Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

腕時計は日々のお手入れで寿命が変わります

腕時計は気づかないまま日々汚れています

私たちは日常生活で腕時計を直接肌に身に付けているので、汗や汚れが付着しやすくなります。

時間とともに汚れが広がり、気づかないまま錆びて衣類の袖口を汚し、肌のかぶれの原因になります。

汚れる前に、普段から腕時計ベルトを清潔にしておくことが必要です。

腕時計は大切に扱えば、長く愛用できる商品です。

ちょっとしたお手入れで寿命が変わります。

今回は、ベルト別のお手入れ方法をご紹介いたします。

 

ベルトごとのお手入れ方法

1.ラバーベルト


2use DSC_0225

ラバーベルトはつけ心地が軽く、価格もお手頃なので人気のある商品です。

革ベルトや金属ベルトと比較すると、汚れがつきにくいので特に日々のお手入れは必要ありませんが、汚れがひどくなりますと皮膚がかぶれてしまいます。

そうなる前に休みの日に石鹸水または水で洗うことをおすすめします。

ベルトを洗う時は、時計本体に水がかからないように本体部分をラップなどで包み、水が入るのを防ぎます。

またラバーベルトは長期間使用していると、光で色が変色し、空気中の湿気によって劣化する性質があります。

弾力性がなくなり、材質が硬くなりますと、折れたり、割れたりすることがありますので、その際は新しいベルトに交換して下さい。

2.革ベルト

use DSC_0226

クロコダイルやリザードなど革ベルトの腕時計は、高級記念品としてプレゼントされるお客様が多く、当社でも人気商品の一つです。

革ベルトは、水や汗、直射日光に対して耐性が弱く、色落ちや変色、早期劣化の原因になりやすいです。

雨や水に濡れた時、早く乾燥させようとしてドライヤーを使用すると革が固くなる原因になります。

ベルトが濡れてしまった場合は、吸湿性のよい布で拭いて風当りの良いところに置いて乾かして下さい。

気をつけてほしい点としては、ベルトを極力こすらないで、丁寧に拭くことです。

また革ベルトの腕時計は毎日使用せず、2、3日に1度使う程度が理想です。

使用したら直射日光の当たらない、風通しの良いところで保管すると長持ちしやすくなります。

3.金属ベルト

2use-dsc_0218

金属ベルトはフォーマルとカジュアル、両方のシーンで活躍できるので人気があります。

しかし革ベルトと違い、金属ベルトは汚れが表面に残りやすくなってしまいます。

汚れたままにしておくと、腐食や錆の原因になります。

洗浄する際は、ラバーベルト同様、時計本体部分をラップなどで包んで、石鹸水を付けた柔らかい歯ブラシで部分洗いをして下さい。

一見、乾いたように見えても、隙間などに水分が残っていると錆びる原因になりますので、洗ったあとはドライヤーで念入りに乾かしましょう。

汚れがひどく自分で手入れできないときは、時計屋さんで超音波洗浄をおすすめします。

モデル一覧を見る

 

腕時計のお手入れ後、保管のポイント

お手入れ後どのように保管をすれば腕時計にとって良いのでしょうか?

腕時計は磁気の影響を受けると、時計が遅れたり、早く進んだり、止まることがあります。

そのため、磁気の影響を受けやすいテレビやスピーカー付近に放置、またパソコンや携帯電話と一緒にかばんに入れるのはおすすめしません。

日頃からベルトの手入れと保管方法を気にしておくと、腕時計の寿命が変わります。

ちょっとした工夫で腕時計の印象が良くなり、また愛着も湧きますのでぜひトライしてみて下さい。