Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティとしての贈答品の選び方

ノベルティとして最適な贈答品とは?

重要なクライアントにノベルティとして贈答品を贈ることがあります。日頃の感謝の気持ちを込めて、今後ともよいお付き合いを、という意味を込めて贈る贈答品。受け取った人が、ありがたい、と思ってもらえる贈答品を贈りたいものです。それによって、大事にされている、という思いが伝わるものです。大切な人、大切なクライアントには気持ちの伝わるものを用意したいもの。ノベルティとして重要なクライアントなどに贈る贈答品としては、どのようなおのが最適なのでしょうか?


高級感のあるもの

無料でいただくものというのは、何をいただいてもありがたいものですが、内容によってはとてもうれしく感じたり、大切にされている、と感じたりすることがあります。重要なクライアントには感謝の気持ちと今後のよいお付き合いをさせてもらいたい、という気持ちを伝えなければなりません。それが伝わりやすいのは、高級感のあるものです。置時計やブランドもの手帳などといった高価なものが選ばれる傾向にあります。


感謝の気持ちが伝わるもの

相手に感謝の気持ちや大切な相手、と思ってもらうには、特別感も重要です。オリジナルに制作したノベルティなど、特別感のある贈答品であれば、こちらの思いも伝わりやすいにではないでしょうか。また、企業向けと家庭向けでは喜ばれる贈答品も変わってきます。何が喜ばれるかをよく考え、こちらの思いが伝わるものを選ぶことが大切です。


お客様に喜ばれる贈答品の選び方

贈答品を選ぶ際のポイント

ノベルティを選ぶ際の重要ポイントは、相手が喜んでくれるもの、です。特に贈答品としてはこちらの感謝の気持ちを伝えるとともに、大切なお客様、という思いが伝わるものがおすすめです。例えば置時計や革製品の手帳など、高級感のあるものもいいでしょう。また、せっかく高価なものを贈答品としても、使っていただけないのは残念です。相手が使いやすい、便利なもの、という点も大切です。

おすすめは手帳

贈答品としてよく利用されるのが手帳です。革製品であれば高級感も出ます。しかし、手帳をもらっても使わない、という場合も。使いづらい、企業名が目立って格好良くない、大きすぎる、などといった理由が挙げられます。相手が喜び、使いやすい手帳を作るにはどういった点に注意すればよいでしょうか?

送る相手の職種や業務内容に合わせたもの

手帳の内容はいろいろです。1ヵ月ごとの見開きがいいのか、1日の内容をたくさん書ける方がいいのか、など業種や職種に合わせたレイアウトにすることが肝心。また、メモ帳の部分が多い方がいい、サイズは小さ目がいい、大きい方が便利か、などを検討し、オリジナルな手帳を作成してあげましょう。

企業名はさりげなく

手帳の表紙に大きく企業名が書かれていては、持ち歩きにくいです。販促目的もあるノベルティですが、企業名はさりげなく、あまり目立たない位置に入れるか、手帳を入れる封筒に入れるようにしましょう。

おすすめの家庭向け贈答品

家庭向けのノベルティとしては、高級感も必要ですが、便利で使えるもの、もポイントです。主婦の方がキッチンで使える便利なもの、というのもおすすめですが、だいたいそろっているということも多いです。ありきたりのものではなく、キチンブランドで有名なものなど、高級で機能性に優れたものがいいでしょう。南部鉄器のフライパン、鍋のセットなどもおすすめです。

また、空気清浄器やアロマ加湿器なども喜ばれるもの。どの部屋にもすでにおいてある、という家庭は多くないでしょうから、さらに増えても困るものではありません。見た目も美しいスタイリッシュな加湿器などがおすすめです。

結婚式などでよく利用されるカタログも便利です。これから相手が好きなものを選ぶことができるので、無駄になることがありません。カタログには特徴があり、家庭用品が多く掲載されているものや、趣味関連のものが多く掲載されているもの、などがあります。贈答品の送り先の家庭はどのようなものがよいか、検討して選ぶといいでしょう。


相手が便利に使える、高級感のあるものを選ぶ

贈答品の選び方としては、相手に感謝の気持ちが伝わるものを選ぶことが必要です。そのためには、高級感のあるもの、便利に使えるもの、がいいでしょう。便利に使えるものというのは、相手の職種や業種などを考え、オリジナルに作成したものであればより喜んでもらえるでしょう。

家庭向けとしては、ブランドものや機能性に優れたキッチン用品やお掃除用具、空気清浄器や加湿器などがおすすめです。相手が好きなものを選ぶことができるカタログなどもいいでしょう。できるだけ、相手の家庭の趣向や趣味を考え、選びやすいカタログを選ぶことが重要です。

贈答品を贈る際には、相手のことを考えたノベルティを送る、ということが大切です。また、企業名はさりげなく、目立たないように入れる、ということもポイントです。