会社内外での記念の品

ビジネスシーンにおいては、創立記念や周年記念、また各種表彰の際などに記念の品を作ることがあります。
これらの品物は一部の関係者のみに渡したり表彰者に渡したりといった形になりますが、めったにない大切な思い出や功績としてもらうため、よりプレミアムなものを選ぶと喜ばれます。

万年筆や印鑑、革製のパスケースや財布といった小物は品質がよいこと、またいつまでも長く使えるものであることから、その記念をずっと心に留めておける品物ともなります。


シーンに合わせた小物を選ぼう

このように、小物を記念品とするだけでも非常にたくさんのパターンが考えられます。
小物の種類はもちろんですが、その予算や品質からもどのような用途で使用するのかを絞り込んで選ぶのが大切と言えるでしょう。

まずは小物にターゲットを絞り、さらにばらまきに使うのか特定の方に贈るのかという点から、さらに品物の対象を絞っていきます。
そして贈る対象の方の年齢・性別などの要素を考慮し、どのようなものが合うのかを考えると徐々に選ぶ品物を絞れることでしょう。