Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティとは異なるプレミアムを成功させる方法

プレミアムの効果とは?

企業や企業の製品の宣伝のために、イベントなどで配布したり、商品を購入したりするともらえるノベルティ。それと似た使い方をするものにプレミアムがあります。プレミアムは景品という意味を持ち、製品を購入することでもらえるもの。全ての人がもらえないケースもあります。ノベルティよりもちょっと高価なもの、手に入らないもの、という印象もあるかと思います。ノベルティだけではなく、プレミアムを用意することはどのような効果が期待できるのでしょうか?


プレミアムによって企業イメージがアップする?

例えばシールを何枚集めて応募すればプレミアムがもらえる、という方法は、プレミアムを付けることで、それを手に入れるためには商品をたくさん購入することにつながり、結果商品はよく売れることになります。値引きをせずに販売できることで、ブランドのイメージを低下させることもありません。企業イメージを損なわず、プレミアムが成功すれば企業の業績も上がり、イメージアップにもつながります。ノベルティグッズの価値も上がるというものです。


プレミアムを成功させるコツ

プレミアムを付ければ、全ての商品が売れるというわけではありません。消費者が欲しいものを景品にしなければ、無理をして購入することはないでしょう。どういったものをプレミアムにすれば成功するのかは、ターゲットの検討や景品の内容をよく考えることが必要です。


プレミアムを使って業績をアップさせるコツ

どのような景品を用意すれば、商品の売れ行きが上がり、企業イメージもアップするのでしょうか?まずはプレミアムについて知識をつけることが重要です。

利益の上がるプレミアムの方法

プレミアムの方法としては、クローズド懸賞と言われる一般懸賞、共同懸賞、ベタ付けと言われる総付け景品があります。例えばクローズド懸賞と言われる方法としては、「商品に付いているシールを集めて応募すると景品がもらえる」という方法は、普段購入しているものを手に入れることで、さらに景品がもらえる、という意識から成功しやすいと言われています。一方で、条件がなくて誰でも応募でき、当たった人に景品はもらえるというオープン懸賞は成功しにくいと言われ、現在ではその方法を採る企業も減ってきています。どの方法を採るかによって、効果に違いが出てくることが多いです。

どのような景品が人気?

景品によっては商品の購入につながらないこともあります。景品に魅力がなければ、無理をして購入することもありません。現在ではどのような景品は人気なのでしょうか?

プリペイドカード

コンビニエンスストアなどで買い物ができるカードや図書カードなどのプリペイドカードはお得感が高く得られるようです。

キッチン用品

コーヒーメーカーやホームベーカリー、炊飯器や調理鍋などのキッチン用品も人気。買い物をする主婦層をターゲットにすると、プレミアムも成功しやすいという現れでしょう。

健康・美容器具

美顔器やマッサージチェア、頭皮マッサージ機、空気清浄器なども消費者にとって景品として魅力的に映るもの。自分で買うにはちょっと高額だし、でもあればいいと思っている商品が人気のようです。

詰め合わせ

お取り寄せブームが流行っている現在、お菓子をはじめ食品の詰め合わせなどは景品としてもらえるのはうれしいものです。

現金

どのような場合にも役に立つ現金も景品としては魅力的です。

時代にマッチした景品とは?

スマホを利用する人が増えていることで、デジタルな景品も人気を集めています。商品を購入すると無料でLINEのスタンプがダウンロードできる、というものや各種アプリ、着信メロディ、待ち受け画面、電子ブック、グリーティングカード、音楽などがあります。パソコン向けでは壁紙、スクリーンセーバー、ゲームなども人気。提示された金額の音楽をどれでもダウンロードできたり、有名なスポーツ選手の画像の待ち受け画面をダウンロードできたり、とうプレミアムも人気です。


普段の生活で使えるものが人気

魅力的なプレミアムというのは、普段の生活に使えるもの、それを使うことで生活しやすくなったり、便利になったりする、ということが分かりやすいものが人気のようです。現代ではスマホ関連やパソコン関連のデジタルプレミアムも人気。デジタルのプレミアムは、従来の景品よりもコストをかけずに用意することができるというのも、企業にとってはメリットです。また、あれば便利だなと思っても、自分で購入するのは高いからちょっと考えてしまうもの、といった景品も魅力的のようです。一般的に魅力的な景品と考えられるものは多くの企業が取り入れていくものです。そうなると今度は新鮮味がなくなってきます。消費者にとっては新鮮なものの方が魅力的に感じることも多いもの。景品を考える際には、他の企業との差別化を図るものを発案することが、今後は必要になってくるのではないでしょうか。