Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

少量・少数でノベルティを作成する際の注意

ノベルティの数はいくつから制作可能?

イベントなどで配布するノベルティや、街で配るものなどは大量に制作することが多いでしょう。その数は1000や2000、または10000などの大量になることも。そういったケースもありますが、中には少量でいい場合もあります。限られた人だけに配るものであったり、会議など少数の人に配布する場合は、100だったり、500だったりと少ない数ですむ場合もあります。時にはプレミアで1個だけ作りたい、ということもあるでしょう。

個人事業主や企業ではなく一般の人が依頼する場合は、少数でいい場合もあります。ノベルティはいくつから依頼できるのでしょうか?また、依頼する際の注意点はどのようなことでしょうか?


少量で依頼する方がお得?

少量しか必要ない場合は、必要な数だけ依頼をした方がコストもかからず、無駄になりません。しかし、単価は高くなります。どれくらいの数を依頼するといくらになるか、ということも踏まえて数の発注を考えるといいでしょう。後で使うことがあれば、大量に制作しておいた方が、無駄なコストをかけずにすむこともあります。どれくらい発注すると、どれくらいになるか、を把握するためにも、小ロットから大ロットまで価格が提示されている業者を選ぶといいでしょう。


小ロットから対応する業者は少ない

多くのノベルティ制作会社は少なくとも500以上、という会社が多いです。中には100から、または10からという少数でも対応してくれる制作会社もあります。小ロットでも対応してくれる制作会社は、ネットからでも探すことができます。その際に、ロット数が書いてあるので、確認するようにしましょう。その際に、条件などがないかどうかも確認することが必要です。


少数のノベルティを依頼する際の注意点

ノベルティの数と価格

通常ノベルティは必要な数を制作します。大量に配布するときにはその数を、少量でいい場合には少数を依頼します。その際には小ロットで請け負ってくれる業者を探す必要があります。ノベルティ制作会社の中には、少数では請け負ってくれない業者もあるからです。

小ロットでも請け負ってくれる会社を選べば、無駄な分の品物を作らなくてすむので、コストの削減になります。予算が決まっているときには重要なことです。

ただし、大量発注した方が単価は安くなります。必要な個数と小ロットバランスを比較し、一番得になる数、リーズナブルな制作会社を選ぶことが必要です。一番得をする数はどれくらいかを比較するためには、小ロットだけで大ロットの価格まで把握し、比べてみるといいでしょう。

小ロット対応業者の比較

必要な数が少量でいい場合、小ロット対応の制作会社を探すことが必要です。いろいろ見てみると、100から制作可能、などと書いてある会社もあります。少量で請け負ってくれても、単価が高いこともあります。いくつかの会社を比較して、安い会社を見つけるといいでしょう。

少量でも対応してくれる業者であっても、手数料などが発生する場合もあります。対応してくれる数のほか、単価、他の条件などを確認することも大切です。ネットなどに詳細が記載されていない場合は、問い合わせをしてみるといいでしょう。

ノベルティを少量制作するメリット

大量に生産すれば、単価が安くなるというメリットがありますが、少量の場合はどのようなメリットがあるのでしょうか?また、少量の品物を制作するケースには、どのようなケースがあるのでしょうか?

反応が確認できる

まずは反応を確かめたい、という場合は少量のノベルティを作ってみる、というケースがあります。その反応や感想をもとに改良し、さらに魅力的な製品ができます。

特注品を作る

加工品や特注品などは大量に制作するにはコストがかかります。そのようなときには少数で対応することも。

少量のノベルティは希少価値がある

ノベルティの数は少ないと、その分希少価値が出ます。

質の高いものができる

少量であれば一つのノベルティにコストをかけることが可能です。そのため、こだわりを持ったものや、高品質の製品を作ることができます。


メリットを得る少量発注

ノベルティの数は必要数を発注することが多いでしょう。少量の場合は、単価が高くなることもあるので、小ロット対応の制作会社の中でも比較検討することが必要です。その時は必要なくても、後になって必要になることがあるのであれば、大量に制作しておいた等がリーズナブルになります。

少数でも対応してくれると書いてある業者でも、価格に注意するとともに、手数料が必要など条件がある場合もあるので、詳細をきちんとさせてから発注することだが大事です。

少量のノベルティを最初に制作し、反応を見てみるという方法もあります。少量であれば一つひとつにコストをかけられるので、高品質なものを作ることも可能です。数が少ないノベルティはいただける方もうれしいもの。希少価値があります。このように、少量のノベルティを制作するメリットもいろいろあります。