Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

ノベルティ 

40代男性がターゲット!おすすめのノベルティグッズはこれ!

販促品を配布する

企業にとって、売れる商品やサービスの開発は重要な課題です。しかし絶対的な自信を持って提供する商品やサービスでも、それが消費者に伝わっていないと売り上げになかなか結び付いていきません。そこで会社はいろいろな方法を使って、自社製品のアピールをしていくわけです。ただ待っているだけでは顧客が増えないということを頭に入れておかないといけません。そこで販促品を配布して、商品にアピールをする方法があります。広範囲に短期間で商品の認知度を高める効果は弱いかもしれません。
しかし特定のターゲットに絞って配布をすれば、効率的な宣伝効果があげられます。そこで多くの企業が販促品を渡すというPR活動を行っているわけです。PR活動をする場合には、どのような層に自社製品を購入してもらいたいのか明確にすることです。でないと、PR効果がぼやけてしまって、販促品を渡す意味合いが薄れてしまいます。


実用的な商品を渡す

もし製品をPRするメインターゲットを40代男性に想定したとします。その場合販促品を作るのであれば、実用的なものを使ってアピールすると良いでしょう。あると便利、でも自分でわざわざ買い求めるのは面倒という商品はありませんか?そのようなものを無料で配布すれば、ありがたみもアップします。このため、商品やそのメーカーのイメージもアップして売り上げにつながっていくでしょう。


男性と女性の違い

一概にこうだと言い切ることはどうかとも言えますが、一般的な傾向として男性は女性と比較しておしゃれなどに関してはあまり意識が高くありません。デザインが良いとか、かわいらしいかといったことにあまり関心の高くない人が多いです。特に40代のようなある程度大人の男性の場合、そのような傾向が強くなります。むしろ日常生活で使えるような利便性の高い商品をありがたがる傾向があります。そこで40代男性をターゲットにして、オリジナルのノベルティグッズを制作するのであれば、実用性があるかどうかをベースにしてみるといいでしょう。


40代の男性におすすめのグッズ

e6d97f8afbd24288c9c38d0cb95025d9_s

ビジネスで使用するもの

40代の男性にもなってくると、仕事をバリバリ行っている人が多いです。そこでビジネスシーンで使用できるようなグッズをノベルティとして配布すると、好印象を持たれます。しかもわざわざ自分で買うのは面倒というものを選ぶようにしましょう。例えば、ボールペンなどはいかがでしょうか?どのような種類のビジネスであっても、ペンは使用するはずです。しかしボールペンをわざわざ自分で買い求めるのは面倒ではありませんか?
その他には、パソコン関係のアイテムを販促品として配布するのも効果的です。パソコンも今のビジネスシーンでは業界関係なく必要不可欠なアイテムになりつつあります。USBメモリーやマウスなどのアイテムを配布すれば、会社のイメージも良くなるはずです。

スーツのアクセサリー

40代の男性だと、会社勤めをしている人も多いです。そこで普段仕事に出る時には、スーツを着用している人も多いはずです。そこでスーツに関係するようなアイテムを使って宣伝活動をしてみる方法もあります。スーツの時にはネクタイが欠かせません。そこでタイピンを販促品として渡してみるのはいかがでしょうか?タイピンを使うのであれば、デザインには気を使った方が良いでしょう。シンプルなデザインでありながら、どこかアクセントになるようなワンポイントの入っているものが高く評価されます。
またスーツを着用するときに、キーケースを使っている人も多いです。自動車や自宅、事務所のカギなど複数のキーを持っている人もいます。落とさないようにするために、一つにまとめる人も多いです。キーケースも男性にとっては実用性が高いので、好印象を持たれる可能性は高いです。

マグカップ

男性の場合、女性と比較すると自炊をしない人が多いです。また40代に差し掛かってくると、結婚して所帯を持っている男性も多いです。そこで食器の類は自分で用立てる必要はないという傾向が見られます。ただし例外もあって、マグカップはあるとありがたいと思う男性は少なくないでしょう。自炊をしなくても、コーヒーや紅茶を飲むためのマグカップはよく使うという人もいるからです。そこで販促品としてマグカップを渡してみるのは効果が期待できます。マグカップはある程度サイズがありますので、商品名やマークなどを入れ込むのが簡単です。


ターゲットを意識すること

販促品を渡すPR活動は、特定のターゲットにピンポイントの宣伝をする時には高い効果が期待できます。しかしターゲットを絞り込む以上、そのターゲットが喜びそうなものはどれかを考えないといけません。ターゲット層に該当する会社の同僚がいれば、もらってうれしいものとしてどのようなものがあるか、リサーチしてみるのもいいでしょう。