Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

「キモチをカタチに」オーダーメイドの贈り物

古今東西、人のあるところには贈り物をする習慣がありますよね。
誕生日や節句、弔事や慶事、あるいは訪問の折…など、誰かに何かを贈るシーンは多いものです。
そのような贈り物をする理由には“相手を思う気持ち”があるのではないでしょうか。
今回はそんな気持ちを特別にする、オーダーメイドでの贈り物のお話です。

贈り物はいつするの? 季節の行事と贈り物について

日本には季節に合わせた行事が数多く存在します。
最近ではハロウィンやイースターなど、海外が発祥のイベントも多く見受けられるようになりました。
ここでは年間を通じた代表的な行事やイベントをご紹介します。

1月 三箇日(1月1日~1月3日)
成人の日(1月の第2月曜日)
2月 バレンタインデー(2月14日)
3月 桃の節句(3月3日)・ホワイトデー(3月14日)・春のお彼岸(春分の日を基点に前後7日間)・卒業/退職
4月 入園/入学/入社・転勤・引越し
5月 端午の節句(5月5日)・母の日(5月の第2日曜)
6月 父の日(6月の第3日曜)
7月 お中元(7月15日)
8月 お盆(8月13日~16日) ※地域によっては7月。
9月 敬老の日(9月15日)・秋のお彼岸(秋分の日を基点に前後7日間)
10月 体育の日(10月10日)
11月 七五三(11月15日)
12月 お歳暮(12月20日くらいまで。地域によって多少の差異があります。)
クリスマス(12月25日)

オーダーメイドを考える。オーダーメイドの定義とは

手帳

実はこのオーダーメイドという言葉、和製英語という日本独自の言葉のため海外では通じません。
注文するという意味であるorderと、作るという意味のmadeをくっつけた造語なのです。
正しくはtailor made(テイラーメイド)といいます。
さて、そんな独特の言葉であるオーダーメイドですが、一例ではこのようなものがあげられます。

・スーツや着物など、服飾製品(生地を選んで、採寸し縫製)
・皮革製品(デザインや色の変更、刻印など)
・食品(食品そのものに印字、パッケージ作製するなど)
・スマートフォンケース(ケースとデザインを選択して組み合わせる)
・枕(素材を選んで、好みの高さに調整)
・スポーツジム(専任のインストラクターが、ユーザーごとに指導やアドバイスを行う)

定番アイテムへのプラスワンというオーダーもあれば、旅行などのプランを自分の好みで組み合わせるなど、オーダーメイドできるものは実に様々ですね。
予算や相手の希望に合わせて、オーダーメイドを活用していきましょう。

こんなグッズにカスタマイズを。オーダーメイドにおすすめのアイテム

オーダーメイドというと「1から何かをつくる」という印象が強いものですが、製品のパーツを組み合わせたり色を変えたりするのも立派なオーダーメイド。

また、もっと手軽に特別感をプラスしたいのであれば、既製品に対して名入れやメッセージを入れるだけでも、そのアイテムの印象はより特別なものになりますよ。

ここではちょっと変わったオーダーメイドカスタマイズが可能なアイテムを見ていきましょう。

オーダーメイドもOK! 実用的でユニークなグッズの一例

腕時計

①ヘラ
メッセージ、名前を刻印できるオリジナルの「ヘラ」を1個から作製できるサービスがあります。刻印できる部分は取っ手部分や金属部分。実用性も高く、記念品や結婚式の引出物として人気があります。オリジナルのヘラでお好み焼きやホットケーキを焼くと周囲の反応が変わること間違いなしです。

②レギンス
自分でデザインした柄を全面にプリントできるオリジナルレギンス。
タイツ、ニーハイも作製可能です。おしゃれを追求したい方におすすめです。

③腕時計
企業によって異なりますが、カラーチップスでは最小ロット30個からの作製を承ります。
多く作れば作るほど1個当たりの価格を抑えられるメリットがあります。
少なく作ってプレミアム、多く作ってお手頃に…など、様々なシーンでご利用いただけます。
価格はこちらから

④オリジナルフィギュア
自分の写真から作るのも、贈る相手の写真から作るのもよし。
世界にひとつだけのフィギュアを1万円以下から作製できるサービスです。
写真が鮮明に思い出を切り取るならフィギュア作製は思い出を立体的に残せる、
新たなオーダーメイドといえるでしょう。

オーダーメイドグッズにできるカスタマイズ例

①名入れ
クッキーやマカロンなどの食品から雑貨など、幅広いジャンルに対応。
贈る相手の名前を入れることで、贈られる相手にとっても特別な逸品になります。

②メッセージ
日ごろの感謝や伝えたい気持ちをかたちに。
メッセージが添えられていると、受け取る相手も思わず笑顔になることうけあいです。

③ロゴ
ノベルティやキャンペーンなどに多く用いられます。
企業やメーカーのブランドイメージをオリジナルロゴで表現することが可能です。

④シリアルナンバー
厳密なオーダーメイドとは異なりますが、特別な品物であることを印象付けられます。
数量限定生産のアイテムなどにおすすめのカスタマイズです。

とっておきのオーダーメイドで、気持ちもご一緒に

実用的なアイテムへの名入れやメッセージの刻印はもちろん、相手の好みや趣味に合わせて贈り物するなど「オーダーメイド」は贈りたい人の気持ちをワクワクさせることができます。
贈る相手にとって特別なものになるように、名入れやメッセージを刻印できるのがオーダーメイドの楽しさ。
それもひとえにプレゼントする相手を思う、贈り手の気持ちがあってこそのカスタマイズですよね。

完全オーダーメイドとなると、手配が複雑で費用も高そうな印象ですが製品の色やパーツをアレンジするセミオーダーや、製品そのものの価格が控えめなものなら、比較的安価にオーダーメイドを楽しめます。オーダーメイドを活用して、少し特別な贈り物を。相手にもあなたの気持ちがきっと伝わりますよ。