Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティとプレミアムのわずかな違い

混同されがちで境界線があいまい

一般的に。販促品やノベルティと呼ばれるものは多く出回っており、その企業そのものや企業が提供する商品・サービスなどをアピールするためのツールとしてよく利用されるものです。ちょっとした小物や消耗品、また日用雑貨からビジネス仕様のものなど、品物の種類は非常に幅広く、逆に言えばどのようなものでも販促品として利用することができます。

一方で、景品と呼ばれる品物も合わせて語られることが多いものです。

この景品と販促品には微妙に違いがあり、最終目的は同じように企業や商品などのアピールにつながるものであっても、その出どころが異なるためにときに区別して語られることがあるのです。

例えば企業が開催したイベントのゲームでもらえるもの、また商品を購入した際についでについてくるものを景品という位置づけにすることが多く、それはプレミアムとも言われます。販促品と景品の違いを考えたときに、そのアプローチの違いを見ることができます。

自社の商品そのもの以外につける付加価値としての品物をどのように使うかで、販促品として見るか景品として見るかが変わってくるでしょう。しかし、実際に取り扱う品物に関しては同様のものにたどりつくことも多いため、これらの境界線はそう明確にされないこともあります。


 両者の違いとは

一般的に販促品と言われるものは、街頭で配られるちょっとした雑貨や、取引先などの企業に配布する日用品・文房具などの品物に自社の名前を入れてアピールするものという位置づけです。自社名をアピールすることを目的とする場合は、自社商品などとは直接関係ないものでも普段使いができる品物に名前を入れることもありますし、単純に自社商品の試供品のような形で不特定多数に配布する品物についても販促品と考えてよいでしょう。

peas-580333_640

とにかく自社名を広く知らしめるために利用するのが販促品です。

一方、景品と言われるものは、例えば自社で企画・開催するイベントにおいてゲームや抽選などを行う場合、勝ち進んだ方や当選した方に対して贈られる品物という位置ということができます。この視点で見るならまさにそれは景品であり、何らかの対価としてついてくるという意味合いが強くなります。また、自社が提供する商品を購入した方に対して付属するおまけ、また商品を購入したことで応募できるプレゼントサービスに利用する品物も景品に分類されるものとなります。

いずれにしても、自社の商品やサービスを知らしめるもの、また付加価値をつけるものとして用いられますが、そのアプローチの方法に違いがあると見ることができるでしょう。細かな違いではありますが、どのようにして自社のイメージを広めるかという方法次第で販促品とするのか景品とするのかが分かれてきます。


それぞれがもたらす効果

販促品として自社の名前を入れた品物を配布する場合と、何らかの商品やサービス、またイベントなどで贈呈される付加価値としての品物という利用をする場合では、最終的な着地点は同じようなところになることも多いですが、アプローチの違いによって効果も若干異なってくることがあります。どのような方法で自社のイメージを広めるか、それぞれの戦略や方針に合った方法を見いだすことで、どの方向から品物を利用するかが決まるのです。

販促品

不特定多数にもたくさん配布できるような品物に自社の名前を入れて手に取ってもらうことで、まずは自社の名前を知ってもらうことが目的となります。特に日常生活で毎日使うような身近なもの、またビジネスでは不可欠な文房具などいつも携帯しているものに自社名を入れておくことで、知らずその名前を覚えてもらうことができるわけです。

品物自体は企業が提供する商品と直結するようなものである必要はなく、とにかくいつも身近に置くことで名前を広めることができれば成功といえるでしょう。取引先や顧客が何らかのときに自社と同様の商品やサービスを利用したいと思ったときに。真っ先に思い出してもらえることにもなります。

景品

自社が販売する商品におまけのような形で他の品物をつけることや、また自社企画のイベント、またはプレゼントキャンペーンなどで価値の高い品物を贈呈する場合も、企業を知らしめるチャンスとなります。この場合は、ある程度自社名が知れわたった状態で、よりプラスになるイメージや良質なイメージ、またサービス精神のベクトルなどを図ることができるものとして景品の選び方は重要です。

付加価値として、企業の商品やサービスを利用したときにもらえるものという位置づけが景品と考えるなら、その景品はより質のよいもの、センスのよいものといったことは必須の条件になります。ある商品を買うことで、またイベント参加やプレゼント応募などをしてでも手に入れたいと思わせることが結果的に販促にもつながるというわけです。


向いている品物

販促品や景品を選ぶ際には、それぞれのアプローチに適したものを選ぶことが大切です。配布の方法によってかかる経費にも気を遣いたいところですし、たくさん配るのか、またピンポイントで贈呈するのかによっても選ぶ品物の種類や質を変える必要があるでしょう。

販促品は気軽にたくさん配ることができるものを

とにかく自社の名前を覚えてもらうために広く配布するという目的の販促品を作ろうと思ったときは、比較的経費がかからずにたくさん作れる品物を選ぶのがよいでしょう。多くの取引先、また顧客の手元に常にある雑貨に絞るとさらにその目的を果たしやすくなります。

タオル
ボールペン
メモ帳・ふせん
キッチン・バス雑貨
その他便利グッズ

これらは、仕事や生活において何かしら使うものですし、あって困るものどころか消耗品のように使うこともあるものです。こうしたちょっとしたものなら、不特定多数にばらまくためにたくさん作ってもそう高価にはなりませんし、各種品物に名入れしてくれるサービスを行っている業者もたくさんあります。

景品はプレミアムな気分になれるものを

景品に関しては、その企業の商品を購入した特典、もしくはイベントやキャンペーンに参加した付加価値として贈られるものですから、よりお得感を得られるようなものを選ぶのがおすすめです。

普段は買わないもの、買いたいけれどなかなか手が出ないもの、そして自社のイメージをアップできるようなハイセンスなものという基準を定めると選びやすくなります。

手帳カバー・パスケースなどの革製品
高級筆記具
電子手帳
各種家電品
商品券・旅行券
食品などの詰め合わせ

主に多く用いられているものは以上のような品物ですが、選ぶ方のセンスによってさまざまな種類のものを景品にすることができるでしょう。景品にかけることができる予算とも相談しながら決めましょう。


全ては自社を印象づけるため

ただ単に品物を配って回るだけでは自社の懐が痛むだけです。販促品にしろ景品にしろ、これから先に自社の業績につながるというビジョンを見越して利用するべきものです。

そのためには、それぞれの目的に合わせてより自社に還元できるかというところまで見据えた品物選びを行うことをおすすめします。