Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティの金額はどのくらい?お金をかけてもいいの?

 販促と予算の壁

現代の商品の売れ行きは、商品そのものの品質なども重要です。
その半面、どのような宣伝戦略を描くかも重要なポイントになります。

そこで新商品やサービスを販売するにあたって、いろいろな宣伝活動を展開します。少しでも多くのお客さんに対して、商品が新発売されることを知ってもらうためです。

良い商品でも、世間に認知されていないのであれば意味がないからです。

宣伝戦略には、さまざまな手法があります。
その中の一つに、「ノベルティグッズを提供する」方法があります。

何らかのアイテムに自社商品のロゴや名前を入れて、顧客などに配布する戦略です。

ノベルティを配布するにあたって、金額をどの程度に設定すべきかという問題が出てきます。
手広く販促をするためには、それなりにお金をかけないといけません。

しかし、会社にも経済的な事情があります。
限られた予算の中で、宣伝していかないといけません。

そんな状況で、販促グッズにどの程度の金額を書ければいいのか迷ってしまう場合があります。


多少お金をかけても効果は十分

結論、販促グッズの場合は多少お金をかけても十分その宣伝効果が期待できます。

宣伝費が予算の都合上、あらかじめ決められている場合ほかの宣伝費を少し削ってでも販促グッズの方に必要な分のお金を回してもいいでしょう。


費用対効果の結果が出やすい

どの程度の費用をかけるかに関して、コスパ(コストパフォーマンス)が重要です。
かけた費用に見合った効果が出ているかどうかという点です。

実は宣伝の費用対効果は推測しにくい傾向があります。
たとえば、テレビコマーシャルを使った宣伝はどの企業でも行っています。
コマーシャルを流して、それが売り上げにどうつながっているか判断するのは難しいです。視聴率が一つの物差しにはなります。

コマーシャルを見たということと販促効果につながっているかの相関性は不透明な所もあります。

一昔前まで「トイレタイム」といわれていたコマーシャルの時間です。

視聴率がそれなりにある番組でも「コマーシャルの時には見ていない」ほかの番組を見ている可能性もあり得ます。

一方で販促グッズの場合、エリアマーケティングのような細かなケアをしながら宣伝ができます。
その意味では「コスパ」がわかりやすく、かつ効率よく宣伝効果を引き出せる可能性も高いわけです。


販促グッズの宣伝効果の魅力

配布対象を限定する

先ほど紹介したテレビコマーシャルの場合、不特定多数に宣伝を出さないといけません。
つまり、本来商品のターゲットではない層に対しても、宣伝をしないといけなくなります。

これはある意味、広告費の無駄遣いになりかねません。

しかし、販促グッズの場合、配布する対象を限定することが可能です。
たとえば配布する地域を限定することも可能なので、エリアマーケティングなどもできます。

街なかで販促グッズの配布をしている光景を見たことはありませんか?
この時渡す人ともらう人は、直接のやり取りができます。

コマーシャルのように一方向ではなく、双方向のコミュニケーションが図れるのです。相手のリアクションを目にすることで、宣伝効果なども推測できるわけです。

配り方の工夫で販促効果の分散を防げる

最近になって、個人の趣味・嗜好がだいぶ多様化していると指摘されています。このため、販促を広く浅く行ってしまうとせっかくの効果も分散してしまう可能性があります。

販促グッズを使った宣伝の場合、配り方を工夫することで自分たちの商品を使ってもらいたいターゲットになるべくピンポイントで配布ができます。

 

年代や性別はもちろんのこと、配布する時間帯などを工夫すれば、より効率的な宣伝もできるわけです。

細かなマーケティングが可能

テレビコマーシャルの場合、キー局の番組であれば一気に情報を日本全国に流せます。
その結果、短時間に不特定多数の人に自分たちの提供する商品のことを知ってもらえます。

販促グッズの場合、確かに短期間の宣伝効果は限定的です。
コマーシャルと違い、細かなエリアマーケティングができるというメリットもあります。

ていねいに販促グッズの配布を行っていけば、効率性の高い宣伝効果も十分に期待できるわけです。


販促グッズに予算をかけるべき

宣伝には、販促グッズ以外の宣伝戦略にもお金をかける必要はあります。

しかし、これまで紹介したように、販促グッズのプロモーションも丁寧に行えば効率性の高い効果が期待できる事はご理解頂けたと思います。

時計のような実用性の高いグッズを渡せば、常に使ってくれるので商品の存在を渡した人に認知してもらいやすいです。

グッズにかかる費用は、商品によってさまざまです。
時計の場合も、安いものであれば数百円くらいで作れるものもありますし、高いものだと数万円単位になります。

配るターゲットや量を考えて、なるべくお金をかけてみるのはいかがでしょうか?