Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

3000円で高級感があるノベルティを製作するコツ

ノベルティの価格はさまざま

時計やクリスタルなど高級品を多くの人にノベルティとして配布すれば、たくさんの人が喜んでくれるかもしれません。企業のイメージもアップするでしょう。

しかし、ノベルティを製作するにあたっては多くの企業に予算があり、その予算に見合ったものを製作しなければなりません。もちろん、高級であればいいというわけではなく、ノベルティは販促の目的によっても変わってきます。

少しでも多くの人に配布したいと思えば、単価が安いものを大量に仕入れることになります。その単価によって、配布するものが変わってきます。


コンセプトによる価格の違い

ノベルティグッズを決める際に重要なのはコンセプトです。

どのような目的で利用するものか、対象者はだれか、配布することによってどのような効果を期待するのか、といったことを明確にして、それに合ったものを選ぶことが重要

誰彼かまわず配布するのではなく、次の販売につなげたい、企業の製品をきちんと紹介したい、大事な人に配布したい、という場合はノベルティの価格も高いものになるでしょう。


3000円でも業者によって大きな違いがでてきます

たくさんの人に配布するボールペンや付箋などの単価は、50~100円という低価格なものです。一方で高級腕時計や置時計などは10000円以上するものもあります。

そこまで高価なものは作れない、という場合は1000~3000円程度のものであれば、しっかりした、少し高価なものが作れるでしょう。しかし、ノベルティの単価は業者によって大きな違いが出てくるものです。

作る製品によっても異なるので、業者選びは慎重にしましょう。


3000円で高級感のあるノベルティを作るポイント

candles-472379_640

3000円あれば高級感のあるノベルティが作れる

企業において高級時計など高価なノベルティを製作することがあります。その目的としては、記念品として高価なものを作っておきたい、大事な人に受け取ってもらいたい、といった理由があります。

高級なノベルティを配布することで、企業のイメージアップにもなりますし、安定した企業であることを示すことになり、信頼度を高められるというメリットもあります。

しかし、単価が10000円以上もするものを作る予算がない、という場合もあります。そのようなときには3000円程度のものを選ぶのもお勧めです。

3000円程度の単価であれば、高級感のあるものを作ることも可能です。

3000円でできるノベルティグッズ5選

3000円でできるものには、さまざまなものがあります。中でもお勧めのグッズを紹介しましょう。

ボールペン&シャープペンセット

単価が50円のボールペンもありますが、ボールペンといってもプラチナやシルバーなどの高級素材を使ったものです。高級感のある和風のイラストなどをあしらえば、より高価なものに見えますよ。

置時計

クリスタルの置時計や金箔をあしらった置時計なら、高級感あふれるノベルティグッズになります。

カーフ革製小銭入れ

革製品は単価が高いと思われがちですが、面積が小さいものなどは比較的リーズナブルなコストで作ることができます。小銭入れやしおり、キーホルダーなどがお勧めです。

アロマデュフューザー

アロマの香りに癒されるアロマデュフューザーは、若い年代の女性を中心に人気のある製品です。癒し製品は男女ともにもらってうれしい人気製品でしょう。

電子体温計

一人暮らしなどの人は意外と持っていない体温計。普段の生活には不便さを感じませんが、体調が悪い時などはあってほしいもの。ノベルティなどでもらうのもうれしい製品の一つでしょう。

業者選びも慎重に

ノベルティグッズの価格帯は、業者によってさまざまです。

ある業者では500円だったのに、違う業者では1000円だった、ということもよくあること。それは製品の内容によっても異なります。

業者にはそれぞれ得意分野と不得意分野がありますので、得意分野やよく出している製品などに関しては単価が安いけれど、あまり出ないものや取り扱いが少ない物に関しては、単価が高くなることがあります。

特に革製品や時計などは専門の業者に依頼する方が単価は安くなることが多いです。まずは、どのようなグッズを製作するのかを考え、その製作を得意としている業者を選ぶといいでしょう。


単価だけでなく全体的な費用を確認しましょう

ノベルティ製作には製品の費用だけでなく、送料など他の費用もかかります。ネットなどで表示されている価格が、すべてではありません。

単価が安いと思ったら、送料や追加費用、修正費などはすべて別途、ということもあります。見積もりをきちんと取って、他にどれくらいの費用がかかるのかを確認しましょう。

見積もりを取ることで、比較検討ができるので、より安くできる業者を選ぶことも可能です。専門的な製品を製作する場合は、その道に長けている専門業者を選ぶと単価が安いだけでなく、費用の相談にものってくれます。

実績があれば、ノウハウも持っているということだからです。業者選びを慎重にして、単価をおさえ高級感のある素敵なノベルティを作りましょう。