Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

一度はマラソンを完走して手に入れたいノベルティ

マラソン大会が人気です

近年、マラソン大会は非常に人気となっています。

日本各地で行われているものを始め、海外の大会も美しい景色の中、楽しんで走ることができます。

国内の人気の大会だと、東京マラソンや大阪マラソンは参加者が3万人を超えているのにも関わらず、応募の倍率が非常に高く、参加するのも難しい大会となっています。

また最近はカラーパウダーを全身に浴びて走る、カラーラン、泡まみれになって走る、バブルラン、光るグッズを身につけて走る、エレクトリックラン、などタイムを計測して走ることだけが目的ではなく、健康促進や楽しむことが目的のイベントも人気となっています。

せっかく参加して走るのですから、完走した人にしかもらえないものを手にしたいものです。

今回は、参加した人、完走した人だけにしかもらえない特別なノベルティを3点ご紹介致します。


参加した人だけの特別なもの

1、タオル

フィニッシャータオルとして、完走した人だけにもらえるタオルがあります。

走り終わったあとの体を拭くために、肩にかけられるサイズのタオルや、バスタオルがもらえる大会が多数あります。

メダル同様、開催場所や、開催年によって色やデザインが違います。

毎年参加して集める方や、日本各地の大会に参加してタオルを集める方もいます。

生地がしっかりしているものや、ふわふわしているものがもらえる大会もあるので、普段使いするのにとても良いと好評です。

ご当地のゆるキャラを始め、様々なデザインを施すことにより、機能面以外にも喜ばれるポイントができます。

参加者に愛用され、使用してもらうことにより、他の人の目に触れる機会が増えるので、大会の宣伝効果にも繋がります。

2、ご当地の食べ物

マラソン大会は、全国各地で行われています。

今までその土地に行ったことがなかった人も、大会がきっかけでその土地に行くきっかけ作りになります。

参加者の宿泊や、飲食、さらに観光など、大きな経済効果が見込めるということで、町おこしのために開催している地域も多数存在します。

町おこしのために開催された大会は、住民の声援や、給水ポイントで特産品を用意するなど、おもてなしをどのようにアピールするかが参加者数を増やすポイントとなります。

完走した後にもらえる名産品や野菜なども、頑張ったご褒美として、参加者に喜ばれます。

3、腕時計

これまでノベルティとして配られたことはありませんが、オリジナル腕時計もおすすめです。

マラソンに参加する人にとって、時間はとても重要です。

マラソンは公共の道路を使用しているので、制限時間が設けられています。

そして、長距離を走るには、自分が何分のペースで走っているのか調整することが大切となってきます。

ランニング用の腕時計には、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)や防水機能が備わっているものが望ましいです。

また、走りながら時間を確認するので、あまり重量のないタイプや、時間が見えやすい大きい文字盤のタイプがおすすめです。

腕時計の裏蓋には刻印もできるので、大会名や日付などを入れて、配布することにより、参加者の記念にもなります。

いつもとは少し違うノベルティグッズを作ることにより、次年度の参加への期待が高まるのではないでしょうか?

モデル一覧を見る


完走した人にしか味わえない達成感

カラーランやエレクトリックランのように5㎞という短い距離を楽しみながら走るものや、フルマラソンのように42.195㎞という長距離を走る大会もあります。

どのような長さの大会でも、完走すると達成感を味わうことができます。

その達成感や、練習の努力を称えるために、記念に残るノベルティグッズを作成し、完走した人にだけ配布することは、大会に参加させるきっかになります。

ノベルティグッズの作成は、参加者の増加を促し、町おこしにも繋がります。