Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

もらって嬉しいノベルティを厳選する方法

もらうと嬉しいノベルティとは

随所で行われている各種イベントや販促活動などの機会に触れることがあると、何かしら小さな雑貨をもらってくるものです。見ると、そのイベントや販促を主催している、または参加している企業や団体が配布しているもので、その品物には企業や団体名が入っています。
開けてみると、実際に自分で買うことはあまりないけれど、あると何かと便利なものであることが多く、ちょっとしたときに役立ちます。こうした小物は企業や団体のノベルティとして販促活動に使用されているものです。
無料でもらえるものですから、できることなら有効に使いたいものですが、ときにもらっても困るようなものがあることも確かです。もらって嬉しいノベルティとはどのようなものでしょうか。


実用性がものを言う

無料の品物といえど、どうにも使いようがないものである場合は家にあっても邪魔になるだけです。販促に使用するノベルティも同様で、せっかくの宣伝に使うのにただ邪魔だと思われてしまえば、効果がないどころか逆効果にすらなってしまうこともあります。
とりあえず品物を手に取ってもらえること、そしてその品物を有効に使ってもらって初めてノベルティによる販促は役に立ちます。そのため、ノベルティに選ぶ品物は実用性があることが第一です。使ってもらっているうちに、その品物に記されている企業名や団体名を目にする機会が増え、そこで初めて興味を持ってもらえるのです。


顧客層を定める

いくら実用性のあるノベルティを配布したところで、一部の層にはかなり便利なものであったとしても、逆にそれが全く必要ない層も存在します。例えば、ファンシーなデザインの化粧ポーチを男性に渡したところで、どうすればよいかわからないわけです。
実際にその品物を使ってもらうところからスタートするのであれば、それを有効に使ってもらえるターゲット層を絞るべきです。自社が打ち出すサービスのメインターゲットが定まっているのであれば、ノベルティにはそのターゲットに使ってもらえそうな品物を選ぶべきということです。


どのようなものが喜ばれるか

ノベルティとして配布するものには、定番もありますしそれぞれの季節商品にも人気が集まります。では、嬉しいノベルティにはどのようなものが選ばれるのかを見ていきます。

日用品は鉄板

やはり、比較的広い層に受け入れられるのが日用品です。各種バスグッズや台所用品、ちょっとした筆記具など、家の中の生活で何かと入り用になる消耗品は、あってよかったと思えるものの定番です。

日々なくなっていく消耗品

消耗品の中でも、洗剤や調味料、入浴剤などの消耗品は、使えばその分なくなっていくものです。そのため、気がつけば使う分がなくなっていたということもしばしば。そんなときに代わりに使えるこうしたノベルティは、ふとしたときに役に立つことになります。

毎日使うもの

日々消えていく消耗品の他に、毎日使う雑貨類も日々傷んできます。箸やスポンジなどのアイテムは処分のしどころがわかりづらいものですが、ノベルティでもらえれば、それを機会に新しく替えてもらうきっかけともなります。また、

また、日々の買い物などに便利なエコバッグも人気アイテムの1つです。

仕事で使えるもの

ビジネスマンなどをターゲットにするなら、オフィスで活躍しそうなグッズを選ぶとよいでしょう。比較的品物自体に企業名などを入れることも容易で、ふとしたときに目にしてもらえる確率が高くなります。

ボールペン

ノベルティの定番として、あまり層を問わない品物ですが、オフィスでは特にヘビーローテーションされることが多いため、いくらあっても困らないものでもあります。

メモ帳・ふせん

ボールペンとセットで使用されるものですから、有用性が高いことは確かです。業務のことや電話の内容を書き留めておくのにいくらでも使う機会があり、あれば嬉しいアイテムの1つです。

クリアファイル

このアイテムに関しては、逆にビジネス以外ではあまり出番のないものといえます。つまり、ビジネスマンには重宝されてもその他の層には使うのが難しいわけです。配りやすいアイテムですが、配る層には気をつけたいところです。

【自らはあまり買わないもの】

これに関しては線引きが多少難しいですが、消耗品やファッション雑貨など、必要なものや自分の好みが大きく左右するもの以外での日用品は、意外と自分では買わないものです。カップやタンブラー、スマホスタンドなどは、買えばそれなりに値が張るものですし、アイテムにこだわりがある方以外は「なくてもいいけれどあると嬉しい」と思っているアイテムであると考えられます。

季節ものは時期を見計らって

その他、カイロやうちわ、カレンダーに湯たんぽなど、季節によって需要が上下するものに関しては、オンシーズンなら重宝されますがオフシーズンになると見向きもされなくなります。その時期が過ぎて次に移行する際には思い出してもらえるかもしれませんが、そうなると販促としてのリアルタイムを完全に過ぎてしまうことになります。
販促を行う時期と、その時期にもらって嬉しいと思える季節商品は厳選することをおすすめします。