Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

記念品 

法人や団体が贈る記念品とは

法人や団体での節目の記念に記念品を

企業などの法人や各種団体で執り行われる各種記念集会などでは、その参加者や関係者各位に心ばかりの記念品を贈るのが通常です。不特定多数に配布しますから、そう高価なものでなくてもよいですが、安価でも使って便利でふとしたときに助かるといった粗品程度のものから、置時計やカレンダーなどといったように置いておけば役に立つような品物が選ばれています。

さらに、個人への永年勤続や功労賞など各種表彰での記念品に関しては、若干高級感のある日用品やインテリアなどがよく用いられています。いずれにせよ、企業や団体側から感謝の気持ちを伝えるために贈る品物ですから、品質や利便性だけではなくオリジナリティも求めたいところです。


多数に贈るものは安価で実用性があるもの

法人や団体の創立記念や周年記念など、内部関係者だけではなく外部にも配布するような記念品の場合は、そう高価なものを選んでしまっては予算に収まりきらずに大変な思いをしてしまいます。

とはいえ、記念として長く使ってもらえるものや実用性の高いものなど、品物のクオリティを一定に保ち、多くの方に喜んでもらえるように決めたいところでもあります。ギフトショップのカタログなどには、実用にも十分でしかも比較的安価でそろえられるラインのものがたくさんそろっています。

また、法人名や団体名が入ったオリジナルのものを作って、より広い周知や贔屓を賜るために、名入れを行った品物にすることがおすすめです。


個人に贈るものは良質な品物で高級感を

永年勤続の記念や功労賞など会社の業績に貢献した方へ、もしくは長年の勤続を終えられる退職記念などは、法人や団体から個人に向けて感謝の気持ちを表すものです。長年お疲れ様でしたという気持ちを表すために、記念品として良質な高級品を選ぶと喜ばれると同時に、これからの生活においても手元に置いてもらえるものとなります。

法人・団体名や記念の名目だけではなく個人名も名入れして贈れば、その方だけが持つ永遠に世界に1つだけの品物となり、よりプレミア感が増しますし、その品物を見て昔の日々を思い出せるような贈り物となります。

japanese-356707_640

品物の選び方

法人や団体で記念品を選ぶ場合は、大きく分けて内外の関係者多数に配布するものと、表彰などの記念に個人に贈呈するものとなります。これら2つでは選ぶもの自体や予算についても事情が違ってきますから、それぞれの用途に合ったものを吟味するのがよいでしょう。

多数に配布するには実用性が高く安価なもの
創立記念、周年記念などはたくさんの方に感謝の気持ちを込めて配布するものです。なるべく安く上げたいのはやまやまですが、使えないようものを選んでしまっては開封される前に処分されてしまう可能性もあります。せっかくの贈りものですから、有効に使ってもらえるような品物にしたいはずです。
では、具体的に選ばれているものにはどのようなものがあるのでしょうか。

▲置時計・腕時計
どのような記念品であっても、時計というのは用途問わず人気があるものです。特にインテリアにもなって実用性も高いという面を兼ね備えることができる品物が時計と言うこともでき、仕様によっては非常に高級感あふれる見た目のものとなります。

▲ボールペン
ビジネスの場面ではとにかく多用することの多いボールペン。仕事の仕様がパソコンに順次移動しようとしている中でも、やはり手書きの書類やサイン、またはメモなどは必要な機会が増えてきます。こうした記念品で1本ペンをもらっておくと、さまざまな場面で活躍してくれることでしょう。

▲ドリンクボトル
オフィスだけではなくちょっとしたレジャーなどにも持っていきたいドリンクボトル。出先のさまざまなシーンで活躍してくれる日用品は使い勝手もよく何度も使えるものがよいでしょう。

【個人に配布するにはハイグレードで長く使えるものを】
永年勤続や功労賞など企業や団体に在籍しているときの表彰であったり、退職をして法人・団体を去るときなどには、その個人に記念となる品物を贈呈するのが定着しています。この際は、個人への感謝の気持ちを込めて、そしてこれからの活躍を期待する意味でも、ハイグレードな品物を選びましょう。

▲万年筆
良質の万年筆は、その名の通り長く使えるものの1つです。通常よりワンランク上の有名ブランド品であったり、また胴部分が陶器製のものや、蒔絵が施してあるものなど、特殊な加工で高級感を見せられるタイプも人気です。

▲クリスタル時計・盾・ペーパーウェイト
インテリアや書斎で存在感を見せるクリスタル素材で作られたものです。その透明感や重厚な雰囲気が上質な記念品としてよく用いられるものであり、美しさだけではなくこれまで勤続してきた日々の重みを感じさせるものとなります。

▲ペアグラス
自宅に帰ってからご夫婦でゆっくりと晩酌を楽しんでもらうためにペアグラスも人気の品物です。ワイングラスやシャンパングラス、冷酒グラスなどのバリエーションから選ぶこともでき、グラス自体に名入れを行うことができるところもあります。

【それぞれのシーンで選び分ける】
このように、法人や団体から贈られる記念品にはシーンによって選ぶものの種類が変わってきます。また、同じ種類のものでもランクや価格などによって選び分けるのが適当ですが、最終的には法人や団体がその節目に関してどのような志を持つかによって選ぶものは変わるといえるでしょう。


法人や団体を支えていただいた方のために

創立記念や周年記念などに出席していただく方々は、いずれも今その時まで法人や団体を支えてくださった方々ばかりです。今までもそうですし、これからもコンスタントにその記念日はやってきます。その都度、それまでの運営を支えいただいた方々へお礼と感謝が伝わるように、また以前に配布したものと重複をしないように工夫をすることが求められます。

個人の方には、長く運営に携わって業績を支えてきたわけですから、精いっぱいのねぎらいの気持ちも品物に含めましょう。
こうした記念品にはそれぞれ名入れが行えるため、詳しくはギフトショップに尋ねてみることをおすすめします。
<