Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

東京には多種多様!ノベルティ業者はどう選ぶ?

会社の選び方がわからない

会社にとって、商品やサービスの宣伝をすることはとても重要なことです。せっかく品質のいいものを提供していても、その存在が人々に知られていないのであれば意味がないからです。そこでどのような宣伝をすれば、より多くの人に商品のことを知ってもらえるか、会社は頭をひねるわけです。

宣伝戦略の中でも、ノベルティグッズを作って配るというのは効果的です。購買層にターゲットを絞って配布すれば、高いコスパも十分期待できるからです。東京を見てみると、ノベルティグッズや販促グッズの製造をしている業者は無数にあります。この中から具体的にどの業者にお願いするかは慎重にならないといけません。

「お願いしたところ、期待した仕上がりではなかった」とか「不良品があった」といったトラブルもしばしば耳にします。いろいろな角度から見て、どの業者にお願いするのがベストの判断なのかを考える必要があります。


価格だけで判断すべきではない

販促グッズを製造する業者を選ぶときに、価格だけで比較する人もいるようです。宣伝費は、結構大きな出費になるのでなるべく予算をかけないようにしたいという思いが強いと価格だけを重視してしまいがちです。

価格は抑えられても、出来上がったものが粗悪品だった、納期に遅れが出てイベントなどに悪影響が出たとなれば本末転倒です。価格ももちろん重要なことは否定しませんが、そのほかにポイントにもしっかりと目を向けて結局どこにお願いするのがいいかを考えることです。


安かろう悪かろう

安かろう悪かろうという言葉を聞いたことはありませんか?安いコストで商品製造をお願いしてしまうと、どうしても品質に問題が出やすくなります。コストを低く抑えられても、見た目にもチープな印象のある販促品であれば、もらった人には逆にマイナスの印象を持たれかねません。ではどのような所に注意して業者選びをすべきかですが、以下のようなポイントに着目してみるといいでしょう。


会社選びのポイント

 

city-100959_640

企画提案力を見る

中には既製品ではなく、オリジナルグッズを使って販促品を作ろうと思っている人もいるでしょう。その場合には、企画に段階から綿密に打ち合わせをしてくれる業者を探すことです。実績な豊富な会社であれば、いろいろなノウハウを持っているはずです。このため、どのような要望を出してもプロの目から見た的確な提案をしてくれるはずです。

また販促品を渡すターゲットの客層を想定して、どのような効果を狙っているのかといった全体的な戦略を練ることのできるような業者にお願いしたいところです。

納期や料金の提示

どのような販促品を制作するかによって、納期も予算も変わってきます。いくらいい商品であったとしても先ほど紹介したように、こちらの想定した納期までに間に合わなかったでは意味がありません。その他にも見積もりを事前に出してもらったけれども、追加請求されるようなことがあれば、こちらの予算配分にも狂いの生じる可能性すら出てきてしまいます。

そこで業者を選ぶ場合には、製作スケジュールを具体的に提示してくれる業者、細かな見積書を出してくれる所を探すべきです。そしてこちらの質問に対して、的確にかつ丁寧に答えてくれるこちらが納得できる業者にお願いしたいところです。

品質の問題は重要

販促品を手にしたお客さんは、意外とこまごまとしたところまでチェックしていることも珍しくありません。加工がきちんとしているか、プリントにかすれやにじみがないかといったところまで見ている人も結構多いです。せっかく販促品を渡しても、肝心のお客さんが満足してくれなければ宣伝は失敗に終わってしまいます。

そこで業者を選ぶときには、やはり品質も判断材料に入れておくべきです。できることなら、実際に製作に取り掛かってもらう前にサンプル品を提示してくれる所の方がありがたいです。サンプル品を見れば、製品のレベルが具体的にイメージできます。加工やプリント技術力の高い会社を選ぶようにしてください。

小ロットの発注に対応できる

業者の中には、小ロットの発注には対応できないという所もあります。しかし販促品を提供するときに、小ロットでないとせっかく販促しても無駄になってしまうとか、こちらの設定している予算をオーバーしてしまうという事態もあります。業者の中には、皆さんの要望に応じて、柔軟に対応してくれる業者もありますので相談してみることです。


納得できる業者に依頼

価格だけでなく、提案力や技術力、納期に間に合わせる誠実さなどトータルで見て任せられる業者を見つけることが大事です。

販促品はただ渡せばいいものではなく、渡したお客さんが満足してくれなければ意味がありません。「いらないものを渡された」と相手が感じれば、全くの逆宣伝効果になってしまいます。徹底して業者と話し合って、ここなら任せられると納得できる東京の業者にお願いすることが大事です。