Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

BBQで気が利いた人になれるノベルティグッズ

BBQの魅力

新年度になって新しい仲間と打ち解けるため、仲良い人たちと楽しむことのできる最大のイベント、BBQが楽しめる季節になってきました。

BBQはみんなで準備することによって自然と会話ができ、仲良くなれるきっかけになります。

同じ釜の飯を食べる、ということわざがあるように、みんなで同じ食事をすることにより、連帯感が生まれます。

基本的にアウトドアで行うので、室内での食事とは違い多少料理に失敗しても美味しく感じます。

また年齢は関係なく、子どもから大人まで作る楽しさと、食べる楽しみの両方を楽しむことができます。

魅力がたくさん詰まっているBBQですが、アウトドアで行うことが多いので、買い出しできるお店が近くにないと困ってしまうことがあります。

今回は、BBQで持っていくと気が利いた人だと思ってもらえるノベルティグッズを5点ご紹介致します。


気が利くノベルティグッズ

1、ペン

BBQでは紙コップや紙皿を使用することが多いので、自分が使用しているお皿やコップに名前や印を書くことで、他の人のお皿やコップと間違えずに済みます。

また、初めて会う人がいる場合、自分の名前やニックネームを書いておくことで、自分の名前を覚えてもらうきっかけになります。

同様に他の人の名前を覚えるために、ペンを持って名前を聞きに行って書くのも良いでしょう。

また、ごみを捨てる際に、分別するごみの種類を書く用にも使えるので、1本持っていくと非常に役立ちます。

2、ウェットティッシュ

BBQの際に意外と重宝するのが、ウェットティッシュです。

BBQをしている場所と、水場が離れていることがあります。

調理をする前や、お肉の油やタレで汚れてしまった時など、さっと拭くことができるので、何かと必要になります。

アルコールが多めの除菌タイプを用意すると、雑菌予防になるだけでなく、現地で洗い物が出来ないときに、トングなどを拭いて汚れを取るのにも使えます。

またウェットティッシュはノベルティとして駅前で配られていることも多く、ラベルの部分に企業の名前をいれることが出来ます。

BBQで置いておくことにより、人の目に触れる機会が多いので、企業やブランドの名前を入れておくと宣伝効果にも繋がります。

3、椅子

BBQの際に、レジャーシートは持っていくことは忘れなくても、椅子を持っていくことは忘れがちです。

折り畳みの出来る椅子は、お肉を焼くところでずっと火の番をしている人に使ってもらうことや、机のスペースが足りない時に地べたに置くことのできない食料を置いておく用、足腰の悪い人に使ってもらう用、スカートを履いてきている女性用など、1脚あるだけで如何様にも使用することができます。

また、折り畳みの出来る椅子は、BBQ以外にも、様々なアウトドアで活用することが出来るので、ノベルティとしてもらうのは非常に喜ばれます。

4、アーミーナイフ

アーミーナイフとは、手のひらサイズのコンパクトな容器に、ナイフはもちろん、ドライバー、缶切り、栓抜き、はさみなどの工具が一つになっている物のことです。

一つ一つの工具を持って行くことは大変ですが、アーミーナイフ一つさえあれば、多様な場面で活躍します。

せっかく美味しい缶詰やワインを買ってきたのに、開けることが出来ず持って帰らなければならない、ということになってしまうのは非常に残念です。

そういうときに、さらっとアーミーナイフを出して、スムーズに缶やワインを開けることができると、BBQも一段と盛り上がります。

5、腕時計

最近のBBQはなるべく荷物が少なく参加できるよう、必要な道具が一式揃っているBBQ会場や、必要な道具を会場まで運んでくれる業者が多数あります。

道具や施設を借りる時間、返却する時間を頭に入れながらBBQをしなければなりません。

携帯電話で時間を確認するのも良いですが、お皿やお箸を持って両手がふさがってしまうことや、手が汚れていて携帯電話を取ることができないという状況があります。

そんなときに、腕時計をつけているとスマートに時間を確認することが出来ます。

水や汗で濡れてしまう可能性があるので、防水機能がついているものや、シリコンバンドやNATOストラップの腕時計がおすすめです。


ワンランク上のBBQを楽しむコツ

お肉を焼くときに、コンロに同じように炭を並べてしまうと、すべての部分が強火になってしまいます。

左右どちらか半分だけに炭をいれると、炭がある方は火力が強く、炭がない方が遠赤外線効果によって弱火でじっくり焼き上げることができます。

炭がある方では、牛肉を高い温度で表面をしっかりと焼き、中はレアな状態がベストです。

また炭がない方では、生焼けだと食中毒の可能性になる豚肉と鶏肉をじっくり焼き上げると美味しく食べることができます。

そして、野菜をアルミホイルに包んで炭の近くに置いておくと、ほくほくとした美味しい野菜も一緒に出来上がります。

BBQに必要な荷物をノベルティで揃え、当日美味しい料理を出せることが出来たら、周りから一目置かれること間違いないでしょう。