Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

限られた時間でノベルティ作り…そんなときには通販活用

販促活動は重要

新商品やサービスを提供するにあたって重要なのは、いかに消費者に対してアピールできるかという点です。いかに宣伝をして、消費者に知られるかが売れ行きを決める重要な要素の一つになります。このため、ある程度の規模の会社になると広告や宣伝の部署を独立しているわけです。宣伝や広告の方法にはいろいろありますが、

その中の一つに販促品を活用する手法があります。

コマーシャルのように広範囲にわたって一気に宣伝効果をするのは難しいです。しかし販促品を渡す時に特定のターゲットに絞り込んでおけば、効率的に商品のPRをすることも可能です。販促品を使った宣伝活動も検討すべきです。しかし他の業務もあるので、なかなか宣伝のために時間を費やすことができないという人もいるでしょう。


通販のサービス

現在ノベルティグッズを取り扱っている所の中には、通販サービスで提供している所もあります。通販サービスであれば、限られた時間の中でもしっかりと販促品の話し合いができます。なかなか宣伝のために時間を掛けられないというのであれば、利用を検討してみる価値はあるはずです。


ネット上で打ち合わせできる

オリジナルグッズを使って販促する場合、どのような商品でどんな感じのデザインでPRしたいかということを先方と打ち合わせしないといけません。例えばな入れをする場合でも、どれくらいのフォントでどのカラーを使って入れるかということも話し合わないといけません。

またロゴやイメージマークなどを入れる場合、どのようなデザインなのかということを情報共有しないといけません。通常であればどこかで担当者とあって、何度も打ち合わせをしていかないといけません。しかしネット上でメールのやり取りなどを使って打ち合わせできます。

このため、いちいち会社を出ることなくコミュニケーションができるわけです。しかもメールなどでやり取りするのであれば、自分の好きなタイミングでチェックできるので他の業務も並行しないといけない人でもほかの業務に支障をきたすことがないわけです。


office-620822_640

依頼の流れ

見積もりを取る

まずオリジナルノベルティを依頼する場合には、担当者と打ち合わせをする必要があります。その中でどのような販促品を使うのか、名入れをする場合にはどのような感じのデザインを入れるかということを伝えないといけません。何度かやり取りをする中で、具体的なイメージを決めていきます。もし相手の持ってきたイメージに納得できた場合には見積もりをお願いします。

見積書を見て、こちらが想定している予算に見合うかどうかを確認してください。見積書の価格だけをチェックするのではなく、細かな内訳も確認することです。そしてもし納得できないところ、わからない所があれば、担当者にしっかりと確認することです。見積もりに関してもメールやファックスで対応している所が多いので、わざわざ相手の事務所に行く必要もありません。

データ入稿する

ロゴやマークなどを販促品に入れてもらいたいと思っているのであれば、データ入稿を活用します。パソコンでマークやロゴのイメージを作成して、メールに添付する形で相手に送るのが一般的です。データ入稿する場合には、条件を確認することです。

中には画像形式のものは対応できないと言う所もあります。相手の指定する条件で作成しないと、差し戻しになってしまって余計に時間を食ってしまう可能性もあります。また印刷方法によっては、境界部分などに多少の誤差の生じる可能性もあることを頭の中に入れておきましょう。

校正する

もし相手の作成したデザインに関して、納得できない所があれば校正を求めることも可能です。校正に関しても、ファックスやメールで対応している所が多いので、余計な手間をかける必要もありません。せっかく販促品をオリジナルで作るのであれば、自分たちのイメージ通りのものを作ることです。安易に妥協して、結果思ったような宣伝効果があげられないのであれば意味がありません。

制作の依頼

相手の作ったデザインに納得いったのであれば、正式に依頼という形になります。たいていの業者で依頼をした時から速やかに製造工程に移ります。

このため、短期間で製作してくれる所が多いです。

業者によって違いがありますが、依頼してから1週間から10日程度といったところが相場のようです。早い所だと依頼してから3~4日後には商品が届くところもあります。


メールとファックスだけでOK

このようにメールやファックスだけを使って依頼ができるので、いちいちどこかに外出して打ち合わせをする必要がありません。ですから他の仕事をしながら販促品制作をお願いすることも可能なわけです。

ただし、メールやファックスを使ったコミュニケーションとなるので、誤解や行き違いが起こりやすいということも頭の中に入れておく必要があります何度もやり取りをして、相手と情報の共有のできるように努めることが求められます。