Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

腕時計のつける位置に決まりはある?機能性や見た目に良い位置

何度もやり直してしまう腕時計のつける位置

腕時計をつける位置について迷ったことはありませんか?

右手・左手、手首の隆起した骨の上下など、いろいろと試したことがあるという人もいると思います。

スーツの場合は、袖口と腕時計のバランスも気になるところです。

そもそも正しい位置というものがあるのでしょうか?

あまりしっくりきていないという人、しばらくすると苦痛や違和感を抱くという人は、つける位置を見直してみると良いかもしれません。


腕時計が性に合わないと感じている人は、適した位置を見つけていないから?

腕時計を装着するときに「正しい位置があるのか?」という質問に対して、答えはノー。

理想とされるマナーはありますが、腕時計をつける位置に厳格なルールはなく、あくまで自分が好きな位置につければいいわけです。

しかしその「自分が好きな位置」というのを見つけるのが難しいという人も少なくありません。

なかなかフィットする位置が見つけられないと、腕時計をつけること自体がだんだんと億劫になってきたり、つけてもすぐに外してしまったりしますよね。


格好良く見える腕時計の位置ってあるの?

腕時計は時間や日付さえ分かれば、どこにつけたって一緒と思っている人もいるでしょう。

しかし、ズボンの履き方には好みや体系にもよりますが、あまりに上げ過ぎたり下げ過ぎたりすると不格好です。

着た時のシルエットを想定してデザインされているので、それに適した位置や履き方があるはず。

腕時計も同様に、ちょうどよい位置につけることで見た目にも美しくスマートになります。

見た目に美しい位置につけていると、機能性もよく行動の邪魔にもならないので、快適に過ごすことができます。

すなわちそれが「自分の好きな位置」になり得るということです。


62527b5ae13f95a1b7d043be0ec14a0f_s

時代とともに変わっていった腕時計の見せ方

そもそも歴史的に見ると、腕時計はカフスの袖口から覗かせないようにすることが紳士的な装いとされていました。

そのため、手首の骨(尺骨と橈骨)の付け根にあたる隆起した部分にベルトを引っかけるような付け方が一般的でした。

それに応じて薄いデザインのものが主流でしたが、次第に文字盤の形も変化したり、細身のカッターシャツが流行ったりする中で、腕時計のつける位置にも変化の兆しが見えてきたという背景があります。

現在の一般的なつけ方

現在では、利き腕とは反対の手首につけるのが一般的

右利きの場合は左手首につけますが、理由としては、字を書くときや作業をするときに邪魔にならないため、活動率の高い利き腕で受けやすい衝撃を避けるため、利き手でリューズの操作を行うためなどが挙げられます。

つける位置は、手首の骨の隆起部分よりやや手の甲寄りにつけるという人が多いようですが、シーンによって使い分けをするとよりスマートです。

【フォーマルウェアのとき】

冠婚葬祭のとき、頻繁に時間を見ることは、時間を気にしているとされ相手に不快な印象を与えかねません。

カッターシャツの袖口から文字盤がくっきり見えないようにやや上部側につけ、必要なときだけ袖を上げてさり気なく見ると良いでしょう。

【ビジネススーツのとき】

仕事中は、袖口から覗く程度の位置につけると、いちいち袖をまくる必要もなく業務に支障をきたしません。

腕時計、カッターシャツ、背広のバランスがとれた位置につけると、見た目にも好印象です。

腕時計に合った洋服を

厚みのあるデザインの腕時計だと、つける位置と袖口との兼ね合いが難しいことも。

そんな時は、カッターシャツのカフスに注目してみて下さい。

専門店にはカフスのゆとりが調節できるものなどもあるので、上手に活用してお気に入りの腕時計の魅力を引き出しましょう。

利き腕につけるのはダメ?

腕時計は利き腕の反対側につける前提で設計されていますが、癖や好みは個人差のあること。

リューズの操作はしやすいが、手の甲に当たる痛みのほうが気になる人や、昔からの癖で利き腕のほうがしっくりくるという人は無理に変える必要はないでしょう。

自動巻き時計の場合は効き腕の方が自然と巻けたり、左右交互につけることで洋服のダメージを少なくしたりといったメリットもあります。

ちなみにダイバーズ系の腕時計はリューズが大きく、また左手にコンパスを装着するため、右手につけることが多いとか。

ライフスタイルや個人的な嗜好によって、最近では腕時計のつける位置も多様化してきていると言えます。

「こうしないといけない」という決まりはなく、自由な風潮の中で自分に似合うスタイルを追求する傾向にあります。


馴染むには時間も必要

結論としては、腕時計をつける位置に正解や不正解はありません。

ビジネスシーンに適した位置や冠婚葬祭のマナーに応じた位置を知っておけば、あとは自分が自然に感じられる位置を探すだけ。

また緩さによっても位置は変わりますが、腕に馴染んでくると、腕時計の動きや回転を無意識のうちに見やすい位置に合わせられるようになります。

違和感を抱いてしまう人は、少しの間様子を見てみるといつの間にかフィットするようになるかもしれません。

腕時計がよきビジネスパートナーとなるように、「自分の好きな位置」を見つけて下さいね。