Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

より安価で効果的なノベルティを制作には?

安価に作ることができるオリジナルノベルティ

企業や店舗の商品・サービスを宣伝する際に有効なノベルティ配布。企業や店舗の財務としては、ノベルティを作ることは広告宣伝費の予算の中でやりくりを行うわけですが、なるべくなら安価に済ませたいというのが実際のところでしょう。
特に、無料で不特定多数に配布するものであるノベルティは、たくさん作って広く配りたいものですから、1個のコストは安価であることに越したことはないのです。ノベルティ制作を使っているギフトショップでは、かなり低コストで良質なものをそろえているところが多数あります。種類はかなり豊富にありますから、目的を定めた上で各ショップを比較しましょう。


費用対効果を考える

販促に費用をかけるときは何でもそうですが、そこにつぎ込む費用に対して効果がどれくらい上がるかを読まなければなりません。販促にお金をかけるだけかけても、リターンがなければ何の意味もないわけです。
そのため、販促を行うときにはより効果が期待できる方法を厳選するべきですし、その費用対効果を適切に計算することが必要です。また、同じような内容の販促でもより安価に行えるように依頼先を探すことも手間を惜しみたくないところです。


もの選びと業者選び

ノベルティを使った販促では、まずその品物を手に取ってもらったあとに有効に利用してもらうところから始まります。ただあるだけでは邪魔になりますし、継続して使ってもらえることで、品物に記載されている社名やロゴを目にしてもらう機会を増やせるのです。
その点を考えると、ノベルティに用いる品物選びは、より実用性が高くしかも長く使ってもらえるものとするのが第一のポイントです。対象とするターゲット層に合わせて、どのようなものにニーズがあるのかを吟味するのがよいでしょう。
また、その品物を取り扱っているギフトショップをいくつかピックアップし、同じような品物をオリジナルで作る際にかかるコストを比較してみましょう。より安価で発注できるところがあれば効率的です。


安価で効果的なノベルティ制作

ノベルティを制作する際、まずはどのような品物にするかを決めるわけですが、ギフトショップで取り扱われている品物の種類は非常に膨大です。その中から安価でしかも自社の販促に適した品物を選ぶためにはどうすればいいでしょうか。

【ターゲットと需要を見る】
どのような商品やサービスにも、企画時にメインとするターゲット層を絞ることでしょう。そして、もっとも需要があると考えられるターゲット層により周知してもらうために販促活動を行います。その主なターゲット層をいくつかに分けて考えることができます。

▲ビジネスマン
会社で仕事をしている年齢層は幅広いですが、それぞれの年齢やキャリアに見合った商品やサービス展開は存在しているでしょう。また、ビジネスマンの多くを購買層と設定している商品・サービスであれば、その方々にヒットするものを選べばよいわけです。
スタンダードなのはやはり事務用品。会社で使うものは自費でそろえたくないという本音がビジネスマンにはありますから、ボールペンやふせん、USBメモリのようなビジネスシーンに何かと役に立つ品物は重宝されるでしょう。

▲主婦
主婦の目線はシビアですから、使えないもの、割に合わないものは容赦なく排除されます。いいものでも使われなければ意味がないですし、使い勝手が悪いものをわざわざ手元に取る気にはなれません。
主婦層をターゲットにするなら、日常的に使う消耗品がおすすめです。キッチン用品や救急用品など、あれば助かるものなら受け入れられやすいでしょう。

▲ファミリー
家族づれを特にターゲットにする場合は、やはり家族みんなで使えるセットや大容量の雑貨などであれば全員で使えて便利です。例えば防災セットなどは、いざというときに2~3人分ならフォローできそうな分量を備えていれば安心です。

【単価】
ノベルティには非常にたくさんの種類があり、低価格で安価なものから高級品まで幅広く活用されます。つまり、ノベルティを手配する費用にもかなりの幅があるということです。単価でいうとだいたい10円前後のものから数万円するものまで。用途によっても選ぶ価格帯が変わるでしょうが、この中でより適切なラインを選ぶ必要があるのです。
大量に配布するものでも、数十円で一定のクオリティを保ったものがそろっています。近年ノベルティでも良質なものを安価に製造できるようになっているため、あながち安かろう悪かろうでもありません。


名入れの値段も考える

こうしたノベルティには、透明パッケージの中に企業名などが書かれた印刷物を封入したり、品物そのものに文字を印刷したりという方法で名入れを行うのが通常です。この名入れの方法に関しても、印刷物を入れるか本体に刻むか、またそれぞれの印刷方法はどうするかなどで金額が異なってきます。
安価で済む方法から、高級感があったり仕上がりが美しかったりといった方法まで選ぶことができ、それぞれに特徴もあります。また、たいていの場合は文字数ごとに料金が異なりますので、そういった条件の中から最適な名入れの方法を選びましょう。