Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

汗や皮脂が付きやすい腕時計。清潔に保って暑い夏を乗り切ろう!

腕時計の衛生管理。きちんとできていますか?

営業マンにとって夏は暑さとの戦いです。

クールビズが唱えられて以来、ネクタイや背広から解放されている人をよく見かけるようになりましたが、外回りや混み合う電車の中では、やはり汗だくになってしまうもの。

衣類には気を使うという人も多いかと思いますが、腕時計はいかがですか?金属製のブレスレットだからといって油断してはいけません。

材質に関わらず、汗をかきやすい夏は特に、腕時計の汚れもひどくなってしまいます。では、夏の腕時計の衛生管理はどのようにしたらいいのでしょうか?


汗臭い!臭いの根源は腕時計?

朝から帰宅するまで、長時間つけている腕時計。日中気付かないうちに、汗や皮脂が付着し、汚れが蓄積されています。

ある日ふと、腕時計から放たれる異臭や、カッターシャツの袖口の汚れに気付くという人は意外と多いものです。一度ついてしまった臭いや染み込んだ汚れはなかなか落ちません。

また汗による湿気や塩分は、錆や腐食、シミの原因にもなります。きちんとした手入れや対策を日常的に行い、清潔な状態を保ちましょう。


汗や皮脂が付着したままにしない

特にしつこいのが臭い。度合いによってはあらゆる手段を使ってもなかなかとれず、買って間もない状態であっても、交換せざるをえない状況になることも。

費用もかかりますし、もし欠品していれば別のものに交換しなくてはいけないという事態をも招きます。臭いの原因は汗や皮脂による、汚れ、細菌、カビなど。

かといって夏場の汗は避けられません。こまめに拭き取るなど、衛生管理の習慣をつけることで、汗の付着を減らし、汚れの蓄積を防止するよう心掛けましょう。


腕時計の夏のお手入れ方法

watch-497995_640

ポイントは、汗をかいたらすぐに拭くこと

日中は行動の合間や一息つくときなどに、ハンカチなどで拭き取ることを癖づけていきましょう。眼鏡を拭くような感覚で、食事をする前や、トイレで手洗いをするときなどに行うようにすると、自然と身につきます。

汗や皮脂が付着しても、短時間で拭き取ることで、汚れの度合いは格段に軽減されます。またさっぱりして、気持ちよく着けられます。

反対に、長時間放置しておくと、皮脂やばい菌はそのままに、表面の水分だけが乾燥するので、汚れが固着し臭いやシミの原因に。


清潔に保って毎日快適に使おう!

荒療治なケア方法をたまに耳にしますが、万が一のことを考えるとあまりおすすめできません。ひどく汚れていたり、ベルトを外す必要があったりする場合は、時計専門店にもっていく方が確実

プロに洗浄してもらうと、汚れのレベルにもよりますが、費用は数千円程度で、満足いく仕上げが期待できます。自宅でのケアを日常的に行うと、腕時計も長持ちします。

暑い夏を快適に乗り切るためにも、衛生管理には配慮しましょう。