Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

部活の思い出を共有するために記念品を

高校や大学などの部活記念品

高校や大学などの学校生活は、これから先には得られない貴重でかけがえのない時間であったでしょう。その時間の中で、クラスの友人と過ごした時間ももちろんですが、何かの部活に打ち込んでいた方にとっては、その時間や仲間との交流は忘れられませんし、忘れたくないものです。
そんな部活の仲間たちとの時間や想いを共有するために、記念品としてさまざまオリジナルの品物を作るところも多くあります。来る試合に向けて制作されることもありますし、また卒業記念として贈られることもあります。
自分たちだけで共有する部活オリジナルのグッズや、部員の想いが詰まったグッズなど、いろいろなアプローチがあります。よく用いられているパターンやだいたいの予算などはどのようになっているでしょうか。


想いをひとつにする

部活で用意される記念品には、試合やイベントなどに向けて作られるものと、卒業記念として作られるものに大別されます。前者の場合は、メンバーの想いをひとつにするチームワークや士気を高めるために使われ、後者なら今までの仲間との思い出を詰め込んだものとなるでしょう。
いずれにしても、そのメンバーで一緒に積み上げてきた時間や練習で得た思い出、試合の際に団結して立ち向かった気持ちなどをたくさん込めたオリジナルの記念品にしたいものです。そのアイデアはいろいろな品物に生かすことができます。
また、大好きな仲間たちとお揃いのものを持つことで、いつも仲間がそばにいるような感覚で過ごすことができます。そして何年か経ったとき、その品物を見返すだけでその当時の思い出が昨日のことのようによみがえってくるでしょう。


さまざまなアプローチ

部活の記念品に選ばれるものには非常にたくさんのバリエーションがあり、アイデア次第で気持ちのこもった品物に仕上げることができるようになっています。こうした記念品を扱うショップでは、部活記念品または部活での卒業記念として利用できるラインナップを豊富に取り揃えています。
ギフトショップでも部活記念品として人気のものや予算にも優しいものを積極的に取り扱っており、相談次第で素敵なオリジナルグッズに仕上げてくれるところがたくさんあります。それぞれのショップで取り扱うものが異なったり、仕上がりやデザインバリエーションに満足できるよう、さまざまな品物を用意したりしてくれています。さまざまな面から記念に残るものとしてのアプローチを行うことができるのです。


主に人気のラインナップ

こうした部活記念品には、特に人気が高いものや予算的に優しいものがいくつか用意されていて。その豊富な種類の中から組み合わせたりオリジナルのイラストや文字を入れたりと、相談次第ではよりオリジナル色の強い品物を作ってもらうことが可能なのです。

では、部活記念品としてどのようなものが人気なのでしょうか。

部活の特性を生かしたもの

これは、それぞれの部活ならでは特徴をとらえたグッズと言うことができます。例えば野球やサッカー、バスケットボールなどの球技であればそれぞれに使用するボールなどが代表的です。ボールにメッセージや学校名・チーム名などを入れてもらうことができ、その部活にしかないグッズに仕上がります。

試合で使用できるもの

これは、卒業に限らず試合やイベントに向けてお揃いのものを用意し、当日にみんなで身につけて使用するものです。この種類には以下のようなものがあります。

ユニフォーム・Tシャツ

ユニフォームはスポーツの試合に出場するときに必須となりますから、広義には記念品とは外れるかもしれませんが、これがチームの結束を固める1つの形であることには間違いありません。

タオル

これもスポーツ系部活には必需品とも言えるもの。ただし、ユニフォームとは違って卒業後にも使用できますし、もちろん部員全員で継続して使用するのにもぴったりです。自分たちの学校名やチーム名が入っているものを作れば、全員の結束がより深まって試合結果やイベントでの成果をも左右するかもしれません。

キャップ

これも試合中や応援の際などにチームや応援団でお揃いにできるアイテムの1つです。チームのみならず、学校が一丸となれそうです。

【思い出を共有するもの】

部活でずっと頑張ってきた仲間との思い出をぎっしり詰め込んだアイテムも人気です。その品物は、以下のような形で表現できます。

アルバム

みんなで撮った何気ない練習中の写真や、試合・イベント時に残した写真などを1冊のアルバムに収めて配るのも手です。いつでも開けばそのときの思い出が鮮明によみがえってきます。

パネル・パズル

これぞと思う写真を引き伸ばして、大きなパネルにしたりパズルにしたりといった加工を行ってくれるところもあります。思い出がダイレクトに目の前に現れてきます。

普段使いできるもの

中には、学校名やチーム名、部員のメッセージや写真などを入れた日用品を作ることができるものもあります。普段の生活で仲間との時間を共有できます。

文房具

ボールペンやシャープペンなどにオリジナルのロゴを入れて使えば、勉強が辛くても仲間に支えられている気がしそうです。

マグカップ

これも記念品グッズとして定番のアイテム。ロゴはもちろん、部員の寄せ書きをプリントすることもできます。ふとした瞬間に仲間を思い出してもう一息頑張れそうです。

エコバッグ

ちょっとした買い物などの際に使えるアイテムは、普段使いに便利。凝ったデザインにしていつまでも使ってもらいたいものです。


ずっと残るものを

せっかく思い出に残るものを作るのですから、贈った方全てに長く使ってもらいたいのが記念品です。部員たちの気持ちのこもった品物や、いつまでも使いたいと思える品物にできるように工夫して、自分たちだけのオリジナルにしましょう。