Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

男性向けのノベルティの選び方とは

男性には好みにこだわりがある

一般的に販促品として配布されるノベルティは、さまざまな場面で用いられるものであり、その利用方法やターゲット、配布数などによって選ぶべき品物にも変化があります。不特定多数にばらまくもの、また一定のターゲットに絞って配布するもの、さらに販促品を作る企業やブランドが実際に販売している商品を購入した顧客に対して進呈されるものなど、方法1つ取ってもさまざまです。

その中で、特に男性を対象にした品物を選ぶ機会もあることでしょう。自社が打ち出す商品およびサービスが特に男性を意識したものであれば、その層にダイレクトに訴えかける販促品を有効に使うことは重要な条件となります。

とはいえ、男性とは年代を問わず自分が使うもの、また自分の持ち物として身近に置いておくものに関しては強いこだわりを持っているというイメージが強いものです。

男性は総じて、特に小物などに関してはいいものを持ちたいと考えていると言われます。それ以外の日用品や消耗品にはそう執着はないものの、長く使うものや仕事で使用するものに関しては、めったなものは持たないということです。

そのため、男性をターゲットにした販促品に小物類などを選ぶ場合は、多少なりともこだわりを持つことが勧められます。男性が小物に対して強いこだわりを持つ傾向にあることを念頭に置いて販促品を選ぶべきでしょう。


こだわりと好みの傾向

男性において自分が持つ小物に対してこだわりを持っていることは、イメージに限ったことではありません。実際に男性のこだわりをまとめたサイトや書物などには、腕時計や財布、キーケースなどを特集したものが多く見かけられます。

それだけ男性がそれらの小物に深い関心を持ち、またいいものを長く使いたいという傾向、また上質で高級なものを持っていることで自分自身もしくは周囲にもステータスとして表示するという発想があることがうかがえるというわです。

そのため、男性が実際に普段使いするものとは、雑貨の類なら高品質で長く使い続けられるものと言うことができます。質を決定づけるものとしてその素材に関するこだわりは特に強く、長く持ててしかもどんどん自分になじんでくる革製品は年代問わず人気があります。

デザインに関してもシンプルかつスタイリッシュなものが好まれ、ごちゃごちゃした装飾がついているものは総じて敬遠する方が多いようです。

逆に、日用雑貨や消耗品に関しては、使えればいいと考えている方も多いようで、またそれらの物には逆にお金をかけない傾向もあることから、無料でもらえるなら嬉しいものでしょう。

男性は日用品に関して自分で買うのが面倒だと思う節もあり、生活の上でどんどんなくなっていくものなどに関してはなかなか購入しづらい面もあるようです。そのため、そうした品物を販促品として渡せば喜んで使用してもらえるでしょう。


生活スタイルから見る

例えば、バリバリ働くビジネスマンなら、仕事に使用する小物は非常に力を入れてそろえるのが男性の傾向といえます。その仕事を一生のものとして向上していく意識が強い男性なら、そこを勝負の場ととらえ、長く使えて機能性が高いもの、またシンプルで飽きのこないデザインという点がビジネスアイテムの基本中の基本となります。

ビジネスマンをターゲットにした販促品では、こうしたビジネスシーンに使えるものに人気が集中します。文具もそうですし、服飾雑貨もしかりです。仕事に使用するもので質の高い小物であれば、男性向け販促品としても喜ばれるでしょう。

また、プライベートの生活スタイルとして、わかる範囲としては一人暮らしか妻帯者か、もしくは子供も含めたファミリーで暮らしているかという要素があります。こうしたスタイルの違いでも実際の生活で必要とされるものは異なるでしょう。

前述のように、日用雑貨や消耗品に関してはもともとそろえるのを面倒がる男性が多いわけですから、一人暮らしの男性には非常にたすかるものとなります。しかし、もしも奥様がおられるならそうした面は任せられるため、逆にもらっても困るものとなるのです。

企業がリターゲットとすべき層が男性である場合、こうした生活スタイルなどを考慮した上で販促品を決めていくのもポイントの1つでしょう。


男性向けとして選ばれるもの

特に男性を対象として作る販促品を考えるなら、いくつかの代表的なものを挙げることができます。前述のとおり男性のこだわりや好み、そして生活スタイルなど、ターゲットとすべき男性の層によってどのようなものをよく使ってもらえるかを見極めることが求められます。

man-626666_640

ビジネスマンに

バリバリと働くビジネスマンには、特に仕事の際に駆使できるものが好まれます。さらに、自分で買うと高価なものが販促品として手に入ると、お得感もひとしおです。

革製パスケース・財布・手帳カバーなど

毎日の通勤の際には必需品であるパスケース、また仕事中や飲み会などの際に出す財布などは、特に使い勝手や質の良さはもちろん、その方のセンスも多分に問われるところです。また、スケジュールの確認に欠かせない手帳も重厚感あるものを使いたいと思うものです。

腕時計

特に男性がこだわりたいと思うのが腕時計です。もちろん安っぽい見た目では橋にも棒にも引っかかりませんが、スタイリッシュで重みのあるデザインのものなら普段から使って多少傷がついてもいいものとしてヘビーローテーションできそうです。

高級ボールペン

高級な筆記具は、いつかは持ちたいと考えている方も多いでしょう。書き味だけではなく、仕事ができるスタイリッシュなビジネスマンという印象を与えることもできます。

プライベートに

仕事中だけではなく、プライベートのオフの際にも使えるものは便利で使い勝手のよいものが喜ばれます。

ペットボトルホルダー

男性はプライベートであまり大きなバッグを持たない方が多くおられます。そのため、ペットボトルをバッグに入れるのも難しいのですが、やはり持ち歩きはしたいというときにこうした雑貨が役に立ちます。

カー用品

ハンドルカバーやシェードなど、ちょっとしたカー用品は、自分で買う機会を何かと逃してしまいがちです。こうした便利なグッズももらえると嬉しいものでしょう。

スマートフォンホルダー

部屋にいるときもスマートフォンの画面を見ることができて、さらにスタイリッシュに置いておけるタイプのシンプルなものに人気が集まっています。

制汗シート

どんなときにも、身だしなみには気をつけたいものです。こうした消耗品は男性にとっては意外と買わないものでもあります。販促品でもらえれば便利でスッキリできます。

デザインにこだわる

男性が特に好むものは、機能性が高くスタイリッシュなデザインが採用されていることが多くあります。

コンパクトに使える電気スタンドや収納性の高いポーチ、鍵をまとめてポケットに入れられるキーケースなど、派手でなく大きくもなく、スマートに収まるものが好まれます。

安っぽさのないものを

男性は自分の持ち物に高級感を求める傾向があります。

販促品としてただでもらったとしても、それが安っぽく見えるものなら全くお得感を感じずにそのまま処分してしまうこともあるでしょう。革製品に代表されるように、質やデザインにとおいて高級感を持ったものがおすすめです。


いくつかのポイントを押さえる

男性を対象としたノベルティは、特に持ち物にこだわりを持つ層をターゲットにするだけに喜んでもらうものを選ぶのは難しくもあります。ただし、いくつかのポイントを押さえればOKという一面もあるわけです。長く使える上質なもの、また普段買わない日用品といった視点で選ぶとターゲットにはまる率は高くなります。