Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

就職セミナーでもらって嬉しいノベルティとは

就職セミナーでノベルティを配るとなぜ良いのでしょうか?

就職セミナーには様々な業界・業種の企業が参加し、就職活動を行う学生に企業や仕事の情報を提供する場です。

まだ志望業界・業種が決まっていない学生や、自分の目指している業界・業種についてより知識を深めるために参加します。

参加企業の数は1回の開催で数十社~数百社など様々な規模のものがあります。

学生が就職セミナーで1日に回れる企業数は平均7~8社と言われています。

たくさんの企業が集まる中で、より多くの学生に自社の説明を聞いてもらうには、足を止めてもらうための工夫が必要です。

その方法の一つに、ノベルティの配布があります。

今回は就職セミナーにおいて、学生に渡すと喜ばれるノベルティについて4点紹介致します。


喜ばれるノベルティ

1、バインダー

就職セミナーには多くの学生が参加するので、椅子のみ設置されていて机がない、立ち見で説明会を聞くというような状況があります。

そんな時に、メモを取るのに二つ折りタイプのバインダーがあると便利です。

特にポケット付きのものは、企業のパンフレットをもらったり、人事の人に名刺をもらったりする時に、すぐに入れることができるのでとても便利です。

就職活動中ずっと学生に使ってもらえるものなので、バインダーの内側に企業の名前を入れておくと、目に触れる機会も増え、印象を残すことができます。

2、ペン

ペンと言っても、ボールペン、消えるペン、蛍光ペンなど様々なペンがあります。

履歴書やES(エントリーシート)を提出する際に黒のボールペンが必要だったり、説明会等で文字を修正できる消えるペンが便利だったり、説明会等で重要な話や志望動機に繋がる話があった時に線を引く蛍光ペンが役に立ちます。

説明会で話を聞くときにメモを取るだけでなく、その後の選考や日常生活でも使用するペンは何本あっても嬉しいものです。

ペンは企業の名前をプリントすることができるので、宣伝効果もあります。

3、QUOカード

就職活動中の学生は、アルバイトをする時間が少なくなってしまうのにも関わらず、説明会や選考に参加するのに交通費の負担を始め、履歴書用の写真撮影や、リクルートスーツの用意など、非常にお金がかかります。

首都圏の学生で約10万円、地方の学生で約30万円かかると言われています。

500円分のQUOカードがあれば、飲み物や軽食を買うことができるので、とても喜ばれます。

またQUOカードはオリジナルのデザインをすることができるので、自社のオリジナルのカードを作成し、自社の説明を聞いてくれた学生に渡すことができます。

4、自社商品

食品業界なら新商品のお菓子や飲み物、化粧品業界なら化粧品のサンプルなど、もらうと嬉しいものです。

もらうと嬉しい理由として、元々その企業の商品が好きだということもあるかもしれませんが、もらった商品からその企業の研究をすることもできるからです。

ヒット商品をもらったなら、なぜこの商品が世の中に売れているのか、新商品をもらったなら、今後この企業はどのようになっていこうとしているのか、商品からも企業分析をすることができます。

企業にとっても、自社の商品のアピールをすることができるだけでなく、自社の選考を受ける学生により自社のことを知ってもらうきっかけになります。


就職セミナー後の想定も大事

ノベルティの配布は就職セミナーにおいて、ただばらまいて足を止めてもらうだけではなく、その後の企業の印象を残す、または学生に情報を拡散してもらう役割も果たしてくれます。

就職セミナーに参加する企業にとって、企業のことを知ってもらうだけでなく、より多くの学生に自社の選考を受けてもらうことも一つの目的だと思います。

就職活動という期間に、より多くの学生に使ってもらい、認知度を高めるノベルティの製作をしましょう。