Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティは税金対策になる?

税金対策はノベルティの目的の一つ?

ノベルティの目的は販促活動です。企業が自分の会社の宣伝や商品のキャンペーンなどを目的として、企業名や商品のロゴなどを入れて記念品を配布します。イベントで配布したり、商品を購入した際に贈られたりするノベルティが、企業の存在や製品の広告となって、身近に感じてもらえるという効果があります。

ノベルティの大きな目的は企業や商品を印象づけることですが、税金対策にもつながるとされています。それはどういったことでしょうか?


税金対策につながるノベルティ

赤字では企業は経営が成り立ちません。黒字になるように企業はさまざまな取り組みをします。ノベルティもその一つです。しかし、利益が出れば税金を払わなければなりません。それは当然の義務ですが、たくさんのお金を税金として支払ってしまうと、次年度が不安になります。その年と同じ分だけ業績が上がるとは限らないからです。そのため、企業は税金対策をします。ノベルティで経費を使うことは、その一つとも言えるでしょう。


ノベルティの効果

理想的な税金対策というのは、合法的に効率的に経費を使い、業績を上げることです。ノベルティで経費を使い、ノベルティの効果があれば商品が売れ、企業の業績が上がるということ。そのためにも、ノベルティで効果を出すことは大切なのです。


税金対策になるノベルティの作り方

ノベルティで業績を上げることが、税金対策になるとも言えます。そのためには、ノベルティで効果を上げる必要があります。効果的なノベルティはどのように作ればよいのでしょうか?

ノベルティの価格は?

経費をたくさん使うことで税金対策につながるのであれば、ノベルティに使う経費はたくさん使ってもいいのでは?と考えがちですが、経費を使い過ぎれば直接赤字につながります。経費をたくさん使っていいのであれば、テレビCMや広告を大々的に出し、宣伝をすればいいのです。ノベルティに使う経費は目的にもよりますが、安い方がいいでしょう。

ノベルティは低価格で宣伝効果も高いと言われています。宣伝をする方法はさまざまですが、ノベルティのメリットは使いやすいグッズなどが多く、使っているうちに企業名などに親近感を覚えるようになるのです。ノベルティ商品においてボールペンやカレンダーなどが多いのはそのためです。

そのような効果が期待できるノベルティは、低価格から作ることができます。単価の安いものであれば大量に作ることも可能です。大量に作り、多くの人に企業名を認知させる方法としてノベルティは効果的です。

日常生活で利用できるアイテムを

ノベルティの効果から考えると、ノベルティは日常生活の中で身近にあるもの、がおすすめです。常にそばにある、毎日目にする、といったもの。カレンダーやボールペン、バッグ、目覚まし時計、マウスパッド、ペンケース、爪切り、貯金箱、携帯ホルダー、メモ帳、付箋などのステーショナリーグッズやお掃除グッズ、タオル、ハンカチなどの生活雑貨がおすすめとされています。

最近では普通の生活雑貨や文房具ではなく、ひと手間かけて作られたもの、より便利になったものが人気です。付箋付きカードスタンドや携帯用クリーナー、栓抜き付きボールペンなどがあります。

用途や目的に合わせて選ぶ

さまざまな種類のノベルティの中から、最適なものを選ぶには用途や目的に合わせたものを選ぶことが大切です。イベントであればターゲットに合わせたものを、男性向け、女性向け、主婦層向け、子ども向け、学生向けなどさまざまなターゲットに合わせ、受け取る側は喜ぶものを選ぶといいでしょう。

企業のイメージアップにつながるものを

高価なものや単価が高いものなどプレミアなノベルティが必要となることもあります。重要なクライアントや大切なお客様に贈る贈答品などは、高級感があり、相手の好みや趣味趣向に合わせたノベルティが必要となります。相手に印象づけるもの、便利で使いやすいものを選ぶことで、企業のイメージアップにもつながります。


効果的なノベルティを作ることが税金対策につながる

企業で行う税金対策にはいろいろあります。それがすべて成功するとは限りません。一時は税金対策となったとしても、業績が悪くなったり、年月が経つとその効果がなくなったりすることもあるのです。

経費がかかるノベルティは、商品が売れる、企業のイメージアップにつながるなどといった効果によって業績を上げることになります。それが税金対策につながると考えられます。

そこで重要なのは、効果的なノベルティを作成することです。低価格でターゲットに合わせたノベルティを作成する、便利で使いやすい、見ているだけで癒される、デザインがカッコいいなど、受け取る側が喜ぶノベルティを作成する、企業のイメージをアップさせるノベルティを作成する、といったポイントをおさえ、効果的なノベルティを作ることが重要となります。