Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

コミケで欲しいノベルティグッズ

世界最大規模の同人誌即売会

コミックマーケット、通称コミケ。

数ある同人誌の即売会の中でも最大のイベントがこのコミケです。

同人誌の即売会を中心に、コスプレを行う人たちや、アニメ・ゲームなどの製作会社も宣伝や販売をするお祭りのようなものです。

毎年夏と冬に開催されており、参加者は50万人を超えます。

2016年は8月12日(金)~14日(日)に控え、楽しみにしている人も多くいらっしゃることでしょう。

楽しみの一つとして、同人誌の購入時にノベルティグッズがもらえることがあります。

これは、本を買ってくれる人へのお礼の気持ちとして、公式グッズがないため、サークル活動を派手に見せて集客効果を狙うためなど、様々な理由でノベルティグッズを製作し配布されています。

今回は、コミケでもらうと嬉しいノベルティグッズを4点ご紹介致します。

ノベルティ製作する際の参考にして頂けると嬉しいです。

夏コミでもらうと嬉しいノベルティグッズ

1、バッグ

バッグと言っても、エナメルバッグ、デニムトート、不織布バッグ、ビニールバッグ、保冷バッグ、など様々な形のバッグが非常に人気です。

コミケでしか買えないグッズや同人誌があるので、帰る頃には荷物がとても多くなってしまいます。

同人誌を購入した際に、ノベルティでバッグをもらうと入れることが出来るので非常に喜ばれます。

またキャラクターの絵が大きく描かれているものは、会場の外で持ち運ぶのに躊躇ってしまうことや、日常で使いづらいので、シンプルなデザインのものが良いでしょう。

また、バッグは普段使いしてもらうことにより、そのキャラクターや作家の方の宣伝効果にもなります。

2、タオル

夏コミは毎年お盆の、最高気温が33度前後と非常に蒸し暑い時期に開催されます。

グッズを買うために数時間外に並ぶときや、急な雨が降ってきたときに、汗を拭きとるのはもちろん、直射日光を遮るのに優れている、フード付きバスタオルがおすすめです。

暑い時期なので、汗を拭くためのタオルを持ち歩いている人はいると思いますが、ハンドタオルをもらった場合には、水に濡らして首に巻いたり、おでこに当てたりすることにより、熱中症対策としても使用することができます。

また、タオルはキャラクターのイラストを入れやすいので、プリントされたものを持ち歩きたいという声もあります。

タオルは実用性としてだけではなく、デザイン性も楽しめるアイテムです。

3、汗ふきシート

流れる汗を拭いても、べたつきが残って不快感が残ってしまいます。

日焼け止めを塗っている方は特に、汗で流れ落ちてしまうので、塗り直す際には、汗ふきシートで拭いてから塗り直すと、汗のにおいや肌のべたつきを抑えることができます。

制汗スプレーを使用するのも良いですが、たくさんの人がいるので、使用するのに場所を選ばなくてはなりません。

どうしても欲しいグッズはお金を出してでも購入するという人にとっては、ノベルティ自体不要だという声もあります。

しかし、暑い中イベントに参加している人たちにとって、汗ふきシートは万人の人に喜ばれること間違いありません。

汗ふきシートのふた部分にオリジナルのデザインをいれることができるので、購入してくれた人に渡すと喜ばれるでしょう。

4、腕時計

今までノベルティとして配布されたことはないですが、腕時計もおすすめです。自分の好きなキャラクターが描かれていても、派手にプリントされているものは持ち歩くのに抵抗があります。

バンドの裏にプリントできる腕時計ならば、自分のお気に入りのキャラクターを持ち歩くことができます。

摩擦に強く、プリントがはがれにくいので、暑い夏でもつけることができます。

キャラクターをはじめ、ファンの心をくすぐるデザインは注目を集めるので、ファン同士の交流の場での販促効果が期待できます。

同人グッズとしてもおすすめです。

「バンドの裏にプリントできる腕時計」を見る

コミケを楽しむコツ

まずは、徹夜せずに万全の状態で挑みましょう。

行く時間は、始発で向かうと入場するのに何時間も並ぶので、お昼過ぎに向かうとあまり並ばずに入れます。

カタログを購入し、お目当ての場所やお手洗いの場所を確認してから行動することをおすすめします。

会場では、たくさんの人がいるので、携帯電話の電波状態が良くありません。

一緒に参加している人がいる場合、何時にどこで待ち合わせなのかしっかり確認するのが重要となります。

年に2回の大きなイベントを楽しみにしている人はたくさんいます。

同人誌を購入してくれた人に素敵なノベルティをプレゼントしてさらに笑顔にさせたいものです。