Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

オリジナルでノベルティの販促効果は変わる

オリジナルのノベルティを使って販促活動

何らかの商品やサービスを提供する企業なら、何らかの方法で自社が取り扱うものをアピールする必要があります。待っていても顧客は増えませんし、単にチラシをまいてみたりしても、それに目も通してもらえなければ効果を得ることはできません。
そこで、チラシの代わりに配布するものとして大いに活用できるのがオリジナルのノベルティです。例えば路上でもいいですし、イベントや展示会を開催してその際に自社オリジナルの雑貨ノベルティを配布することで、まずその品物を有益なものとして受けとってもらい、そこで集客することによって最終的に宣伝しているものの利用効果を上げようということです。


ノベルティを活用する

ノベルティとは、販促用に多数に配布される品物であり、いわば広くたくさんに無料配布するチラシの効果に、雑貨として機能する付加価値をつけることによってより手に取ってもらいやすくするといった効果があります。ただチラシを配布するだけではなく、モノとして使える機能を持った品物を配布することで利用者に有益なものと認識してもらい、その後本来の宣伝対象にたどり着いてもらうことが目的です。
こうした販促活動にオリジナルのノベルティを使用すれば、その効果を格段に上げることが期待されるのです。


使えるノベルティ

ノベルティとして使用する品物は、もともと販促を行っている商品ブランドとの関連性があり、なおかつ新しい付加価値をつけるようにします。そういったパターン以外は、基本的にそれそのものが生活に役立つものであることを前提とする方がよいでしょう。
生活必需品ではないかもしれず、自分では買うことのないようなちょっとしたものでも、あると非常に便利だったり助かったりすることもあるでしょう。ノベルティとはそういったちょっと使える機能を宣伝の付加価値としてつけることで、本来の販促に誘導する方法なのです。


腕時計の種類

販促に利用される腕時計にはたくさんの種類があり、またその価格帯も多岐にわたっています。手軽に使えて値段も安いものから、有名時計メーカーブランドが製造したれっきとしたブランド品まで、販促目的の利用を認められさえすれば、かなりの種類の腕時計から選ぶことができるのです。

では、種類についてどのようなラインがあるのか見ていきます。

種類

一口にノベルティ腕時計の種類と言っても非常にたくさんあります。その中で、比較的安価で無料を大量配布できそうなタイプから、高級メーカー製造のれっきとしたブランド品までその幅はかなり広く、それだけにさまざまなシーンで使い分けながら活用することができます。

デジタル盤面

一般的に、アナログ盤面の機構よりデジタル盤面の機構の方が安価に大量生産できやすいものと言われています。そのため、ノベルティ腕時計の安価ラインはデジタル盤面のものの方が多くあります。

シリコンベルト

これもデジタルと組み合わせて安価にたくさん作ることができる素材です。カラフルな色を豊富にそろえられるため、アクセントにも使える時計になります。

デジタル電波時計

機構はデジタルで、時刻合わせに電波を使用するものです。つくりもしっかりしており、ノベルティとして高級感を出したいときにおすすめです。

アナログ盤面

アナログの機構はかなり千差万別で、安価にできることもありますし、より精度を上げれば上げるほど値が張ってきます。正確な機構であればそれだけ高くなります。

高級ブランド品

ノベルティとして利用する腕時計の中には、世界的に有名な腕時計メーカーのブランドを冠した品物も用意できます。多量の品物を配布する販促というよりは景品のような使い方に向いています。国内外を問わず名の知れた高級時計をノベルティとして利用することができれば、さらなる集客効果に加え、企業のイメージアップも狙えるのです。

多機能時計

ノベルティに使える腕時計は、メインの時計機能だけしか使えないのではと思いがちですが、品物の中には多機能を備えたものもラインナップしています。カレンダー・温湿度・ストップウォッチなどの機能を兼ね備えたクロノグラフタイプもあり、市販されている高級時計と変わりません。

ノベルティといえど景品に手を抜きたくないという場合におすすめです。


種類はたくさんで選び放題

ここで挙げたノベルティの種類とはほんの一部で、その他にも使えるアイテムを販促用として使える品物がたくさんあります。また、企業が定める顧客のターゲットによって使い分けるのも効果的です。よりターゲットに寄り添ったノベルティを使用すれば、販促効果はさらにアップすることが期待できます。
定期的にノベルティでの販促活動を行うのであれば、その都度変わった品物に変えてみて、さらに顧客の満足度をゲットしましょう。