Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

自社ブランドを確立し、その強みを持続させよう

ライバルと差別化するには自社ブランドは必要不可欠

さまざまな商品があふれている現代、その中から信頼できる商品を選ぶ際に目安となるのがブランドです。そのブランドの商品を選べば失敗しない買い物ができる、という意識が働くので、ブランド商品を選ぶ確率が高いのです。ライバル企業との製品との差別化を図るためにも、自社ブランドは必要なものと考えられています


自社ブランドの役割は知名度向上

自社ブランドを確立することで、知名度の向上につながります。ブランドの質が高ければ高いほど、信頼度が強まり、他の商品との差別化を図ることができます。商品の品質が良い、使いやすい、など消費者の中で人気が高まることで、さらに企業のイメージもアップするというメリットもあります

さらに、自社ブランドは企業の理念や方針を伝える手段にもなるものです。


自社ブランドを持つことの強みは信頼性

自社ブランドを持っていることで、消費者からは信頼され、商品を選んでもらえるようになる、というのが大きな強みです。そのうえ、商品だけでなく、企業の信頼度やイメージも高まるでしょう。さらに、ブランドが確立されることで、ノベルティなどの販促も効果的に進めることができるのも強みの一つです。

しかし、ブランドを強みにするには、価値が高まっていなければそういったメリットはありません。大切なのは、ブランドの価値を低めないための企業努力だと言えるでしょう


自社ブランドを持つ強みのメリットと効果

bodybuilder-646482_640

自社ブランドのメリットとは

ノーブランドの商品とブランドの商品、どちらを選ぶかというと多くはブランドのある商品を選ぶでしょう。それだけブランドの力というのは大きなものです。

どのブランドがどういったブランドなのか、ということを知っている消費者は、それを選ぶことで後悔のない買い物をすることができるのです。企業の商品を選んでもらえるという点は、ブランドを持つことの大きなメリットとなります。

多くの人に選んでもらえる商品は、それだけ知名度も上がり、さらに売上も上がります。売れている商品は、信頼度も高く、さらに多くの人に選ばれるものになります。企業イメージも高まり、その企業ブランドの商品の人気はより高まっていくでしょう。

ノベルティの効果も高い

お店や街頭などでさまざまなノベルティが配布されています。イベントなどに行くと、必ずといっていいほどノベルティや記念品をもらいますね。

ノベルティは企業を印象づけることや、企業のイメージを高めるために利用するものの一つです。さまざまなノベルティの中でも、ブランドのある企業のノベルティは質が高い、ユニーク、といった点においても喜んでもらう人も多いです。

企業としてはイメージを損なわないために、オリジナル腕時計など高級感のあるノベルティや記念品を作ることも多いです。そういったノベルティを作ることで、企業イメージをアップさせるとともに、安定性や将来性を感じさせることができるのです。

ノベルティを作る際にも、企業ブランドの知名度に甘んじることなく、ブランドの信頼度を失わない品質のものを作ることが大切です。

さまざまなことに挑戦できる

知名度が高く、信頼度も高いブランドが確立されていれば、さまざまな挑戦もしやすくなります。

ブランドの基本理念はそのままで、新しい分野に挑戦したり、新しいイメージの商品を開発したりしても、それが受け入れられやすいということもメリットです。

しかし、一度ブランドが確立されたとしても、それを持続することが大切です。

ブランドの知名度があるからと、それに頼って新しい挑戦や商品の開発、デザインの変更など、時代のニーズに合わせた商品づくりをしていかなければ、いくらブランド力があっても、他のブランドに負けてしまうことになります。


企業努力を続けることでブランドの強みは高まる

ブランド力があれば、消費者に商品を選んでもらうことができ、信頼してもらえる、というメリットがあります。他の商品との差別化を図ることができ、自社のイメージを確立することで、固定客を作ることもでき、それが安定した売り上げにもつながります。

このように、ブランドを確立することはたくさんのメリットにつながります。

しかしブランドの確立はスタート地点にすぎません。

そこからブランドの価値を持続し、さらに高めていくには、競争相手の商品のリサーチやニーズの把握、商品に関するメリット・デメリット、お客様の満足度などを調査し、常によいものを創り上げていく努力が必要です。

ブランドといっても、その中でさまざまな種類の商品を作る必要性も出てくるでしょう。同じ製品でもラインナップがあったり、姉妹ブランドなどができたりすることもあります。そのようなアレンジや新しい取り組みを行うことで、ブランドの定着率が高まるでしょう。

もちろん、そういった取り組みを成功させるには、既存のブランドの質を落とさないためにも、ニーズの把握、新商品の可能性などにおいて、さまざまな戦略が必要です。