Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ちょっと変わったお勧めのノベルティアイデア製品とは?

ノベルティもアイデアが大切?

ノベルティは企業のイメージを印象づけるもの。とても重要な役割を担います。どのようなノベルティを用意するかによって、その企業がどのような考え方や理念を持っているか、将来性はあるか、などといったことまで連想させると言っても過言ではありません。そのためには、ちょっと変わったものや「これは面白い」と思ってもらえるアイデア製品を用意することも必要です。ユニークなノベルティやちょっと変わったアイデア製品には、どういったものがあるでしょうか?


 便利で日用品として使えるもの

ノベルティとして人気があるのは、日常生活の中で使える便利なものが一つです。ユニークなノベルティとしては、ハサミやナイフ、カッターなどがまとまっていて持ち歩けるものがあります。アイデアとして便利なのが、いろいろなものが箱に入っているのではなく、一つにまとまっているという点。携帯にも便利で、一見すると何か分からない、という点もユニークです。このようなアイデア商品は、企業のイメージを高めてくれるでしょう。


予算や納期を考慮して

アイデア商品を作るのは企業イメージをアップさせることにつながりますが、中には費用が高くなってしまうものもあります。手間のかかるものだと納期もかかります。どういった業者に発注できるのか、予算や納期はどれくらいか、などについても考慮し、見合ったアイデア商品をノベルティとして作ることが大事です。


企業イメージをアップさせるアイデア商品

ユニークでちょっと変わったノベルティは企業イメージを高めてくれるもの。さらに自分の会社に合ったものでなければマイナスイメージとなってしまう場合も。そうならないためにも、どのようなノベルティがあるのか知っておきましょう。

ユニークでちょっと変わったノベルティいろいろ
あまりお目にかかれない高級志向のノベルティ

純金の名刺や金や銀を使ったノベルティがあります。宝石やパワーストーンを散りばめたボトルやミラー、コンパクトなども。高級化のある商品は華やかでインパクトがあります。一目みれば忘れないでしょうし、強く印象を残すことができます。お金をかけていることから、利益を出している会社、というイメージを持たせることも可能です。

便利に使えるノベルティ

ペットボトルやビールが入るだけでなく、テーブルとしても使えるクーラーボックスや、ハサミや爪切り、カッターなどがオシャレに収納されているノベルティ、画面拭きがついている携帯ストラップなどがあります。記念品などとして人気のある腕時計なども、ソーラー電源で動く時計や、カラフルな色合いがかわいい時計などがあります。

見ただけでは何だか分からないノベルティ

スプレー缶のような消しゴム、折り畳み式になっている靴べら、リストバンド型のUSBメモリなどアイデア製品がいろいろあります。遊び心があるノベルティは、企業の懐の広さを感じさせます。

企業との関連性はないが面白いノベルティ

業種との関連性はなく、企業名をひねったもの、連想させるものをノベルティにするという方法もあります。柔軟性のある企業、という印象が残ります。

どこで製作してくれる?

ユニークで創造性のあるノベルティを専門に取り扱っている業者があります。既製品ではなく、企画・発案から一緒に考えてくれます。デザインも自由で世界に一つだけのノベルティを作れるのです。それも、ユニークなもの、オリジナリティ豊かな製品を生み出すアイデアを豊富に持ち、提案してくれます。

予算や納期を確認すること

オリジナルな商品やユニークなものを作るには、既製品のノベルティを作成するよりも費用がかかります。全てお任せするとどれくらいの費用がかかるのか、どのレベルまで依頼するとどれくらいかかるのか、など相談をしながら進めることができるかどうかなどを確認するといいでしょう。専門業者の中では中間業者を入れない、自社工場を持っているなどといった理由でコストを抑えて作ってくれる業者もあります。また、納期に関しても、期間段階から時間がかかる場合もあるので、余裕を持った製作をすることをお勧めします。


企業のイメージをアップさせるアイデア商品

どこでも見かけるノベルティではなく、ユニークでちょっと変わったノベルティは企業イメージをアップさせるものです。一目見ただけでは何か分からない、日常生活において便利に使えて見た目も面白い、高級で他ではあまり作られていない、など面白みのあるノベルティはさまざま。アイデア一つで、楽しいノベルティを作ることができます。そういった製品を作るには、企画段階から相談に乗ってくれるオリジナルノベルティを作っている業者に依頼することが必要です。通常ではネームやロゴを入れるだけ、規制のデザインから選ぶだけ、ということも多いので、オリジナル製品を作れる専門の業者に依頼することです。その際には、予算や納期についても確認し、相談にのってもらうといいでしょう。