Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

ビジネスシーンに用いられる記念品の種類とは

ビジネスシーンに用いられる記念品とは

企業や団体などで行う式典やイベント、または職員の節目の際などには、ビジネスにも役立つ記念品が贈られることもよくあります。不特定多数に配るなら比較的安価なものを、退職記念など個人の節目の際には今後も長く使える高級品を贈ることが多く、企業や団体からの感謝の気持ちをさまざまな形で表すことができます。

また、組織単位ではなく個人としても、就職祝いなどの際にはこれからのビジネスシーンに活躍しそうな品物を贈ることが多いでしょう。それは、新しい門出を祝うための激励の気持ちが十分に含まれた贈りものであるはずです。

では、そのようなシーンではどんな品物が主に選ばれているのでしょうか。贈呈する立場や状況などにもよってそれは変わってきます。


組織のイベントや節目にはたくさんの方に感謝を

例えば、企業や団体の創立記念や周年記念、また竣工記念などいくつかある節目の中で、それぞれの組織の中では、この歩みの中でお世話になってきた職員や関係者各位、また取引先各位に感謝の気持ちを伝えるとともに、その組織の歩みを長く刻みつけたいという思いがあることでしょう。

そうした記念の行事やイベントを取り行う際には、出席した全ての方々に心ばかりの品物を贈りたいものです。多数の方に記念品を贈りたい場合は、粗品のようにちょっとコンパクトで日常的に使えるものに組織名などを入れて配布するとよいでしょう。

また、特定の方に記念品を贈りたい場合や大量に配布しない場合には、インテリアともなって長く残すことができる盾や時計などに名前を入れて贈ることもあります。


個人への記念品は長く使えるものを

退職記念などを組織から贈る場合には、比較的高価で質のよい品物がよく選ばれます。これまで長年会社に尽力していただいた感謝の気持ちと、これからの人生を有意義に過ごしていただきたいという想いをその記念品に込めて組織から個人に贈られるのです。

また、個人から個人に贈る記念品として、ビジネスアイテムがよく選ばれるのはやはり就職祝いのときです。これから新しい門出を迎える方に対して、ビジネスで役に立ちそうな良質のものを贈り、今後の活躍を激励するわけです。

こうした個人への想いを表し、これから歩む人生のお供としてほしいという想いから、そうした高級品が個人向けに選ばれます。


主に使用されている品物

ビジネスシーンで使用される記念品には、それぞれの場面で適したものがあります。主に用いられているものとはどのようなものでしょうか。

note-376397_640

創立記念・周年記念

このような場面に用いる記念品は、社内の職員もしくは取引先など関係者に配布するものですから、日常的に使えてしかも比較的安価に配れるものがよいでしょう。主に使用されるのは以下のようなものです。

卓上時計
ステーショナリー各種

ボールペンや手帳、名刺入れなど

小型食器類

タンブラーやドリンクボトル、ボウルセットなど

折りたたみ傘

など

各種イベント景品

自社内はもちろん、取引先を招待してのイベントでは、景品として品物を用意することもあります。
ちょっと高価でプレミア感のあるものを選ぶとよいでしょう。

家電品

掃除機・空気清浄機・電子ケトルなど

置時計・電波時計

クリスタル素材や木製など高級感のあるもの

高級食器セット

有名ブランドのセット食器など、グラスセットなど

タオルセット

バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルなどの詰め合わせ

など

退職記念・永年勤続記念

長年組織のために勤続した職員個人の節目に贈るものです。多大なる感謝の気持ちと第二の人生のために、厳選した高級品を選ばれることが多くあります。

高級ボールペン・万年筆

有名ブランドや蒔絵仕様のものなど

クリスタル時計・盾

高級感あるインテリアとして

高級ブランドのキッチングッズ

鍋や各種調理器具など

高級グラスセット

特にペアのもの

など

就職祝い

これは個人から個人へ贈る際に用いられるものです。これからのビジネスシーンに役立ててほしいという願いが込められます。

電子手帳

調べ物をするだけではなく、メモパッドなど多機能を備えたもの

ボールペン

高級品を持ってもらうことで社会人としての一歩を応援

ネクタイ

スーツスタイルに困らないスタンダードなもの

ビジネスバッグ

書類やタブレットなどがすっぽり入るサイズがおすすめ

など


記念品に名入れをする

こうしたビジネスで使用する記念品には、社名や個人名などを名入れしてくれるサービスを行っているショップもあります。商品の代金に加えて名入れ料金がかかってきますが、この工程によって日常のお役立ちグッズや高級感あふれる品物にオリジナリティを持たせることができるのです。

印刷方法はその品物によって変わってきますが、シルク印刷や転写印刷、シールといった方法から、特にクリスタル製品ではレーザー彫刻を施して本体を彫ることで名入れを行えます。その方法によって使用できる色が異なったり、仕上がりがかなり違った印象になったりすることもあるため、仕上がりについては発注時によく確認しておきましょう。