Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

企業向けノベルティを考える際のポイント

企業向けノベルティの重要性

ノベルティは企業を印象づける重要なものです。企業のイメージをアップさせること、企業がどのような内容の仕事をしているかをアピールする、などといった重要な役割を持つのがノベルティです。そのため、宣伝効果の高いものを作る必要があります。さらに喜ばれるものであれば、さらによいでしょう。宣伝効果が高く、企業を印象づけるノベルティを作るには、どういったポイントがあるでしょうか?


企業の内容が分かりやすいノベルティ

企業を印象づけるには、一目見て何をしている会社か、ということが分かるという点もポイントです。ノベルティの考え方はさまざまですから、業務内容とは全く関係のない商品でインパクトをつける、という方法も一つです。ただし、企業の業務内容を知ってもらいたい、という場合には企業が何をしているのか分かりやすいノベルティにすることが大事でしょう。


便利であることも重要

企業の業務内容が分かりやすくても、ただの飾りでは興味を持ってもらえない、ということも考えられます。ノベルティの役割の一つは、常に目についていることで企業を印象づける、ということ。便利で実用的なものであれば、常に目のつく場所においてあるものです。日常生活の中で、便利に使えるものであることも大切。企業の印象も残り、便利に使えるものは受け取る側も喜んでくれるでしょう。


企業向けノベルティを作成する際のポイントとは?

企業を印象づけ、便利で喜んでもらえるノベルティを作るには、どういった点に注意して、どのようなものを製作すればよいのでしょうか?

ノベルティを作る際に注意したい点
ターゲットを決める

どのような人にも喜んでもらえる商品というのは難しいものです。ノベルティを作成する時の目的にもよりますが、ターゲットをある程度絞った方が、効果的なノベルティとなります。ターゲットによっては、置き時計など単価の高いものを作成した方が効果がある場合も。ノベルティとして人気のある腕時計にしても、男性の場合と女性の場合では、どういったものを作るかが異なります。

季節感を配慮する

ノベルティを配布する季節を考慮し、夏であれば紫外線防止グッズや汗ふきシート、冬であればカイロやネックウォーマー、などその季節に見合った商品にするとより喜ばれる可能性が高いです。

企業名などは目立たないように

企業の印象をつけることは大切ですが、ノベルティに企業名が大きく書かれていては使いにくくなってしまうことも。企業名はできるだけさりげなく、なおかつ目立つように入れるのがポイントです。

企業の業種別によるおススメノベルティ

企業の種類によってもオススメのノベルティは異なります。業種別によるおススメノベルティを紹介しましょう。

観光業界

観光業界は写真や情報など宣伝内容が多いです。スティック状のりやメモ帳などは、観光地や観光情報を掲載する面が広いので、おススメです。

医療業界

定番ですが医療スタッフがよく使用するボールペン、カルテホルダー、または携帯用歯ブラシなども喜ばれるでしょう。

飲食業

エコを考えた箸セット、ワイングラス、カロリーブックなどもオススメです。

ファッション業界

手鏡や折り畳み傘、エコバッグ、スカーフやストール、ネクタイピンなどさまざまなアイテムが考えられます。ポイントは持ち歩きたくなるくらいオシャレなことです。

IT業界

USBメモリー、スマホスタンド、パソコン掃除用具など普段便利に使えるものがおススメです。

製作業者選びのポイント

ノベルティを製作する業者が数多くあります。その中から、満足する業者を選ぶポイントの一つは、柔軟な対応ができるか、ということです。納期について早めることが可能か、発注数が増えた場合に対応可能か、ロゴの入れ方などオリジナリティはどこまで出せるか、その場合の料金はどうか、などこちらの要望にどの程度対応してくれるか、といった点を比較検討してみましょう。さらに、納品後、商品が壊れてしまったときの対応など、アフターケアにおいてもしっかりしていることが大事です。見積もりの提出の早さや、こちらの要望に対しての対応のスピードなども考慮し、作業がしやすい業者を選ぶことがポイントです。


喜んでもらえる企業向けノベルティを作るには?

企業を印象づけるには、日常において常に目につくもの、役に立つものがおススメです。便利なものとして使用してもらえる商品を作るといいでしょう。そのためには、ターゲットをある程度絞ることで、その対象に喜んでもらえるノベルティが作れるでしょう。そういったノベルティを製作するには、安く作ってくれる業者を選ぶことも重要ですが、業者の対応力が大事です。製作においてどれくらい柔軟な対応ができるか、アフターケアはしっかりしているか、誠実な対応をしてくれるか、といった点を含めて柔軟性のある業者に依頼することが、納得のできるノベルティ製作につながるでしょう。