Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

イメージアップに!自社キャラクターでオリジナル腕時計を

企業のイメージアップに!!キャラクターで自社をブランディングしよう

企業をより多くの人々に知ってもらうためにおこなう広告戦略。

多くの企業が自社ホームページなどで事業内容や企業理念などを広くアピールしています。

企業のブランディング戦略の一環として注目されているのがキャラクターマーケティングです。

キャラクターを使用することで企業に対してイメージ向上にもつながります。

キャラクターマーケティングは企業のファンを増やしていくために効果的な戦略です。


グッズ展開のような発展も可能!オリジナル腕時計でヒット商品を狙おう!!

キャラクター戦略で大切なのが認知度を上げること。

幅広い消費者に認知してもらうことで企業についても関心を持てもらうことができます。

有名な企業キャラクターはオリジナル時計やUSBメモリなど多くのグッズ展開も同時におこなっています。

自社キャラクターのグッズを日常的に使用してもらうことで、企業をより身近に感じてもらいましょう。

■オリジナルキャラクター腕時計を活用


キャラクターを戦略的に活用しよう

2fc622c8c49fb12aba0b411b2f70ecfe_s

キャラクターマーケティングとはどういうもの?

有名なキャラクターから無名のキャラクターまで、いまや多くの企業がキャラクター戦略を重視しています。

ここ数年人気を集めている都道府県のゆるキャラもそのひとつ。

キャラクターをすぐに終わってしまうような流行と軽んじることはできません。

キャラクターの経済効果は専門家も認めるところです。

キャラクターを製作するメリットのひとつがブランディング効果。

有名なキャラクターでいえばペコちゃん。

ペコちゃんを見るだけで不二家のケーキやキャンディーなどを思い出すのではないでしょうか。

キャラクターを見ることでその企業の商品がパッと思い浮かぶ、これはそのキャラクターに企業のブランドを押し出す力があるからです。

自社でオリジナルキャラクターを製作するメリットデメリット

自社のキャラクターを作るメリットとして消費者が企業に対して親近感を持つようになることがあります。

“かわいい”“楽しそう”“面白い”などキャラクターには見た人の感情を揺さぶる力があります。

これは普通の広告や商品説明、コピーなどではなかなかできません。

企業のキャラクター戦略から生まれたキャラクターにローソンのあきこちゃんというキャラクターがいます。

あきこちゃんはツイッターから生まれ、フェイスブックやLINEで多くの人が“友達”として登録しています。

消費者はあきこちゃんというキャラクターに親しみを持つことで間接的にローソンを身近に感じることになります。

あきこちゃんには学生アルバイトという設定もあるため「どこかにいそう」と感じさせるのが戦略のポイントです。

キャラクターの大衆性に多くの消費者がひきつけられて成功例といえるでしょう。

オリジナルグッズでファンを作る

企業のキャラクター戦略のなかで活発化しているのがキャラクタービジネスです。

例えばsuicaのペンギンなど人気が長じて多くのキャラクター商品が販売されています。

自社のキャラクター商品を身に着けてもらうことで、企業のイメージに親近感を感じるようになります。

例えばノベルティを配布する場合、企業名だけ入ったアイテムでは印象に残りません。

一方キャラクターが入っていることで、そのノベルティアイテムに興味をもってもらうこともあります。

これは営業や販促ツールとしても有効な手段です。

キャラクターのオリジナルグッズとして定番なのはボールペンやオリジナル腕時計。

どちらも日常的に使用するものです。

自社をイメージするキャラクターを日常的に目にするように仕向けることで、企業のイメージを浸透させる効果があります。

LINEスタンプも多くの企業が戦略的に使用しています。

使いやすい可愛いスタンプであれば、印象に残って自分も使いたくなるでしょう。

人づてにどんどん愛用者が増え、企業への認知度も高まるのです。

SNSを利用した広告や宣伝は、低コストでおこなうことができるので多くの企業が取り入れています。


会社の顔を作ることが大切

キャラクタービジネスの考え方の基本は企業の代名詞になる顔を作るということです。

キャラクターだけでなく、名物社長や名物コマーシャルなどすぐにその企業を思い浮かべるようなコンテンツが必要です。

会社の顔があることで知名度を高め、宣伝効果も期待できます。

例えば企業の社長が執筆する自伝本にも同じような効果があります。

会社の顔が活躍し続けることで長く消費者から愛される企業作りができるのです。

■オリジナルキャラクターでグッズグッズ製作を成功へ!


オリジナル腕時計で会社に親しみを持ってもらおう

キャラクター戦略のゴールは多くの人に企業を認知してもらって、利益につなげることです。

魅力的な自社キャラクターがいるということは、それだけで企業の営業上の強みになります。

将来的なグッズ展開も視野に入れましょう。

オリジナル腕時計などを使い続けてもらうことで、長く企業のファンになってもらうことができます。