Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

需要も高いスポーツ時計OEM

徐々に需要が高まるスポーツウォッチ

娯楽としてスポーツを楽しむ、健康のためにスポーツをする人が増えてきている中で、スポーツウォッチの需要も高まりつつあります。

各種スポーツウェアに合ったカジュアルなデザインの腕時計の人気が特に高く、またファッションとしての側面だけでなく、耐久性や耐水性などの機能面に優れた腕時計も同時に支持されています。

この需要に注目し、スポーツにも合った腕時計の販売を目指すショップも多いです。

全てを自社で製作するためには技術力も必要になることから難しいですが、OEMならばこのビジネスチャンスに乗っかることも可能です。


OEMだから実現可能なコストパフォーマンス

他社に製品製造を委託するOEMは、コストパフォーマンスにおいて非常に優秀な方法です。

通常、一つの製品を作り上げるためには時間も場所も、機械も働き手も必要となりますが、OEMならばこの内、場所や機会や人材は自らが確保する必要は無く、必要となる資金もリスクも低く抑えることが可能です。

またOEMならばデザインについても自由度高く選べますので、外部に委託するからといって個性が失われることはありません。

豊富なカラーバリエーションの中から文字盤のデザインにマッチした色を選ぶなどしても、費用はそれほど高くはならず、やはりOEMはコスパに優れていると言えるでしょう。


スポーツウォッチには何が必要か?

一言にスポーツウォッチと言っても、何をもってこう呼ぶのかは非常に曖昧です。

一般的にはスポーツをしているシーンにマッチした時計のことを指すようですが、普段の生活の中でも使用できるような柔軟なデザインも必要とされておりますので曖昧と言わざるを得ません。

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_s

スポーツシーンへのマッチとオシャレ

スポーツウォッチに必要なのは、まずはあらゆるレジャースポーツの各シーンにマッチしているという点です。

例えばジョギングをしている時に、例えばゴルフをしている時に、フットサルをしている時になど、各シーンに合致している必要があります。

天候やその他もろもろのことを考えれば耐水性に優れている必要があり、この他にも錆びないこと、耐久性にも優れてちょっとした衝撃にも耐えられる構造が必要となります。

これらの要素を踏まえつつ、次に必要となるのはオシャレなデザイン性です。

時計を何個も持つことは少なく、スポーツ全般に対してデザインも合致している必要があります。

また日常生活の中での使用も考えて、カジュアルな服装に合わせられるデザインでなければなりません。

このようにスポーツシーンへのマッチとオシャレへのコミットが必要となる特殊な存在、それがスポーツウォッチなのです。

アウトドアシーンにも合う必要がある

最も難しいのが、オシャレさや機能性ではなく「アウトドアシーンにも合わせなければならない」という点です。

スポーツのみの使用であればまだデザインも楽になりますが、アウトドアでの活動シーンにマッチさせるためにはある程度のフォーマルさも必要となります。

この微妙なデザインが難しいため、メーカーはデザインをセグメント化してしまう傾向にあります。

フォーマルさを重視した物とカジュアルさを重視した物を用意していることが多いのです。両者の両立は難しいというわけですね。

OEMならばどちらの需要にも対応可能

OEMを活用することの1番のメリットはコスパが良い点ですが、これは同時に何種類もの製品を製作することが可能ということも意味しています。

1品を30個作るのではなく、3品を10個ずつ作れば、その分幅広い需要にも対応することが可能です。

ベースは同じデザインにしてカラーリングについてはバリエーションを持たせる、色もデザインも全く別の物を作るといった自由な選択ができるのがOEMの良さと言えるのではないでしょうか。


デザインの自由度も高い

OEMでのオリジナル腕時計製作は、デザインの自由度も高いため使い勝手も良いです。

ベルトについてもラバーから革、金属などの主要なデザインを選べますし、文字盤に関してもカラーバリエーションが豊富でロゴなども自在に入れることが可能となっています。

表はデザインのみに集中してロゴは他の部分に入れたい場合には、裏蓋の部分に文字が刻印できるようになっていますので、こちらに入れると良いでしょう。

この他パッケージを選択できるなど、1から全てを自社で製作するのと比較すれば劣るものの、かなり高い自由度が実現できていますので問題はありません。


OEMだからできることもある

特に資金に制限がある場合には、工場や人材に投資して一から製品を作り上げることはほぼ不可能に近いです。

これに対してOEMならば少ない資金でも品揃えをバリエーション豊かにすることが可能です。

何種類もの腕時計を低投資で用意できるのがOEMの最も魅力的なメリットと言えます。

デザインについては、スポーツウォッチの場合には少々難しくなりますが、専門業者がある程度規格化を進めてくれているため、難なく良い物ができるでしょう。