Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

自社ブランドの腕時計製作のデメリットを改善するポイント

自社ブランドのオリジナル腕時計を作るメリット

自社ブランドのオリジナル腕時計を作るメリットには、企業のイメージをアップすることができる、高級感を印象づけることができる、ノベルティや記念品として使用した際に、受け取った方が喜んでくれる、などさまざまなメリットがあります。

多くの企業が自社ブランドの腕時計を製作していることからも、メリットが多いということが分かります。


オリジナル腕時計の製作にはデメリットもある?

メリットが多く、たくさんの企業で製作しているオリジナル腕時計ですが、製作するにあたってはメリットだけではなく、デメリットもあります。デメリットの一つはコストが高いということ。

特にオリジナリティを出すために、デザインや仕様にこだわれば、それだけ単価も高くなります。低予算で作るのは難しいものかもしれません。


デメリットを解消する方法

予算がかかるというのは腕時計製作の難しさの一つですが、解決方法はあります。デザインの内容を工夫してみる、専門業者に相談してみる、見積もりを複数取って、比較検討してみる、といった方法で低予算で製作することも可能です。

自社ブランドのオリジナル腕時計を製作する際の難しさは他にもあります。デザインによっては性別、年齢を問わず、というわけにはいかないこともデメリットと言えるでしょう。

オリジナル腕時計の製作にあたってはそういった難しさを理解したうえで、それらを解消しながら製作していかなければなりません。


オリジナル腕時計製作のデメリットと考えられる部分

オリジナル腕時計を製作するにかコストはもちろんかかります。そして、低コストで作ろうとすると面白みがなかったり満足いくものが作れない可能性もあります。こういったデメリットはありますが、コストをうまく使うことでデメリットは解消できます。

まずは、業者と相談しどれほどの時計ができるか確認することをおすすめします。今回は、デメリットを先におさえこのデメリットをどう解消していくか考えていくことをおすすめします。

bows-and-arrows-650474_640

オリジナル腕時計製作の難しさとは?

オリジナル腕時計を製作するにあたっての難しさの一つは、予算との折り合いでしょう。時計の製作はコストがかかります。

低コストで作ろうとすると、面白みがなかったり、個性が失われてしまったりすることがあります。せっかく製作するのであれば、オリジナリティが高く使いやすい、見た目も高級感がある、などの腕時計を製作したいものです。

しかし、ベルトなどに使用する高級素材は費用が高く、防水加工などさまざまな利便性を高くすると、便利で使いやすいのですがやはり費用がかかります。

デザインに凝りたいからと有名デザイナーなどに依頼するのも、高コストになりがち。オリジナリティあふれる腕時計の製作は、予算との両立が難しいのです。

腕時計の製作は低予算ではできない?

確かに腕時計の製作には費用がかかりますが、工夫をすることで低予算で製作することも可能です。例えばすべてのデザインにこだわるのではなく、一部分だけや特定の部分は高級素材などを使用し、高級感を高めることができます。

デザインはシンプルにして、使用感やストップウォッチ、防水加工など使い勝手の良さをアピールできる腕時計にする、などこだわりの部分を作ることで、コストを抑えることが可能です。

また、セミオーダーにするのも、コストを削減する方法の一つ。セミオーダーの方法は業者によってさまざまです。

中には、あらゆる選択肢のあるセミオーダーを用意している業者もあり、ある部分だけは独自のデザインを入れることもできたりします。このようにどこかを工夫することで、コストの削減ができるはずです

そういったアイデアを提案してくれるのは、実績のある専門業者。さまざまな相談にのってくれる業者を選ぶことも予算の難しさを解消するポイントです。

さまざまなターゲットに合わせる難しさ

時計には男性用、女性用があり、さらに年代によって選ぶものは異なります。それぞれに合わせてノベルティや記念品を製作するのは、予算がかかりすぎてしまいますから、ターゲットを絞るか、またはある程度誰でも使用できるデザインの腕時計を作らなければならない、ということもあります。

ターゲットを絞らず、いろいろな人が使えるものとなると、こだわりやデザイン性があいまいになってしまう、という可能性もあるので、オリジナリティを追求するのであれば、その点に注意しなければならない、という難しさがあります。

現代では男性用・女性用と区別のない時計も人気のようです。男性でも女性でも好まれるデザインを追求することで、どちらかに偏ることのないデザインの腕時計ができるでしょう。

デザインにこだわらず、機能性を重要視することで、飾っておくのではなく使ってもらえる腕時計を作ることもできるでしょう。または、単価を下げて2種類の時計を製作する、という手段もあります


オリジナル腕時計のコンセプトを明確に

自社ブランドの腕時計を製作するにあたっての難しさの一つであるコスト。欲を言えばキリがなく、コストだけが上がってしまうということに。

そうならないためにも、まずは腕時計のコンセプトを明確にしましょう。ターゲットを絞るのか、または絞らずに複数の腕時計を製作するのか、どういったデザインにするのか、こだわりをどこに持ってくるか等決めておきましょう。

そして、デザインよりも機能性を重視するのか、などといった点を踏まえて、専門業者に相談してみるとデメリットも改善されるのではないでしょうか。