Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

ノベルティを作成するために考えること

自社のアピールに大活躍

自社が自信を持って打ち出す商品やサービスなど、少しでも多くの方に知ってもらうための宣伝活動の一環として、オリジナルのノベルティを作成して配布する方法もよく用いられます。こうした販促品は、自社の商品とは別に作って配るものです。品物に企業や商品の名前を入れてとにかく名前を印象づけたり、品物によって自社のイメージをわかりやすく伝えたりなど、そのアプローチにもいろいろあります。

広告宣伝の方法にもさまざまにありますが、新聞や雑誌、チラシやインターネットなどでアピールするほかに、実際に使える品物を媒体とする


販促品を使う方法

不特定多数の方や顧客などに販促品を配布する方法にはいくつかあります。また、その方法によって選ぶべき品物の選び方も変わってくるでしょう。広告宣伝費からいくら捻出するかといったやりくりに関係する部分もあり、その品物の単価も考えるべきところでしょう。さらに、たくさん作って広く配るか、一定数の顧客に向けて配るかという点も考えどころです。

主な配布方法には以下のようなものがあります。

startup-593341_640

街頭で配布

よく街中などで、キャンペーンスタッフの方が道行く方に品物を配布している光景を見かけます。これは、不特定多数の方にたくさん配る目的で販促品を作り、とにかく広くアピールするために行われている方法です。

イベントで配布

企業が主催もしくはスポンサーとなっている各種イベントにおいて、参加者に向けて配布されるものです。イベントならある程度参加者の数は把握できますし、イベント参加者はその企業についてある程度知っているとも考えられますから、新商品の試供品などが配られることもあります。

取引先に配る

自社と取引をお願いしたい企業に対し、自社の商品や企業名をアピールするために配布することもあります。さらに事業を拡大するためなどに活躍し、何かの用命を受ける際にもその販促品が手元にあれば連絡してもらいやすくなります。


配布するターゲットを絞る

販促品を作成するに当たっては、どの品物を利用するかをまず決定するところから始まります。このとき、ただ販促担当者から見てよさそうなものを選ぶだけでは不十分です。自社の商品やサービスをどういった方々に知ってもらいたいかを考えたとき、そのターゲット層を的確に見据えてそのニーズに応えられるような品物に白羽の矢を立てるべきなのです。

販促品として使われるものが、日常的に用いられる事務用品や日用品、便利グッズである理由は、それらの品物を使い続けてもらうことで自社の名前やイメージをより深く刻んでもらうためです。つまり、使ってもらえないものだと販促の意味をなさなくなるということです。

逆に、販促品はとても便利で素敵だったけれども、実際その企業が売り出す商品は特に必要ないものだったというパターンも考えられるでしょう。その場合も同じく販促としての効果はあまり反映されないものとなります。

自社が打ち出す実際の商品を誰に使ってもらいたいか、そして販促品のターゲットをどこにするかは一致している必要があるということです。

こうした分析は、販促担当のセンスだけではフォローしきれない面があります。ニーズにおいての統計など理論的な面からの検討を行えば、さらにターゲットをしぼりやすくなるでしょう。販促品を作る前にはいろいろと考察することが必要なのです。


主に使われるもの

販促品には、特によく使われるものや定番のもの、またあってよかったと思える便利グッズなどさまざまなものがあります。主に用いられているものとはどういったものでしょうか?

定番

販促品といえばこれ、といった定番の品物は存在します。それは、どのような目的にも使いやすく名入れを行う際にも簡単であるといった点から広く用いられているためです。

タオル
ボールペン
クリアファイル
時計

以上のものは、販促品としてよく見られるものです。

人気

販促品として人気があるものとは、やはりよく使う消耗品やあると助かる日用品などです。かわいいものやスタイリッシュなものなどデザイン性にもこだわればさらに好印象です。

エコバッグ
ふせん
ノート・メモ帳
タンブラー

いつも使うけれど自分で買うのは面倒という方にも好評のアイテムです。

便利

自分ではなかなか買おうという気が起きなかったものの、もらうと便利で嬉しいというのが便利グッズです。あると助かるアイテムとして販促品によく用いられます。

タッチペン
小物入れ
ライト付きキーホルダー
スマホクリーナー

品物としては安価ですが、使うと少し快適になるアイテムです。

季節もの

夏の暑い時期、また冬の寒い時期にあるとつい使ってしまうアイテムも、その季節にたくさん使ってもらえます。ピンポイントになりますが、気遣いという面でもイメージアップできます。

カイロ入れ
湯たんぽ
ミニ扇風機
アイスパック

街中で暑い・寒いと感じているときにちょうどもらえると、その場で使ってしまいたくなります。


アイデア次第でいろいろ作れる

販促品に利用する品物は、これらのほかにもたくさん種類があり、取り扱っているショップでも選ぶのに迷ってしまうほどたくさんの種類があります。

ノベルティとして作るときに、自社の名前やブランド名などを品物に入れられる名入れサービスもたいてい受けてくれるショップが多く、自社だけのオリジナルグッズとして配布することができます。