Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

魔法の言葉

魔法の言葉

例えば絵がめちゃめちゃ下手な人に、ストレートに下手とは言えない関係の人から意見を求められた時。

オシャレじゃないけどチャレンジャーな服装をしている人を見た時。

そんな時は「いい意味で」です。

「この絵いい意味で色使い悪いですよ いや・すばらしい」
「いい意味でアンバランスだね、そのシミみたいな模様いいね・」

言われた側は悪い気はしません(多分)
でもちゃんと自分の意見を伝えられると思います(多分)

うっかり悪口を本人に聞かれても
「あっ いい意味でですよ」って付けとけばなんとかなるような気がします。
そっか・俺っていい意味でウザいのか・(照)となります。

何年か前に倖田来未がエロかっこいい、アンガールズがキモカワイイ等と表現されていた時に、一回りも年の離れた若い子に「きもカッコ悪い」と言われました。
もちろんその後に「いい意味でね」と付けてくれました。
いい意味で気持ち悪くてカッコも悪い・・・

とりあえずポジティブに考えときました、涙がこぼれないように・・・

いい意味で見づらい時計をデザインしてみました。
時印(時計の中の数字の部分)を左に15°ずらしました。
12時がぴったり真上に来ないのでなんか気持ち悪です(いい意味で)
この時計を本当に作ったら正確な時間わかりません(いい意味で)

カスタマイズは文字盤エッジングです。
ベースの時計はこれ 1462・XSR
http://www.europawatch.jp/lineup/classic.php
記念品にぴったりの時計です。