Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

成人式に贈る記念品には何を選ぶか

新成人に贈る記念品とは

大人としての新しい門出を祝う成人式は、日本全国各地で行われている式典です。そこに参加した新成人もしくは自治体に住んでいる新成人全てに、自治体側から記念品が贈られるという習慣も根付いています。地域によって差はありますが、成人式での記念品贈呈を行うところは多いようです。

こうした式典で配布される記念品には、どのようなものを選べばよいか迷ってしまいがちです。配布する人数もあるため、そう高価なものでもなく粗品程度のものが選ばれることが多いですが、せっかく贈呈する品物ですから新成人に喜んでもらえて、日常でも使用してもらえるものを選びたいところです。
今の若者には、成人式の記念品として何が受け入れられるのでしょうか。


種類はたくさんある

成人式の記念品として実際に用いられているものにはたくさんの種類があります。主には実用性を見て普段使いができるものが多い傾向にあり、日用品の類に人気が集まっているようです。それらはいずれも高価なものではなく、気軽に使用できるようなものとなっていますが、実際のところ、新成人たちが好んで使ってくれるかは贈る方には読みづらい面もあるでしょう。

特に今の若者の好みは多様化していますから、使いたくないものはそのまま放置してしまうことも考えられます。しかし、それではせっかく新しい門出にと選んだものなのに、非常に残念な話です。

品物の種類はたくさんあるだけに、その中から厳選したものを探し出すのは大変でもありますが、新成人が受け入れやすいものが何かを探れば、その答えが見えてきます。


センスを問わないもの

例えば、渋いデザインの和風カップやロゴ入りのタオル、啓発用の冊子など、これから大人になるに当たっての願いを込めたものや粗品であるとわかりやすいものでは、若者が納得しないかもしれません。

全くセンスが感じられないものや、好みが分かれるものに関しては、せっかく贈ったのに逆に困られるといった事態にもなってしまいます。また、逆に若者のセンスを読み過ぎたものも、彼らにはまらなければ意味がなくなるでしょう。

広く若者に受け入れられるものを選ぶには、実用的でかつセンスを問わないスタンダードなものを狙うのが得策です。


実際に使用された例

成人式を過去に迎えた若者たちの声は正直で、式典で贈られた品物に対して嬉しかったものもそうですが、もらったところでどうしていいか分からないという声も忌憚なく上げられています。そこで、実際に品物を受け取った新成人たちが喜んだもの、逆に困ったものなどを挙げていきます。

cookies-648897_640

これが嬉しかった

もらって嬉しかった品物に挙がったものでは、圧倒的に実用性重視のものが多くあります。また、広く親しまれるキャラクターなどのグッズも好評であったようです。

図書カードなどの商品券類

これに関しては、一番直に実用性があるものといえます。これを地元で使用することで、その地域の小売店にも還元できるわけです。金額は高すぎず安すぎず、だいたい500円くらいのものが使いやすいでしょう。

キャラクターカップ、ショップのノベルティ

キャラクターの中でも、国民的に知名度のあるキャラクターなら広く受け入れられるのはもちろん、地元のゆるキャラのグッズもおおむね好評のようです。また、全国展開を行うコーヒーショップのノベルティタンブラーなど、プレミア感があるものも喜ばれます。

これは困ったというもの

逆にもらって困ったというものには、もらっても使わないという声や、嗜好に合わないという声が多く上げられています。

啓発本などの冊子

この本の内容には、大人になる際の心構えやマナーであったり、成人病予防や献血などの医療系、また選挙啓発などの内容が含まれているものが多いようです。確かに手元にあれば読む機会もあるかもしれませんが、まずは興味を持たれないと水泡に帰してしまうことも考えられます。

酒類

20歳になったらお酒を解禁という意味で贈られるものですが、これこそ嗜好の違いが顕著に表われます。蓋を開けてみればお酒を飲めない新成人もいますし、だいたいが大きめの瓶に入っていますから、持って帰るのが大変という声もあります。

植物の種

これには、ここから立派な大人に成長するようにという願いが込められていると思われます。その思いを汲むことはできますが、実際にそれを育てるかというと疑問です。家庭菜園の準備が必要となりますし、もともとそのような趣味がなければ使いようがないものです。

その他

上記は贈る意義がありそうなものと避けた方がよいものの両極端でしたが、その他多く用いられている記念品には以下のようなものがあります。

タオル

自治体のロゴが入ったものなどは、実家で使用するくらいなら必ずしも不要とはならないかもしれませんが、新成人が個人で使用するかというと疑問な面もあります。

焼き物のカップ

スタンダードなものやキャラクター入りなら使えそうですし、和陶器のものでも趣味に合えば問題ないでしょう。しかし、渋過ぎて若者には使いづらい一面もあります。

写真立て

これは成人式に限らず、さまざまな記念品として用いられるスタンダードです。そこに思い出の写真を入れて飾る方ももちろんおられますが、今やスマートフォンで画像が見られる点から、場合によっては使われないこともあります。


価格は抑え目で

成人式の記念品にあまりに高価なものを贈るのは、自治体の予算としても捻出しづらいところはあるでしょう。平均的には数百円程度でまかなっているところが多いようです。

ただし、それぞれの地域で財政に余裕があるか否かは事情が変わってくることもありますから、無理のない金額で新成人を祝ってあげましょう。