Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

実用的で人気!ノベルティに時計を活用しよう

販促で宣伝してみる

商品やサービスを提供する企業がその商品をアピールするために、いろいろな方法を活用します。もし商品が良くて持ち目処が立たなければ、なかなか売り上げにつながっていきません。こちらが待っていても、お客さんが寄ってくることはまずありません。

宣伝の手法にはいくつかありますが、その中でも販促する手法があります。

路上でもイベントなどで配布してもいいですが、有益なものであれば宣伝効果は高いです。配布するターゲットを想定している顧客層に集中すれば、コマーシャルなどと比較して効率的な宣伝をすることも可能です。そこで問題になってくるのは、具体的にどの品物を使って販促をするかということです。


実用的なものを

販促する時に、人の印象に残りやすいものをチョイスすべきです。常に販促品を目にできるようにすれば、商品なりサービスなりを記憶の中に残りやすくなります。

そのためには実用的な商品を選ぶように心がけましょう。実用的なものであれば、使う頻度も多くなります。

その販促品に商品名や会社の名前を入れておけば、使うたびに目に入るので印象に残りやすくなります。また実用的なものであれば、大半の人がありがたいと感じるはずです。そのため、会社や商品のイメージもポジティブになって、販促効果がより高くなります。


おすすめのグッズ

オリジナリティのノベルティグッズを配布したいと思うのであれば、時計も候補の中に入れるべきです。やはりどのような生活をしていても、1日に中で何度か時間が気になるはずです。

また男性女性関係なく、あって困るものでもありません。ですからもらったら長いこと使ってもらえる可能性は高いですし、その分商品やサービスの名前を配布した人が記憶してくれやすいです。あると便利ですが、中にはわざわざ自分で購入するのは面倒という人も多いです。

そのような時に無料で配布してくれると助かります。


いろいろな種類の中から選ぶ

wristwatch-407096_640

盤面の確認

時計をノベルティグッズにする場合には、いろいろなポイントを比較して決める必要があります。販促するにあたって、やはりコストのことを意識する必要があります。大量に配布することを想定しているのであれば、一つ当たりのコストを安くする必要があります。

そのためにはまず盤面をどうするかを検討する必要があります。一般的に盤面はアナログとデジタルの2種類があります。デジタルの方が大量生産に適していて、かつ一つ当たりのコストも安くなります。大量配布を検討しているのであれば、デジタル盤面をチョイスした方が良いでしょう。

ベルトの選び方

ベルトの素材によって、コストも変わってきます。もし安くあげたいと思っているのであれば、シリコンのベルトを活用してみると良いでしょう。シリコンであればコストが安いです。しかもシリコンの場合、カラーバリエーションも豊富です。

このため、いろいろな商品を用意して、お客さんの好きなものを選んでもらうという方法も活用できます。これならお客さんの反応もいいはずです。カラーを少し珍しい色にすることで、シンプルな盤面でもアクセントをつけて面白い仕上がりにできます。

デジタル電波機能の導入

最近販売されている種類の中には、デジタル電波機能の付いた機種もあります。機構はデジタルになっていて、時間合わせは電波を使用するスタイルです。正しい時刻を常に調整できるので、正確な時刻を知りたいという人には重宝します。手動で合わせる必要もないので、利便性も高いです。

しかもつくりも比較的しっかりとしたものが多いです。高級感を出してアピールしたいと思っているのであれば、デジタル電波機能のついているものを導入するのも一つの方法です。

ブランド品を使う

予算の関係もあるので、常におすすめとは言えませんが高級ブランド品を活用してみる方法もあります。誰もが知っている世界的に有名なメーカーのブランドを販促品として活用する方法もあります。この方法は、不特定多数に配布するスタイルには向いていません。

キャンペーンなどの景品として、限られた人に配布するのであれば有効です。高級ブランド品がプレゼントとなると、多くの人の関心を引きますし集客効果が期待できます。

商品だけでなく、会社全体のブランドイメージをアップする効果も期待できます。


自分たちの宣伝戦略に見合うものを

上で紹介した商品は、ごく一部の種類にすぎず、まだほかにもいろいろな種類があります。そこでどの商品を販促品として活用するかをじっくりと考えてください。

そのためには、会社としてどのような層を顧客としてターゲットにしているのかを明確にすることです。その層が使いやすい、もらってありがたいと感じられるような種類を選ぶことが重要です。

もし定期的に販促活動をする場合には、その都度に商品を変えることで顧客満足度をさらにアップさせる方法も活用できます。