Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティグッズの制作方法

ノベルティグッズの制作方法を知りたい

スポーツタオルやクリアファイル、メモ帳などに企業の名前が入ったものがノベルティグッズです。最近では、イベントやショッピングモールなどでアンケートに答えると無料でもらえることも。またはチラシと一緒に配布されていることもあるようになりました。そして現在無料で配布されているノベルティグッズには、日用雑貨や文房具の他にも時計や傘、アイディア雑貨などオリジナリティのあるものまで幅広く見られます。また非売品であるために、貴重なものとして人気が高いグッズまであります。ただチラシよりも、受け取る人が多いといわれるノベルティグッズですが、どのようにすると作ることができるのでしょうか。


もらった人が使いたくなるものにする

もし、企業や団体側が非常に凝ったノベルティグッズを作ったとします。しかしそれはその人たちにとっては大変良い物となるかもしれませんが、もらった人にとっては全く使い道がない可能性も。すると、人目にふれることなく処分されてしまう事もあるでしょう。ということは、初めから配布する対象の人たちに「嬉しい」と思ってもらえるノベルティグッズを制作することが、積極的に使ってもらえることに繋がります。ノベルティグッズ配布の目的は企業や団体などの名前を知ってもらい、多くの人の目に触れるよう使ってもらう事。その点を考えれば、受け取る側の気持ちに添った種類にすることが大切だと自然とわかるはずです。しかし、チラシを印刷して配るだけと違って、費用は大きくなってしまいます。つまり、この企業や団体はどのような層の人をお客として見ているかを正確にとらえ、その層に合わせたノベルティグッズを選ぶのが得策といえます。


どこへ発注すればよいか

ノベルティグッズの制作は、企業や団体の名前やロゴマーク、企業情報を入れる必要があるため専門の制作会社に発注する必要があります。そして、その制作会社の中でもそれぞれで得意とする分野が違っているため、どのようなグッズを作りたいのか明確にしてから発注先を探すようにすると失敗が少なくなります。また、通販での注文もできるため制作会社の所在地にこだわらず発注先の決定も可能。その上、発注数によっては送料無料で手元に届けてくれるサービスもあり、送料の負担を考えなくてすむサービスも嬉しいところです。


ノベルティグッズ制作の流れ

どのようなグッズにするか決める

日用雑貨から文房具、お菓子や子供の喜ぶおもちゃなど非常に幅広いものへの名入れが可能。例えばビジネスマン向けか、女性向けか、もしくは主婦・学生・子供向けかなどのターゲットの中から好まれる商品を考えてみましょう。

制作会社を決定する

商品を取り扱っている制作会社がいくつかピックアップできたところで、注目されそうなグッズの取扱いがある制作会社を選びます。もしくは、個数や予算の関係からそれにあったところを選ぶことも重要。時には希望条件が全てかなうわけではないため、上手に妥協して制作会社を決定します。

ちなみにほとんどのノベルティ制作会社では、名前やロゴを入れる場所が決められており、そこに入れたい必要事項を送るだけで希望のグッズが出来上がってきます。通販画面を見ると一見難しそうかもしれませんが、意外と簡単に出来上がるもの。ですが中には自分でデザインをし、そのデータを送ることで自由なグッズを作ってくれるところも。そのような会社の場合、データ入稿によって希望の画像を送信できるようになっているはずです。

発注する際の注意点
見積りを必ず取る

特にロゴマークのような特別な絵柄を入れる時には、印刷料金が変わると予想されます。そうでなくても、ウェブ上で簡単な見積を見ることもできる制作会社が多いため、ぜひ見積もりを確認しておきましょう。

自分でデザインを考える必要がある時

IllustratorやPhotoshopなどの描画ソフトで作成すると、考えた通りに近い物を作られます。また、wordなどでデータを送り変換してくれる場合もあるでしょう。しかし普段使ったことのないソフトをこのために使用するのは大変難しく、すぐにはできないため、知識のある人に頼むか出来る範囲で希望のものが出来る制作会社を探します。

納品日までにかかる日数

手元に届いて欲しい日に必ず届くよう、余裕をもって発注します。もし発注がギリギリになりきちんと送信できたか不安がある時には問合せをしましょう。その際には注文時の受付番号などがあるとスムーズです。

手元に届いたら必ず確認

納品されたグッズに入っている企業や団体の情報は正確か、個数はあっているかなどを確認しておきましょう。もし不足があったりデータミスがあったりした場合には発注先に確認してください。


配布する対象にあったグッズを

ノベルティグッズは、もらった人が長く使ってくれることで宣伝効果を発揮します。そのため、長く使える品質や性質はもちろんですが愛着を持って使い続けてもらえる商品選びがカギとなるでしょう。