Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

腕時計の針がずれてしまう原因

購入後すぐにズレてしまう物もあります

せっかく腕時計を購入したにも関わらず、すぐに針がずれてしまったという話は度々聞く話です。これには深い原因がありますが、全てが電池に問題があるというわけではありませんので注意しましょう

まずは慌てずに、時計を購入したお店と連絡を取ってみることをお勧めします。


針がずれる原因

針がずれてしまう原因としてまず挙げられるのは、電池が無くなってしまったという原因ですが、この場合には電池を取り換えることで対処することが可能となります。

大抵の場合、購入して1年以内ならばバッテリー交換の保証をしているはずですので、購入直後に針がずれてしまうようならば、まずはお店に連絡して相談してみると良いでしょう。

この他の原因として挙げられるのは、歯車の故障ですが、こちらの場合には修理に出す必要がありますので少々面倒です。

言わずもがな、修理には保証書が必ず必要となりますので、腕時計を購入したら保証書は絶対に無くさないように保管しておかなければなりません。

この場合も電池不良の時と同様に、まずは時計を購入した販売店に相談することになります。その後、メーカーへ修理の依頼を出すことになりますので、再び使用できるようになるまでに少々時間がかかる可能性があります。


バックラッシュが原因に

時計の心臓部は歯車などの極微細な部品によって構成されています。針ずれが起きてしまう原因は、歯車同士の間に設けられたバックラッシュと呼ばれる隙間にあります

そもそもこの隙間は何のために設けられているのかというと、金属の熱膨張による歯車どうしの噛み合いが悪くなってしまうことを防ぐ、または標準化をする、外部からの圧力に耐える、といった事のために設けられています。

簡単に言えば、歯車がかみ合わなくなってしまったら、正常に時を刻むことができないわけですので、微妙に隙間を作ることで重力や大気圧、水圧といった外部からの圧力がかかった場合でも誤作動を起こす原因になるのです。

この隙間が広すぎてもダメですし、狭すぎてもダメ、何とも厄介でデリケートな空間なのです。購入直後から針ズレを起こしている場合は、バックラッシュの隙間が開きすぎているという可能性があります

歯車は当然量産されていますので、それぞれの大きさは微妙に異なります。

ごく稀に、0.001mm単位で小さな物も混じってしまい、これが原因で時間にズレを生じさせていることがあるのです。


8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

針がずれてしまった時の対処法

針ずれは、1日に数秒程度ならばまだ許容範囲内ですが、1日に分を超えるようならば、電池がきれかかっている可能性や内部に異常が出ている可能性があります。

もしも気になる程時間がずれてしまうようであれば、次のことを試してみてください。

購入したお店に連絡

まず行うべきは、腕時計を購入したお店へ連絡をするということです。電池が原因か、それとも時計の心臓部が故障しているのかは、外から見るだけでは全く見分けが付きません。

そのため、購入したお店に連絡をしてみて、電池の交換をしてもらうことをおすすめします。

電池交換で時計が直ればそれで良いですし、もしも直らなかった場合には心臓部に故障があることが原因となりますので、修理してもらうことになります。

電池の交換はおおよその場合、お店で保証しているので、保証書やレシートを持って相談に行ってみてください。

電池交換で直らなかった場合

バッテリーの交換だけでは直らなかった場合には、修理をすることになります。保証期間中ならば無料で行うことができますので、コスト面は心配する必要はなさそうです。

しかしながら場合によってはオーバーホールが必要となるケースもあります。これはお店で修理をするのではなく、メーカーが直接修理を行うことになります。

このケースはお店で保証していない可能性もありますので、保証されていなかった際には費用を負担しなければなりません。オーバーホールの料金は物によって異なりますが、大体2万円から3万円が目安となります。

そこまで高級な時計ではない場合や、愛着が無い場合には、買い換えてしまった方が手っ取り早いので、買い換えることも考えるべきでしょう。

自分で直すことは不可能です

時計は非常に繊細な物で、チリ1つ混じっただけでも故障するデリケートなものですので、個人で直すことは不可能に近いです

よほど良い環境が整っていて、且つ余程技術がある方でなければ不可能ですので、残念ですが諦めてお店やメーカーに頼る他はありません。

ですので、まずはお店に相談してみて、原因の特定をしてもらうことが先決となります。


ずれの原因は電池か内部不良

腕時計の針がずれてしまう原因は大きく分けて、バッテリーが消費されて動かなくなっているか、内部の部品に異常を来しているかの2通りとなります。

電池交換程度で直るのならば良いですが、内部不良が原因の場合にはメーカーへ修理を依頼することになり、費用も発生することになります。

まずは時計を購入したお店へと連絡をして、針ズレが起きている原因を特定してもらうようにしましょう。